準育児師は、育児サービス提供者としての基本的な知識と素養を身につけたサポーターに付与される、キッズライン独自の認定資格です。
認定されたサポーターはお子さまへの安心安全なサポート方法はもちろん、ご家庭に信頼いただけるよう丁寧なサービスを学んでいます。
ベビーシッターサービスである個別保育ならではの育児と保育の2つの視点を持つ【育児パートナー】としてご家庭に寄り添い、ひとりひとりのお子さまにぴったりな保育に努めます。

こんな不安はありませんか?

  • お子さまの発達に合わせた保育になっているか。
  • マイペースなところがあるけど、子どもの個性を大事にしてほしい。
  • 卒乳やおしゃぶりについて気になっている。

準育児師はそんな親御様の不安に寄り添います

準育児師は育児と保育の基本的な知識、最新の育児情報をもって、ご家庭に寄り添った保育サービスの提供を行います。
image

発達・発育に関する正しい知識

年齢や月齢による運動能力や動作、言語能力について学んでいます。
それぞれのお子さまの発達にあった遊びを提供し、適切な働きかけや声かけをしていくことで子どもの健全な発達に貢献します。

お子さまのペースを大切にした保育

お子さまの行動や欲求についての知識を身につけています。
お子さまが主体的に遊べる環境作りや、サポーターが先回りをして対応しすぎることのないようお子さま自身のペースを大切にしたサポートを心がけます。

中立な立場での関わり

準育児師は育児・保育情報を学び、医学的根拠に基づいた中立な立場で保育を行います。

緊急時の対応についても力を入れて学んでいます

image

救命講習に基づいた適切な対応

準育児師資格を持つサポーターは救急救命講習(自治体・公的機関での開催)を受講しています。講習では万が一、生じる可能性のある誤飲や誤嚥、止血法など緊急時の対応方法を学んでいます。

SIDS(乳幼児突然死症候群)への対策

睡眠時における事故リスクの高いSIDSの適切な予防方法についての知識を身につけています。

体調急変時の対応

お子さまの観察や健康チェックにより、体調の急変や健康状態の異変に細心の注意を払います。



<参考文献・出典一覧>
安心安全のサポートを行うため、確かな情報による講座を展開しています。
・気道内異物除去方法:東京消防庁
・救急蘇生法:日本医師会  など

ご家庭に寄り添う【育児パートナー】
準育児師にサポートを依頼してみませんか?

サポータープロフィールのサポートの特徴から準育児師資格をご確認いただけます。
image