全国臨時休校をうけ
内閣府が3月限定
1人あたり26万4000円の
緊急ベビーシッター補助を決定

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校措置で、お困りの親御様も多いのではないでしょうか。


「子どもは休校になったが、職種柄どうしても出社しなければならない」
「子どもが家にいるが集中してリモートワークをしたい」
「近所に子どもを預けられる親戚や知人がいない」

そんな中、子どもの預け先として、”シッター利用"が増加しています。

この流れを受け、内閣府からも既存の企業主導型ベビーシッター利用支援事業の特例措置が発表されました。

image

お仕事中のお子様の預け先として長時間のベビーシッター利用の大きな助けとなり、実質負担が軽減される制度で、多くの方にご利用いただける補助となります。

この記事では「内閣府ベビーシッター割引券」の具体的な活用方法について解説いたします。

内閣府ベビーシッター割引券とは?

通常はベビーシッター利用1回につき、対象児童×2,200円の割引で、1日あたり1枚まで(月最大24枚まで)の補助を受けられる制度です。

しかし、このたび内閣府が3月限定で1日あたりの割引券の利用枚数の上限を設けず、月最大120枚まで利用できる方針を緊急決定しました。

この措置により、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休園・休校でお子様の預け先にお困りの親御様は、ベビーシッターを利用した場合、3月に最大26万4000円の補助を受けることができます。

<ご利用条件>
image
・仕事などを理由とするベビーシッター利用(在宅勤務でも利用可能)
小学校3年生までのお子さま(障がいなどによりお世話や介護が必要な場合は小学校6年生まで※ア〜ウ)
・120枚の特例措置は、2020年3月1日から3月31日までの間のサポート分まで
※2月28日-29日は通常通り1ヶ月の上限24枚の規定が適用されますので、ご注意ください

※所得税の取扱いについてご注意ください
対象者が割引券を使用した場合、その割引料は所得税法上、その対象者の「雑所得」として確定申告が必要となる場合があります。詳しくはお勤めの企業またはお住まいの地域の税務署等にご確認ください。
(2020年3月5日追記)
新型コロナウイルス感染症対策のため、本特例措置の趣旨(令和2年3月の臨時休園・休校によりベビーシッターを利用することが必要となり、新たな支出を余儀なくされた場合にその支出を補うこと)に沿った割引券利用による割引料については、所得税法上、非課税所得となることが内閣府より発表されました。

【休校でお困りの方へ】仕事に集中したい時に。「在宅ワーク」のシッター活用方法

image

image

image

キッズラインでの
内閣府ベビーシッター割引券の使い方

■STEP1:まずはお勤め先の企業が本制度を導入しているか確認!
導入している場合は、人事部や福利厚生担当者から割引券を取得しましょう。


image

導入企業一覧はこちら

※導入がされていない場合、こちらよりお問い合わせください。企業導入のお手伝いを全面的に実施します!

■STEP2:割引券を取得したら、キッズラインの会員情報に登録

プロフィール編集>福利厚生>内閣府補助券から”変更する”をクリック

image

「使用する」に変更し、「Aで始まり6ケタの数字で構成される承認番号」と「承認事業者名」を正確に入力してください。
※承認番号は、お手元のベビーシッター割引券上の記載内容をご確認いただくか、ご勤務先ご担当者様にご確認ください。

■STEP3:内閣府補助対象シッターを検索し、ご都合に合うシッターに予約リクエストを送る

“内閣府対象シッター”でないシッターによるサポートには、割引券がお使いになれませんのでご注意ください。
※キッズラインでは、内閣府補助対象シッターが1460名登録しています(2020.03.03現在)

■STEP4:サポート実施し、下記に沿って補助券を記入

image

上記赤枠で囲われた①、②を親御様の方でご記入ください。
緑字のサポーター記入項目は、サポーターに原本に記入をしてもらってください。(PDFデータや印刷したものは無効となります。)また、割引券はサポーターには渡さず、必ずご自身で保管してください。

※「利用日(予約日)」は「サポート実施日」です。予約作成日・支払日ではありません。
※ 本券右下の受領印はキッズラインにて捺印します。

■STEP5:サポート実施後、決済時に福利厚生利用の有無を選択

サポート完了後、サポーターから完了報告が届きます。承認決済画面にて、内閣府ベビーシッター割引券について「このサポートで利用する」もしくは「このサポートでは利用しない」のどちらかを選択の上決済にお進みください。(決済時には割引は適用されません)

■STEP6:「割引券の半券(使用報告半券)」を切り取り、ご勤務先へ提出

image

ご提出方法につきましては、ご勤務先のご担当者様にお問い合わせください。

■STEP7:「ベビーシッター割引本券(2200円)」をキッズラインへ郵送する。

image

1ヶ月分の割引券(本券のみ)をまとめて、ご利用月の翌月5日必着(5日が土日祝日の場合はその前の営業日必着)でキッズラインサポートデスクまでご郵送ください。翌月6日以降に到着した場合は、全国保育サービス協会の判断で「申請対象外」となりますので予めご了承ください。

左側の半券はお勤めの企業に提出。キッズラインに誤って送られてきた場合は返却の郵送代が別途かかりますのでご注意ください。

ご利用後の詳細については、ヘルプも合わせてご確認ください。

■STEP8:キャッシュバック金額を受け取る口座を設定する(アプリ非対応)

Web版のメニュー「設定」→「受取設定」よりご利用月の末日までに設定をお願いします。

※ キッズラインの登録名」(ペアレント名)と、受取口座の名義人が異なる場合でも登録可能です。
※ 設定がない場合は、キャッシュバックをお振込することができません。

■STEP9:割引の適用

ご利用月の翌月5日必着までに送っていただいた補助券をキッズラインにて確認し、割引料の総額をご利用月の翌月末日にお振込させていただきます。
※振込手数料はペアレント負担となります。

<本券の送付先>
〒106-0032
東京都港区六本木5-2-3マガジンハウス六本木ビル7F
キッズライン 内閣府ベビーシッター割引券担当宛

※半券部分は切り離してご勤務先に提出してください。割引券本券はキッズライン本社までお送りください。

その他、内閣府ベビーシッター割引券のキッズラインでのご利用に関する詳細はこちら

よくある質問

Q.補助はどのように受けられますか?
A.キャッシュバック形式となります。ご利用の翌月末日に割引料の総額を登録口座にお振込させていただきます。
(ベビーシッター事業者によって異なります)

Q.通常のベビーシッター利用との違いはありますか?
A.キッズラインでは必ず”内閣府補助対象シッター”に予約してください。そのほかプロフィール上の利用設定(「内閣府補助券」を「使用する」に変更し、「Aで始まり6ケタの数字で構成される承認番号」と「承認事業者名」を入力)やキャッシュバック口座の設定が必要です。

シッティング内容について、通常のシッター利用と違いはございません。

Q.確定申告は必要ですか?
A.割引料はモデルケースとして20万円以上利用された場合に、所得税法上、その対象者の「雑所得」として所得税率に応じて確定申告が必要となる場合があります。詳しくはお勤めの企業またはお住まいの地域の税務署等にご確認ください。
(2020年3月5日追記)
新型コロナウイルス感染症対策のため、本特例措置の趣旨(令和2年3月の臨時休園・休校によりベビーシッターを利用することが必要となり、新たな支出を余儀なくされた場合にその支出を補うこと)に沿った割引券利用による割引料については、所得税法上、非課税所得となることが内閣府より発表されました。


Q.自分の会社は内閣府ベビーシッター割引券を導入していませんが、パートナーの会社で導入しています。そういった場合でも、割引券の利用は可能ですか?
A.保育の対象となるお子様のご家族(お父様、お母様)どちらの割引券であってもご利用いただけます。

Q.割引券が手元になくても予約をしても大丈夫ですか?
A.割引券が手元になくてもご予約をいただけますが、今回初めてお勤めの企業が割引券を購入する場合、購入企業の要件(社会保険料の納付をしていることや期日までに割引券の企業負担分の振り込みが完了するか)などを満たしているかのご確認をいただいた上で、企業に割り当てられた承認番号を企業のご担当者様にご確認いただき、キッズラインの福利厚生設定及びご予約をお願いいたします。全国保育サービス協会から承認事業主と認められれば割引券が予約日の後に届いても2/28から3/31までの予約に遡って適用できます。

Q.従業員は、いつの利用から補助が使えますか?
企業の承認が下りれば割引券が手元にない場合でも、有効期限の範囲内(2020年2月28日~3月31日)のサポートに関しては遡って請求頂くことで補助を受けることができます
まずはお勤めの企業で承認が下りること及び承認番号を確認しましょう。またお手元に割引券が届きましたら、割引券にはベビーシッター名の記入欄がございます。遡っての適用分については、従業員の方各自でサポーター名の記載についてご協力いただきますようお願い申し上げます。

Q.2月28日から複数枚利用できるのですか?
A.今回の特例措置は3月限定となるため、2月28日-29日は通常通り、1日(回)対象児童1人につき1枚、1家庭につき1か月当たり24 枚まで使用できる規定が適用されますので、ご注意ください。

Q.1日2回サポーターさんに依頼していますが、どちらの予約にも割引券は適用されますか?
A.対象児童につき1日「1回」まで割引券の利用が可能のため、2回目の予約には割引券が適用できません。子供2人で予約2回を行っている場合、
・1回目:1名分、2回目:1名分(1回目とは別のお子様)で割引を適用させる
形で割引券を利用するようにお願いします。

Q.内閣府補助対象でないサポーターに依頼した場合はどうなりますか?
A.割引券が利用できません。内閣府補助対象(プロフィールに内閣府補助対象のマークがある)サポーター以外の場合は、補助対象とはならず、また割引券が返却(有料)の対象となりますので、割引券を利用する場合は必ず「内閣府補助対象サポーター」にのみご依頼ください。

Q.休校に関係なく利用した場合も3月は割引券を複数枚利用できますか?
A.3月複数枚が利用できる特例措置は「休園・休校に伴う止むを得ない事情でベビーシッターに依頼した場合」に限定されるため、上記趣旨に添わない利用の場合は、従来通り、1日(回)対象児童1人につき1枚の割引券の利用となります。趣旨に沿わない利用と認められた場合は、複数枚お送りいただいても対象外となることがありますので、ご注意ください。

Q.本券の送付は郵送でないと受け付けてもらえませんか?
A.割引券は原本のみ受付を行なっております。お手数ですが、必ず郵送でご提出ください(メールやFAXでは受付ができません)。

Q.他の福利厚生との併用は可能ですか?
A.可能です。キッズラインが取り扱う民間の福利厚生サービス(すくすくえいど、リロクラブ、えらべる倶楽部、WELBOXベビーシッタークーポン、リソルライフサポート)は、全て内閣府補助券との併用が可能です。なお併用の場合、保育料を上回る補助券の申請は、受け付けておりませんのでご注意ください。

Q.キッズラインのポイントと併用できますか?
A. キッズラインポイントとの併用は可能ですが、ポイント利用分及び交通費を除いて2200円以上のクレジット決済(実費のご精算)があることが割引券ご利用の条件となります。
ポイントをご利用する場合は利用額にご注意ください。特に友達紹介のポイントやキャンペーンポイントなど、キッズラインから提供した「無償ポイント」でのご決済分については割引券対象外となりますので、ご注意ください。

Q.勤務先でまだ割引券が導入されていのですが、どうしたらいいですか?
A.キッズラインでは、企業導入のお手伝いもさせて頂いております。ぜひこちらからお問い合わせください。

image

注意事項

※ア〜ウ:
ア「身体障害者福祉法」(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定に基づき身体障害者手帳の交付を受けている場合
イ「療育手帳制度について」(昭和48年9月27日厚生省発児第156号通知)に基づき療育手帳の交付を受けている場合
ウ その他、地方公共団体が実施する障害児施策の対象となるなど、ア、イのいずれかと同等程度の障害を有すると認められた場合
ただし、「職場への復帰」のためにサービスを利用する場合、義務教育就学前の児童の育児のための利用を対象とする。

※内閣府ベビーシッター利用支援事業の取り扱い事業者一覧はこちら

※割引対象となるオプション料金は、対象のお子様の保育に関連するオプションに限られます。それ以外のオプション(家族分のお料理作りや自宅の掃除など保育に関連しないオプション)は割引対象外となりますのでご了承ください。

私たちはお困りのご家庭を支援させていただくのと同時に、サポーター及びご利用者の皆さまに対する新型コロナウイルスの感染拡大防止策の強化について引き続き周知徹底し、安心安全なサポートを行えるよう努力して参ります。

image

image

【休校でお困りのみなさまへ】最大26万4000円のベビーシッター補助金、丸わかり利用ガイドをシェアしよう