• TOP
  • 新着情報
  • 【女子大生にベビーシッター資格取得が大人気】 就職前に仕事と育児のリアルが学べると資格取得講座に100名が殺到 大好評につき第2期緊急開講決定
【女子大生にベビーシッター資格取得が大人気】 就職前に仕事と育児のリアルが学べると資格取得講座に100名が殺到 大好評につき第2期緊急開講決定

株式会社カラーズ(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)が、夏休みの女子大生を対象に「ベビーシッター資格認定講座」を開講告知したところ、東京6大学を中心に100名の優秀な女子大生から応募が殺到した。実際に講座が開講されると「ワーキングマザーの自宅でのサポートを通じて、仕事と育児の両立イメージができた」「講座で学んで育児スキルが身に付いたので、将来の自分の育児に活かしたい」「子供を育てる大切さ、楽しさを実感し、目からウロコの連続だった」など参加者の感想や口コミがSNSで広まったことで、さらに受講希望者が殺到、キャンセル待ちが相次いだため、今回はさらに第2期ベビーシッター資格認定講座を開講し、追加で100名の募集をすることになった。

■第1期生100名の様子
press用_01

【参加者プロフィール】
東京大学 教養学部 4年生「帰国子女で英語対応もお勉強も。東大生ベビーシッター。」
上智大学 フランス文学科 3年生「日・英・仏 トリリンガルベビーシッター」
中央大学 総合政策学部 4年生「世界1位チアダンサー兼首席の女子大生ベビーシッター」 など有名大学に所属する女子大生を中心に、家政科や保育科のある女子大生もあつまった。

【講座参加者からの声】
・講座の中で実際に働くワーキングマザーの声が聞けて、遠くない将来、自分が子育てしながら仕事をするイメージがつきました。
・実際に活躍するカリスマ女子大生ベビーシッターから生の話が聞けて、知らないことだらけで目からウロコでした。
・ベビーシッターとしてアルバイトをしてたくさんのご家庭に出会い、学生のうちから日常的に自分のキャリアについて考えておきたいと思いました。
・育児がとっても楽しいものだとわかった。いざという時の対処法など、何も知らなかったのでとても参考になったし、子供を産む不安がなくなった。

【育児スキル研修概要】
(1)育児ノウハウ:月齢別の育児ポイントや、いざという時の対応方法、成長過程ごとの遊びなど
(2)ベビーシッターノウハウ:接遇・身だしなみ・情報共有方法・応急処置・アレルギー対応・病児対応・送迎時注意事項など
(3)講座受講後は数回の実地研修を行い、希望者はアルバイト登録可能
※修了者はベビーシッター認定資格(民間)が授与される

◯第2期募集内容詳細はこちら
https://kidsline.me/sitters/welcome_college

college-release

■なぜ女子大生ベビーシッターなのか
私たち株式会社カラーズは、日本の女性の社会進出を阻む要因として、慢性的に不足する育児支援システムと、仕事と育児を両立するロールモデルの不在があると考えています。これらの課題を同時に解決できる方法として、日本もアメリカのように女子大生がベビーシッターのアルバイトに取り組みやすい仕組み(ベビーシッター資格認定講座の開催と、ワーキングマザー宅での実地経験ののち、希望者にはベビーシッターのアルバイトができるという流れ)を構築しました。女子大生が在学中に育児スキルを身につけ、ワーキングマザーの活動をサポートする事で、ワークライフバランスのイメージを持てるだけでなく、将来の自身の出産、育児に対する不安を払拭する事が出来、少子化対策ばかりでなく、女性同志が互いのライフサイクルを支援し合う事で、新しく循環する生態系ができると確信しています。
 
■アメリカの育児支援の主役はベビーシッター
ベビーシッターが既に文化として広まっているアメリカでは、特に女子大生シッターは人気の存在です。体力もあり、比較的時間の自由がきき、時給も安いこと。また、子供にとっても学業や学校生活のよい見本となったり、共通の趣味を持つ事が出来、一緒に過ごしやすい存在であるのがその理由です。アメリカの育児支援を支えてきたのが女子大生シッターネットワークでした。

■日本でも女子大生ベビーシッター人気が上昇中
近年日本でも、フルタイム・共働き世帯の増加に伴い、シッターニーズが急増。そんな中、依頼する親は、安心・安全な保育のみならず、知育や家庭教師的な存在や、子供への「楽しい時間の提供・特別な体験」を求めています。また、子育て世帯の98%が子供におけいこを習わせたいと思っていながら、送迎時間の捻出に頭を悩ます人が多いのも事実。そこで、帰国子女や英語・音楽・勉強など、大学の専攻や得意分野を活かした“おけいこのような遊び”ができるシッターや、若さを活かして、子供と思いっきり運動をすることができるシッター、子供との年齢が近く、お姉さん的な存在で、同じ目線で楽しい経験ができるシッターとして女子大生シッターが引っ張りだことなっています。実際にベビーシッターサービス【キッズライン】にも多くの女子大生シッターが登録しており、中には月15万円以上稼ぐほどの人気シッターも存在。ワーキングマザーから高い評価を得ています。

■シッターとして働く女子大生側のメリット
大学の授業が午前中や夕方まで終わるので、シッターニーズの高い夕方に、自らスケジュールを決定し、好きな時給で働けるフレキシブルさなどの条件面ばかりではなく、ワーキングマザーのライフスタイルを間近で見られるので就職活動や将来設計に役立つこと、そして、育児スキルが身につくので未来の子育てに役立つなど、女性の人生経験としてプラスになると注目のアルバイトとなってきています。

【取材のお願い】
私たちカラーズは、将来や就職を考える女子大生が、育児ノウハウを身につけながら、仕事と育児の両立に挑戦するワーキングマザーを支える事で、理想とするワークライフビジョンを描けることが、日本の女性の社会進出や少子化問題の解決の一助となると考え、女性同士が支え合い循環するプラットフォーム構築を目指し、このような無料講座を開講しました。育児支援やベビーシッターなどの現状データなどもございます。ぜひこの活動を広めるために、取材等ご協力いただけますようお願い申し上げます。

■シッターサービス“KIDSLINE(キッズライン)”とは https://kidsline.me/
「キッズライン」は通常のベビーシッターサービスの3分の1の値段で1時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスです。従来のベビーシッターサービスをシェアリングエコノミー化する事で価格の安さと安全性を両立しました。また、オンラインのメリットを活かし、事前に全シッターの詳細プロフィールが見られるばかりではなく、利用者全員の口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用シッターがわかる等、安心して手配出来ます。日本最大級のビジネスプランコンテストIVS LaunchPad2015の優勝でますます注目が集まり、個人のみならず法人導入も盛んで利用の裾野を広げています。
<会社概要>
株式会社カラーズ(Colors inc.)
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:http://colorsinc.me/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社カラーズ
TEL:03-5770-8610 FAX:03-5770-8611
広報担当 contact@colorsinc.me