新年度からベビーシッター補助制度
始めてみませんか?

「結婚・出産しても働いてほしい」
「パパママ社員を応援したい」
「女性社員を増やしたい」

そんなお悩みを持つ人事担当の方も多いのではないでしょうか?

このたび、そんな人事の方々のお悩みを解決できるヒントや、同じ課題を持つ人事担当者の交流の場を作るべく、ベビーシッターサービス「キッズライン」で初の人事担当者向けイベントを開催いたします!

image

今の子育て世代にとって、24時間スマホで依頼ができ、病児も預けられるベビーシッターは強い味方です。
2019年10月からの幼保無償化の対象としても認められていることに加え、各自治体でも助成制度があるなど、ベビーシッターは国から認められた保育手段の一つとなっています。

こうした、ベビーシッターサービスを福利厚生としてうまく活用し、育児と仕事の両立をする社員を応援したいという企業を、キッズラインはサポートします!

ベビーシッター補助が
会社負担70円で導入できる!?

「ベビーシッターを福利厚生で導入って、内容は魅力的だけど費用がかかりそう...。」

ご安心ください!実は、会社負担70円でベビーシッター利用料補助を導入できる方法があるんです!
それが、10月からキッズラインも対象となった「内閣府ベビーシッター割引券制度」です。

image

本制度は、企業がベビーシッター割引券を1枚あたり70円(従業員1,000人以上の企業は180円)で購入することで、従業員の方がベビーシッターを利用した際に1回2,200円(月52,800円まで)の割引を受けられる大変お得な制度です。

続々とお問い合わせも増えている本制度について、イベント当日はわかりやすく解説いたします。
過去4回の開催では、合計約100社にご来場頂いた人気企画です!
その場で購入を決定され、イベント中にお申込書を記入される方もいらっしゃいます。

2020年度から導入の新制度として、ぜひ一度ご参加ください!

<割引券を利用した場合の所得税の取扱について>
対象者が割引券を使用した場合、その割引料は税務上その対象者の所得となり、所得税法上「雑所得」に区分されます。承認事業主は、所得税の取扱いについて対象者に対し周知して利用するようにお願いいたします。なお、企業勤めの方(給与所得者)は年間合わせて20万円までの雑所得は、確定申告は不要です。詳しくは、イベントでも解説いたします。

イベント詳細

■対象企業

内閣府ベビーシッター割引券を未購入の企業

■内容

①定着率UPの福利厚生って?
今まで企業から多くご質問を頂いた点を中心にご説明します


  • ・内閣府ベビーシッター割引券制度について
  • ・割引券の申込方法 
  • ・従業員の方への告知
  • ・運営上の注意事項など

②人事交流会
他の企業の人事ご担当者との情報交換の場としてご利用ください

■開催日時
2020年3月3日(火)10:00~11:30 開催中止
2020年3月17日(火)10:00~11:30 開催中止

本イベントは新型コロナウイルスの拡大防止の為、開催を中止させて頂くことになりました。
※内閣府のベビーシッター割引券にご興味をお持ち頂いた企業様には、個別にご案内させて頂きます。
 ご興味のある方は、ページ下部の参加申込みフォームの「ご参加日程」欄で「上記日程は都合がつかない」をお選びください

■場所
キッズライン本社(東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7階)

内閣府割引券説明会&人事交流会申込みフォーム

お申し込みにあたり、下記「個人情報の取り扱いについて」の内容につきまして、必ずご確認いただけますようお願いいたします。
個人情報の取り扱いについて

会社名
部署名・役職名
ご担当者名
メールアドレス
お電話番号
ご参加日程
ご参加人数
会社URL
個人情報の取り扱いについての同意
上記「個人情報の取り扱いについて」をご確認いただき、同意の上、ご応募をお願いいたします。
お申込み経緯

内閣府のベビーシッター割引券説明会&人事交流会を開催しますをシェアしよう