キッズラインにはママトレーナーという職種があるのをご存知ですか?新しくキッズラインのベビーシッターとして活動開始するまでには欠かせない存在なんです。ママトレーナーとは?一体どんな仕事をするの?その魅力に迫ります!

ーママトレーナーって一体どんな仕事をするの?

まず、キッズラインのサポーターが活動するには【面談】と【実地研修】をクリアする必要があります。

画像

このSTEP3の実地研修を担っているのがママトレーナーです。

実地トレーニングとは?
キッズラインのサポーター登録を希望されている方が、選考過程の一環で2時間実際にお子様を保育を実施するもの。
ママトレーナーが自宅にシッターを受け入れ保育のスキル・人柄・キッズラインのルールの理解度等をチェックします。

ママトレーナーはサポーターがデビューする過程でとても重要な役割を担っています。

今回は、実際にママトレーナーとして活躍してくださっている甲斐さんにインタビューをさせて頂きました!

画像

ーママトレーナーを始めたきっかけはありましたか?

ママトレーナーをしている友達の紹介でした。まだ子どもが小さく下の子も生まれたばかりだったので、お仕事をするのは難しいと思っていたのですが、ママトレーナーは在宅で出来る仕事と聞き、育児優先の私でも社会貢献できる良い機会だと思いました。また、スケジュールの空いている時にママトレーナーとしての仕事を入れることが出来るので、今の生活リズムを崩さずに始めることができました。

専業ママの声

「育児優先の生活の中で、少しでも社会に関わりたいと思うことがある」

「家事と育児の合間にできるお仕事があれば、始めてみたい」

「在宅で、今の生活リズムを崩さずに仕事をしたい」

ママトレーナーは、週2回程度(月8回)を目安に、空いているスケジュールで無理なく、在宅でお仕事をして頂けます。

画像

ーママトレーナー のお仕事の良い点はどんなところでしょうか?

トレーニングは選考の場ではあるのですが、色々なサポーターさんに、実際に子どもをみて頂けて沢山遊んでもらえるので助かっています!親と子どもだけだと、どうしても遊びがマンネリ化してしまうので、子どもの遊びの幅が広がりトレーニングが子どもにとっても良い刺激になっているようです。また、保育のプロであるサポーターさんと触れる機会があることで、私自身の子育てのちょっとした悩みなどを話せる機会があることも嬉しいですね。
画像

ートレーニングの中で、サポーターさんにどんなアドバイスをするのでしょうか?

保育に関するアドバイスキッズラインのルールについてのアドバイスをしています。サポーターさんは、トレーニング当日皆さん緊張しているので、その気持ちに寄り添いながら、お仕事のモチベーションをあげられるようにしています。
プラスアルファで、男の子と女の子で遊び方のコツの違いなども伝えることがあります。私自身が子育てしている中での気づきを、アドバイスに繋げられることが出来て嬉しいです。

ーママトレーナー について、甲斐さんに一言Q&A

1)月に何回程度、ママトレーナーとしてのお仕事をしていますか?
週2回程度(月8回)を目安に、空いているスケジュールで無理なく在宅でお仕事をして頂けます。

2)ママトレーナー初心者でも出来ますか?
はい。ママトレーナー専用のマニュアルがあり、トレーニング当日も専用のチェックシートがありますので、私も全くの初めての状態でしたが楽しんでお仕事しております。

3)子供の年齢制限はありますか?
0歳から5歳のお子様が目安です。

ーママトレーナーをやろうか迷っている人にメッセージをお願いします。

ママトレーナーとして子どもが沢山のサポーターさんに遊んでもらっているのを側で見ていて、子どもとの触れ合うサポーターさんの姿から勉強になることも沢山あり、子どもの新たな一面を発見出来ることもあります。そして、トレーニングの時間は自分が利用したくなるシッターさんを育てるチャンスでもあるので、毎回楽しくお仕事させて頂いています!

ーママトレーナーは全国で随時募集しています!

■急募エリア:宮城、青森、大分
画像
キッズラインの新しいサポーターがデビューする為に、大事な役割を担うママトレーナー。東京はもちろん、全国で募集しています!ご応募はこちらから。皆様からのご応募お待ちしております!