お知らせ2018年02月07日(水)

保育園落ちたあなたの不承諾通知1万円分で買い取ります!

プレスリリース

報道関係者各位

Detail d2f31956 fcd4 4edd 833e 4876a266016c

各自治体から保育所への入所が認められないことを告げる「不承諾通知」が手元に届く時期となり、「#保育園落ちた」というハッシュタグと共にSNSでは落胆の声が続々とあがっています。保活ママにとっては、保育園に入れなければ、退職・育休延長・内定辞退など、キャリアの中断をよぎなくされる状況に追い込まれている一方で、保育園に入園できた人でさえ「落ちた人のことを考えると素直に喜べない」とつぶやき、今年も小さい子を持つ働くママたちの前に暗雲が立ち込めています。

そこで、株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長: 経沢香保子)は、そんな状況を乗り越えて、前向きに子供と一緒に人生を再スタートしてもらいたい!そんな思いであなたが受け取った"不承諾通知"とその"絶望感"をまるごと買い取る「不承諾通知買取りキャンペーン」を、昨年に続き今年も実施することにいたしました。

image
2017年の不承諾通知キャンペーンの模様 Instagramより

先日、東京都が待機児童対策としてベビーシッター利用補助に月額最大28万円、予算50億円を計上するニュースを発表した背景もあり、今後ますます注目が集まるベビーシッター保育の素晴らしさを体験してほしいという願いもあります。

"不承諾通知"買い取りキャンペーン概要

◼︎ プレゼント内容
1時間1,000円~入会金年会費無料で、即日も予約可能で安全安心のベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」の初回利用限定ポイント1万円分(1回2〜3時間、3回分のベビーシッターが利用できます)をご応募いただいた方全員にプレゼントいたします。

◼︎ 応募対象者
2018年に認可保育園選考結果にて保育園利用「不承諾(利用不可・保留など)」と通知を受けた方。

キャンペーン詳細・応募はこちら↓

image

■報道関係者の皆様へ、取材のお願い

また、先日東京都が待機児童対策としてベビーシッター利用補助に月額最大28万円で予算50億計上のニュースを受けて、ワーキングマザー550名に調査したところ「保育園落ちたらシッターで復職したい91.5%」と、ベビーシッターは新し育児として日本にも受け入れつつあるという結果となりました。このように注目が高まるベビーシッターを、今回は、保育園に落ちた当事者であるママたちに体感してもらい、彼女たちに一歩前へ踏み出すためのエールとして「不承諾通知買い取りキャンペーン」を実施いたします。報道関係者の皆様、がんばるママたちを一緒に応援しませんか?ぜひ取材にご協力いただければ幸いです。

【参考調査結果】
「保育園落ちたらベビーシッターで復帰したい91.5%」
東京ワーママ550名の意識調査はこちら

<キッズライン概要>

image

​「キッズライン」は1時間1,000 円~スマホからも即日手配可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOS版Android版アプリも利用可能)で、全国33都道府県で展開、現在1400名以上の保育士や幼稚園教諭、子育て経験のあるママや東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加。IVS2015のビジネスコンテストで優勝、2017年にはグッドデザイン賞も受賞し、数多くのマスコミなどにも取り上げられています。最近では5つの自治体(千代田区・渋谷区・品川区・調布市・福岡市)や法人にも導入されたり、お料理も手伝ってもらえたり、育児相談に乗ってもらえると母親の力強いサポーターとして利用の裾野を広げています。

当記事に関するお問い合わせ先

メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

会社概要

株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/