年末の大掃除をやろうと思っていても、やる気が起きないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、年末の大掃除でやる気がでないのは何故なのか、どうしたらやる気が出せるのか、その方法をご紹介します!

年末の大掃除、やる気が起きない主な理由



年末の大掃除をやらなければと思っても、やる気が起きないのには理由があるかもしれません。ここでは、やる気が出せない4つの理由をご紹介します。


年末のスケジュールが忙しい
12月は仕事やプライベートでなにかと忙しいという方もいらっしゃることと思います。。平日だけでなく休日もスケジュールを入れてしまうと、大掃除の時間を取りづらくなってしまうものです。また、小学生以下の子どもがいる子育て世帯であれば、冬休みなどで幼稚園や小学校が早く終わってしまうと、子どもの予定から大掃除に時間を割くことが難しい場合もありますよね。


身体が疲れている
冬は、室内外の寒暖差が激しいため、身体が疲れやすい時期といわれています。そのため、起床してもやる気が起きないといった症状がみられることも。そういった寒暖差による体の疲れからやる気スイッチが入らないこともあるでしょう。


マルチタスクを一人で抱え込んでしまっている
仕事や育児など、マルチタスクを抱えて生活しているという方も少なくありません。人によって、周囲に助けを求められるタイプの方もいれば、一人で最後までこなそうとするタイプの方もいます。後者のタイプは、日々のやることが多過ぎて、大掃除まで気が回らないということも考えられます。


自宅が散らかっている
大掃除でやる気が起きない理由として多いのが、自宅が散らかっていたり、モノが多いことです。フローリングに洗濯物が置きっぱなしになっていたり、ホコリがあちこちに溜まっているなど、散らかっている箇所がいくつかあると「大掃除してもまた散らかすだろう」と開き直ってしまいたくなることもあるでしょう

大掃除をする際のやる気を出す5つの方法

image


大掃除は普段の掃除とは違い、やるからには重い腰を上げて取り掛からなくてはなりません。そこで、どのようにしたらやる気を起こせるのか、その方法について5つご紹介します。


① 大掃除前に断捨離を行う
断捨離の必要性については数多くのメディアなどでも取り上げられています。大掃除の前に、必要ないものを明確にして片付けることで、部屋の中がスッキリして掃除がしやすくなります。しばらく使っていない衣服や本など、不要なものはリサイクルに出すなどして断捨離しましょう。


② 掃除用具を揃える、新調する
掃除用具も多種多様なグッズが販売されています。SNSなどの口コミ情報をチェックするなど、自分の家のニーズにあった掃除用具を揃えてみてはいかがでしょうか。また、大掃除を機に掃除用具を新調することで モチベーションがアップし、やる気が起きるきっかけになるでしょう。


③ やる気になった人のSNSやコラムをチェックする
大掃除でやる気を出したいという場合、インフルエンサーなどのSNSやコラムなどをチェックするのも一つの方法です。掃除する側の目線で大掃除のノウハウや便利な商品を紹介しているので、参考になるものが見つかって真似したくなるかもしれません。


④ 掃除しない場合のリスクをピックアップする
掃除をしない場合のリスクを今一度考えましょう。例えば、フローリングを掃除しないと、家族やペットの健康を損なうなど、自分以外の家族に置き換えて考えることで、大掃除の必要性を実感できることでしょう。


⑤ 思い切って家族と分担する
一人で大掃除を抱え込むと腰が重くなってしまいがちです。そんな時は、大掃除の役割を家族で分担し、共同作業を提案しましょう。役割を分担すると1人で掃除するよりも掃除する場所が減るだけでなく、時短になるのでやる気が起きるかもしれません。

大掃除でやる気をキープする5つのポイント

image


大掃除をする前にやる気をアップさせたら、それを大掃除中にもキープすることが大切です。やる気をキープする5つの方法をご紹介します。


① 家族の暇な時間を見計らって大掃除に巻き込む
大掃除を1人でやるのは時間も労力も必要です。「自分のモチベーションも上がらない上、1人では手が回らなそう」という場合は、家族に手伝ってもらいましょう。家族がいる時間帯にみんなで掃除をすれば、家の中が掃除モードになりやる気が保てるでしょう。


② 時短で掃除できる簡単な場所から攻める
スペースによっても掃除をする時間が異なります。モノがあまり置いていないスペースや狭いスペースの大掃除は短い時間でこなせるので、そういった場所から始めるのがオススメです。早い段階でやり切った手応えを感じられるので、モチベーションがアップします。最初からキッチンのように時間のかかる場所に着手してしまうと、精神的にも負担がかかるので、順序を工夫しましょう。


③ タイマーをかけて掃除をする
大掃除のやる気をキープするコツは、ダラダラとやらないことです。「お風呂掃除は1時間で終わらせる」など時間を決め、タイマーを活用して時間通りに終わらせるように、メリハリをつけて取り組みましょう。


④ 音楽を聴きながら大掃除をする
スマートスピーカーやワイヤレスイヤホンで好きなアーティストの音楽をかけながら大掃除することもオススメです。好きな音楽を聴くことで、大掃除のストレスが緩和されるかもしれません。


⑤ 大掃除後に自分へのご褒美を用意する
大掃除は頭を使うだけでなく、身体全体も使う肉体労働です。「今年も頑張った!」という証として、大掃除後に自分へのご褒美も考えておきましょう。「この場所を掃除すれば、○○のスイーツが食べられる!」というご褒美を決めておけば、やる気もさらにアップします。

大掃除をやることによって得られるメリット


大掃除をやることは、心身にも良い影響をもたらします。ここからは大掃除をやることで得られるメリットについてご紹介します。


●筋肉や体幹が鍛えらえる
大掃除は、身体を伸ばす、ひねるという動きがあり、普段使わない筋肉や体幹が鍛えられます。特にリモートで仕事をしている方は運動不足になりがちなので、大掃除をしながら、健康のためにも筋肉と体幹をしっかり鍛えましょう。


●自宅の改善点が見つかる
大掃除をすることで、これまで気づかなかった場所の改善点が見つかることもあります。例えば「動線が良くないので改善した方が良さそうだ」「ホコリがたまりやすい場所なので、来年からはこまめに掃除しよう」などです。

どうしてもやる気が出ない時は家事サポートでやる気をアップ

「大掃除をしなくては」と思っても仕事が忙しかったり、苦手な場所でやる気が出ない、などの理由でやる気が出ないという時は、家事代行サービスにお願いするのはいかがでしょうか。家事サポートに依頼をする場合、周りからは「手を抜いている」と思われてしまい、依頼するのをためらってしまうかもしれません。しかし、心の安定を維持する意味でも家事サポートという選択肢はオススメです。


また、キッチンなどの手間のかかる場所のみ大掃除を依頼すれば、経済的な負担も少なく、自分でやる場所と家事サポーターにお願いする場所で分担したことにもなります。全てお願いしてしまうのも良いですし、心理的ハードルがあるようでしたら苦手な部分だけをお願いするのも1つの方法です。

まとめ

今回は、大掃除でやる気が起きない理由や、お手軽にできるやる気をキープする方法をご紹介しました。やる気を起こすためには、好きな音楽を聴く、ご褒美を考えるなどがありますが、それでもやる気が起きないという時は、家事代行サービスに頼ってみるのも良いでしょう。家事代行サービスなら、手間のかかる場所だけを依頼するなど、ご家庭のリクエストに合わせた依頼も可能です。時間と経済面を考えて、ご家庭に合った最適な大掃除の仕方を考えてみましょう。


▼あわせて読みたい
模様替えの時期にやりたい!クローゼットの整理収納のコツ
年末の大掃除どうする?家族をやる気にさせる方法とは?
コツを掴めば子どももできる!子どもが整理収納できるようになる方法


image


image