年末の大掃除は、一人でこなすよりも家族で分担した方が効率が良く、ストレスが軽減されるものです。とはいえ、実際に行うとなると家族内でもモチベーションに温度差があり、結局自分もやる気が起きなくなってしまうといったこともありますよね。そこで今回は、年末のお掃除で家族をやる気にさせる方法やメリットなどについてご紹介します!

家族と一緒に大掃除するメリット

大掃除といえば面倒くさい、とネガティブなイメージをもたれる方も多いかと思います。では、家族で一緒に大掃除するメリットとはどのようなものがあるでしょうか?そのメリットについて詳しく解説していきましょう。


自分の時間が確保できる
家族で一緒に大掃除をする場合、役割分担が明確になっているので、比較的短い時間で大掃除が終わります。年末に慌てて対応することがなくなるので、例えばおせち料理の準備をしたり、動画配信サービスの人気ドラマや映画を観たり、自分の自由な時間が持てるかもしれません。


家族間でのコミュニケーションが活性化する
「大掃除を終わらせる」という共通のゴールを設けているので、どのようにしたら効率良くできるかなどを話し合い、家族間のコミュニケーションがいつもよりも活性化します。帰宅時間が遅いパパも子ども達と協力して掃除をすることで、会話も増えますし、ママも助かるだけでなく、みんなが一丸となって掃除をすることで結束力も沸くことでしょう。


家族の成長と良い点を発見できる
大掃除する場所は、狭いところや、天井などの高いところがあり、それぞれで掃除する環境が異なります。例えば、壁の掃除のノウハウを知っている小学校高学年の子どもであれば、学校で教わったことを活かして壁を丁寧に掃除するということができます。掃除を進める中で、改めて子どもの成長を感じることができるかもしれません。

大掃除で家族をやる気にさせる5つの方法

image


家族で大掃除を一緒にしたいという場合、やる気にさせるにはどのような行動を取れば良いのでしょうか。こちらでは5つのポイントをご紹介します。


●家族が家にいる時間にリマインド感覚で断捨離を始める
「一緒に大掃除をしよう」となかなか伝えることができない場合は、家族が家にいる時間に衣類やタオル類などの断捨離を行うことをオススメします。断捨離をするべく一生懸命働いている姿を見て、子どもたちも「自分もやらなくては」という気持ちになるかもしれません。


●プロ仕様の洗剤を揃えてみる
大掃除向けの洗剤も多種多様なグッズが販売されています。プロが使っている汚れが簡単に落ちると言われる洗剤も、ECサイトなどでお手軽に購入できます。「プロが使っている」ということを家族に伝えれば、「試してみたい!」というモチベーションになるかもしれません。


●大掃除にお役立ちの動画を一緒に観る
家族で力を合わせて大掃除を進めるために、関連したお役立ちの動画を一緒に観るのも良いでしょう。特にインフルエンサーが発信している動画なら、大掃除の大切さだけでなく、掃除グッズやテクニックなど楽しく知識を得ることもできるでしょう。大人だけでなく子どもも一緒に楽しめる動画を探してみるのもオススメです。


●事前に家族が好きな食事やお菓子を準備(手配)する
大掃除の休憩中に好きな食事やお菓子を食べられることは、家族のモチベーションにも繋がります。休憩中に食べられる食事やお菓子を用意することを事前に伝えれば「頑張ろう」という気持ちにもなりやすいでしょう。


●大掃除が終わったらお疲れ様会の実施を宣言する
大掃除が終わった先に、何かワクワクすることがあると家族もやる気になります。大掃除の分担前に「(大掃除が終わったら)焼肉の食べ放題に行こう」「人気のテーマパークに行こう」などとお疲れ様会の実施を打診しましょう。ご褒美があれば子どもたちも張り切って大掃除に参加してくれるかもしれません。

大掃除を分担する際に考えておきたい5つのポイント



家族で大掃除する場合、子どものいるご家庭は特に役割を分担しておくと混乱を招きません。


●適材適所を考える
大掃除する時に考えたいのが、適材適所を考えることです。天井といった高い場所は背の高い大人が、窓のサッシなど工作感覚で楽しめそうな、竹串などを使った細かい場所は子どもに担当を割り当てます。また、小学生なら学校の掃除で雑巾やほうきを使っているので、フローリングや畳の掃除をお任せしても良いでしょう。


●大掃除できる時間を事前に確認する
大掃除をスムーズに行うには、誰がどのくらいの時間配分でできるかということを確認しましょう。例えば、習い事で大掃除する時間があまり取れない小学生なら、短時間でできるスポットやタスクを割り振ると良いでしょう。


●危険なスポットを確認する
自宅の間取りによって、大掃除するスペースや時間が異なります。家の中でも、幼稚園児や小学生が触れると危険な場所があれば必ず事前にチェックしておきましょう。特にキッチンやベランダ、駐車場などは、小さな子どもにとって危険な場面もある場所です。子どもたちが安心して取り組める場所で掃除を手伝ってもらえるよう確認する必要があります。


●悪天候のことも想定しておく
大掃除を分担する場合、各自のやるべきことだけでなく、雨や雪といった悪天候のことも考えましょう。「雨だったらどこをやるか」ということを明確にしておけば、雨の中無理に玄関やベランダの掃除をせずに、各自の負担も軽減されます。


●年内のゴミ収集日の前日までに大掃除が終わるように調整する
家族が大掃除のやる気を出すためには、日程のリミットを決めることがポイントです。遅くとも年内のゴミ収集日の前日までに大掃除が終わるように段取りし、役割分担をしましょう。


年末の大掃除はいつからする?大掃除を快適&簡単に進める準備とは?


家族で分担しても賄えない部分は家事サポーターへ

家族で協力し合って大掃除をすることが難しいという場合、一人で抱え込んでしまうこともあるかもしれません。そんな時は、掃除に慣れている家事サポーターに任せるのもオススメです。普段の掃除では行き届かない、キッチンやお風呂などの水回り、玄関などの掃除にも対応しているので、大掃除のストレスも緩和されます。家事サポーターにお任せする内容や時間は柔軟に選ぶことができるので、予算や想定時間などを考えて依頼しましょう。

まとめ

年末の大掃除に対してやる気が起きない原因は、日頃から忙しい、お家が散らかっているなどの理由もあるでしょう。そんな中、家族がやる気を出すコツは、いかに家族のモチベーションを上げるかということがポイントになってきます。また、掃除を分担する場合、子どもにとって注意すべき場所もあるため、手伝ってもらう場合は気を配りながら大掃除を進めましょう。大掃除で役割分担をしても家族の協力が得られず大変な場合は、一人で抱えずにぜひ家事サポートに頼ってみましょう!気持ち良く大掃除ができるよう最適な方法を考えてみてくださいね。