リビングは、年末の大掃除でも綺麗にしたい箇所の一つです。しかし、いざ掃除をしようとした時に、どのように手をつけたら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リビングを簡単、かつ綺麗にする方法をご紹介します!

リビング掃除を効率的に行うために知っておきたい5つのポイント



リビング掃除を効率良く行うために、いくつか知っておくべきことがあります。ここでは5つのポイントについてご紹介します。


家族のスケジュールを確認しておく
リビングは家族が集まる場所です。そのため、リビングの大掃除をする場合は家族の仕事や学校などのスケジュールを事前に確認しておきましょう。大掃除に適している日もわかる上、不在時にスムーズに掃除することができます。また、小さい子どもがいるご家庭は、子どものお世話もあるので、パートナーや家族と連携して掃除することができます。


年内のゴミ収集の最終日を確認しておく
リビングの大掃除をする場合、余裕を持って年内最後のゴミ収集日の前日までに済ませるようにしましょう。年内のゴミ収集日の後に大掃除をしてしまうと、ゴミを捨てられずに新年を迎えてしまうことになります。


自宅リビングの現状を確認しておく
リビングの大掃除をするなら、まずは自宅リビングの現状を確認しましょう。ここで知っておきたいのが、電気の配線や、生活導線、家具類の配置で危険な点がないかどうかです。子どもがいるご家庭なら、改めて 子どもの目線で危ないところがないかも確認しておきましょう。大掃除のついでにやっておきたいことが洗い出されるかもしれません。


掃除の順番を確認しておく
リビング掃除をきれいに仕上げる場合、上から下へ行うのが基本です。順序については以下の通りです。


【リビング掃除の順番】
① 天井やカーテンレールなどの高い位置からスタート
② 窓を開けて、裏表を拭く
③ 壁やドア部分を拭く
④ テレビ台や家具を拭く:間取りによって移動することもある
⑤ フローリングに付着したホコリなどを掃除機で吸い取る
⑥ フローリングを拭く(ワックスがけをする)


間取りによって順序が前後したり、必要ない項目もあるかもしれませんが、基本的には上記の順序を頭に入れておきましょう。


悪天候になった場合を考える
リビングの大掃除をするのに最適な天候は、いうまでもなく晴れの日です。窓を開けて換気をしながら掃除ができるので、掃除中に舞ってしまうホコリからも回避できます。とはいえ、実際のところ仕事や家のスケジュールで大掃除する日は絞られてしまうこともあるでしょう。雨が降った場合に備えて、予備の日を設けるか、雨でもできそうな箇所と晴れの日しかできない箇所をピックアップして、計画を立てましょう。

リビング掃除で揃えておきたいグッズ

image


リビング掃除を綺麗にするには、目的にあった掃除グッズを揃えておくことがオススメです。ここではそれぞれのオススメ掃除グッズについてご紹介します。


●フローリングワイパー
フローリングワイパーは床掃除だけでなく、壁の掃除にもオススメです。特に天井などの高い所を拭く時にはフローリングワイパーがあると楽チンです。


●ハンディワイパー
ハンディワイパーは、テレビ台や窓枠、電球のホコリ取りの際に大活躍します。柄の部分が伸縮するタイプやミニタイプなど目的別にいくつか調達しておくと良いでしょう。


●マイクロファイバー状の雑巾
タオル地の雑巾のほかにも、窓の磨き上げなどに適したマイクロファイバー状の雑巾も用意しましょう。速乾性もあるのであらゆる場面で重宝します。


●使い古した歯ブラシ
使い古した歯ブラシは、今も昔もお掃除シーンで大活躍します。特に子ども用の小さな歯磨きは窓のサッシに最適で、頑固な場所を掃除する際にも便利です。

リビング掃除がはかどらないときのストレス軽減法

子どもがいる、季節的に寒いなどの理由から、リビング掃除をしたくてもはかどらないということもあるかもしれません。そんな場合に備えてストレス軽減法を考えてみましょう。オススメのストレス軽減法については、以下の通りです。


・掃除中に好きな音楽をかける
・リビング掃除に関するお助けコラムやSNSをチェックする
・得意、かつ簡単な箇所から手をつける
・家族交代制でリビング掃除をする
・適度な休憩を取り、合間に好きな飲み物を飲む
・リビング掃除で面倒な箇所は家事代行サービスへ依頼する

リビングの大掃除の負担を減らすには日々の心がけ



リビングの大掃除を行う大枠の部分は、フローリング、テレビ台とその裏、窓などです。そこで、ここからはやるべきことが多いリビング掃除の負担を減らす方法について、ご紹介します。


リビング掃除をルーティンにする
「できれば大掃除はやりたくない」というのは、多くの方が思っていることでしょう。大掃除をできるだけ回避するには、ルーティンとしてリビング掃除を数日または1週間の間隔でこまめに掃除をすることです。ホコリが溜まりやすいテレビ台やフローリングを掃除しておくだけでも、綺麗なリビングをキープすることができます。すき間時間を活用して、リビング掃除を心がけましょう。


窓の水滴を取っておく
寒い時期になると、外と部屋の温度差で結露ができやすくなります。そのため、内窓の下にカビが発生することもあり、このカビを放っておくと、窓の掃除だけでも年末の大掃除で時間をかけることになります。それを回避するためには、こまめに雑巾やキッチンペーパーで拭いておくこと。窓もきれいになり、一石二鳥です。


子どもにも普段から掃除を手伝ってもらう
リビングの掃除を一人でやろうとすると、心理的にも体力的にも負担が大きくなります。子どもが小学生以上であれば、子どもが使いやすいお掃除グッズをいくつか調達し、楽しみながら手伝ってもらえるように工夫するのもオススメです。


例えば、フローリングローラーを渡してコロコロ転がしながら、汚れ集めをすれば楽しく掃除できるかもしれません。他にも、子どもしか入れない小さなスペースの掃除を任せるなど、楽しみながら一緒に掃除をすることもできます。


年末の大掃除どうする?キッチンをピカピカにする方法!

重点的なリビング掃除をしたいなら、シッターサービスもおすすめ

リビングは、広さや配置、方角などご家庭によって異なりますが、家族が集まる場所でもあるのできちんと掃除に取り組みたいという方も多いのではないでしょうか。とはいえ、子どもが小さくて目が離せないといった状況では、リビングの大掃除にも集中できません。


そんな方にオススメなのが、リビング掃除の時間帯に我が子をシッターサービスに依頼することです。経験豊富なプロのベビーシッターが子どものケアをしてくれるので、親御様はリビング掃除に集中できます。キッズラインには特技を活かして活動するシッターも数多くいるので、親御様が掃除中に冬休みの宿題をみてもらうこともできます。もし、大掃除で子どもの預け先を迷われている方は、シッターサービスを選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

リビングは、年末の大掃除の中でもやることが多く、中には掃除が負担になる箇所もあります。それを回避するためには、普段からこまめにリビング掃除を行うことがオススメです。そして、リビングの大掃除をする場合は、自分たちのニーズにあった掃除グッズの準備や、天候・段取りなどを考えることも必要です。小さな子どもがいて掃除がはかどらない時は、ベビーシッターにお子さまを預けるなど、大掃除に集中できる環境を作ることも考えてみてくださいね。