保育士もシッターも「女性の仕事」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?!

親御さまから、「ずっと男性のシッターさんを探していました」というお声を頂き、とても嬉しかったです!

保育士として7年の経験があり、0歳児クラスの担任もご経験された逢坂先生。今はキッズラインの大人気シッターとして活躍されていらっしゃいます。保育士のご経験、そして新たな働き方として選んだシッターのお仕事の魅力について、お話を伺いました。

画像

ーなぜ、保育士という職業を選ばれたのでしょうか?

もともと子どもが大好きで、子どもに関わる仕事をしたいと考えていました。
進路の1つとして「教師」という選択肢も考えていましたが、縁あって保育士の道を選びました。専門学校時代のアルバイトで保育補助を経験したことで、より「保育士」という仕事への想いが強くなったように思います。

ー保育士のお仕事はいかがでしたか?

大変なことも、もちろんありました。保育士の先輩から「男性というだけで、マイナススタートだよ」と言われたこともありましたし、お給料の面でも7年続けて1万円アップするかどうかという待遇でした。でも、0歳児クラスの担任をやらせて頂いた時に、自分にすごく懐いてくれ、なかなか自分から離れられないお子様がいて、「こんなに懐いてくれるなんて!」とすごく嬉しかったのを覚えています。0歳児だったそのクラスの子達も皆大きくなり、去年卒園ました。卒園式を見に行かせて頂いた時は、赤ちゃんだった皆の成長を感じて感無量でしたね。

画像

ーその後、キッズラインのベビーシッターのお仕事を始められたきっかけはありますか?

7年間保育士を一生懸命やって、お給料の面でも「そろそろ転職をしようか」と思い始めました。全く別の業界も視野に入れて悩んでいたところ、インターネットでキッズラインのシッターの存在を知りました。初めは軽い気持ちで「シッターはどういう感じなのかな?」という興味で応募しました。

ーキッズラインのシッターのお仕事はいかがでしょうか?

やはり、1対1で子どもとじっくり関われる事はシッターの仕事の魅力ですよね。保育士だと、保育園を出た後のことは見えないし分からないですよね。でも、シッターの仕事は親御様の大変な部分を身近で感じることができて、そこをピンポイントでサポートが出来る、親御様のニーズに寄り添えることが良い部分だと思います。

ーキッズラインのシッターの仕事で印象に残ったことはありますか?

保育士の仕事をしていた時ももちろんですが、より家庭と密接したシッターの仕事をしていると「毎日こういう状況で子育てをされていらっしゃるんだな」と、親御様の日頃のご苦労が身にしみることも多いですね。親御様は、自分の食事をする時間が十分取れなかったり、体調が優れない時でも子育ては24時間ありますよね。
中には、急に人手が必要になり「色んな方に頼んだけれど、どなたも都合が合わなくて・・お願いできませんか?」とメッセージを下さる方もいて、やはり自分が必要とされているこの仕事で「力になりたい」と奮起してしまいますね。

画像

ー男性シッターの強みは何でしょうか?

やはり体力的には、男性だからこそ出来る「肩車」などのダイナミックな遊びはありますよね。わざわざ外に行かなくても、室内でも階段などを使ってちょっとした遊びが思いつくのは、男性ならではの発想であると思います。ただ保育に関しては「中性的であるべき」と思っています。男性の強みを出すというよりは、「男性だから」という意識をあまり持たずに、積極的に子どもとの距離を近づけていくようにしています。こちらが人見知りしたり動揺していると、子どもにも伝わってしまいますから。子どもが相手なので「たくさんスキンシップを取る」こともとても大事です。子どもとの信頼関係を作ることで、親御様との信頼関係もできていくと思います。

ー男性で、シッターの仕事をしようか迷われている方に、メッセージをお願いします。

まず、男性が子どもと一生懸命遊んだり、子ども目線になって優しい言葉を使って声がえをする事は、決して恥ずかしいことではないです!
性別関係なく「自分だからこそ」懐いてくれるお子様との出会いや、最初はなかなか慣れてくれなかったお子様が心を開いてくれる瞬間は、保育の仕事の楽しさだと思います。
また、先日シッティングさせていただいた親御様から「男性のシッターにお願いしたくて、ずっと探していたんです!」というお声や、「力仕事を少し手伝ってもらえますか?」という相談を頂きました。女性の仕事というイメージの強いシッターのお仕事ですが、男性シッターを待っている親御様は沢山いらっしゃいますので、是非一歩踏み出して欲しいと思います。

ーいかがでしたでしょうか。

男の子は、身近に良き相談相手にもなる「憧れのお兄さん」の存在があると、グーンと成長の機会につながることもあるそうですね。もちろん女の子でも、ママとは違う遊び方で、新たな発見に繋がるかもしれません。是非お気軽に相談してみましょう。
今回お話を伺った逢坂先生のプロフィールはこちら。
https://kidsline.me/sitters/show/u5686542050

画像

ーキッズサポーター募集中!

画像