法人で
キッズラインを利用する

福利厚生や出張サービスなどで
ベビーシッター・家事代行補助サービスを
ご検討の法人様へ

ベビーシッターの法人契約をキッズラインでは承っております。仕事と育児の両立サポートに企業側の補助制度として導入される会社が今増えています。福利厚生としての導入(家事代行も可)や法人名義での手配、内閣府ベビーシッター割引券の導入などの法人利用をサポートします。

内閣府
ベビーシッター割引券を導入したい
内閣府ベビーシッター割引券
を導入すると
従業員(役員を含む)に、シッター代をお子様1人あたり最大4,400円/回割引にする福利厚生が提供できる
仕事と育児の両立支援ができる
メリット
・1枚70円(180円)で2,200円の補助ができ、負担少なく導入が可能
・業務形態に関わらず提供でき、採用率向上に繋がる
・社員のキャリアアップのチャンスが広がる
※2021年11月20日以降にキッズラインへの新規アカウント登録をされた方につきましては、当面の間、新規での内閣府ベビーシッター割引券のご利用を停止しております。
内閣府の割引券について詳しく見る
従業員の
ベビーシッター・家事代行費用を法人で補助したい
福利厚生プラン
として導入すると
キッズラインポイントを従業員に付与することで、利用料の一部または全額を補助できる
後払いのポイントなので、従業員が決済で利用した分だけが法人に請求されます
メリット
・企業へのロイヤリティが上がる
・社員のワークライフバランスが向上
・企業のイメージアップ
福利厚生について詳しく見る
法人名義で
家事代行を手配したい
出張サービス
で利用する場合
週2回、会社の掃除を依頼
会社イベントでパーティー料理を依頼
メリット
・イベント時だけなど、必要な時だけ手配できるから、固定費がかからない
・法人アカウントで登録から決済までwebで完結できるから便利
・領収書も自動発行
出張サービスについて詳しく見る

ご利用料金について

キッズラインは入会金無料。
月会費や年会費もありません。
基本料金・手数料・交通費を
お支払いいただきます。

1,000
 円〜 /1時間
(手数料別)

基本料金

サポーターの時給×時間(×人数)

手数料

基本料金の22%(税込)

オプション

シッターによって異なります

交通費

サポート場所までの往復交通費

見積もり例

内閣府
ベビーシッター割引券

お子様おひとり / 3時間お預け / 交通費500円の場合

・実際には1時間あたりのサポーター料金は異なります。上記のお見積もりを参考にしてください。
割引券の企業負担分:中小企業(従業員数1,000人未満)は70円/枚、大企業(従業員数1,000人以上)は180円/枚。

福利厚生プラン

お子様おひとり / 3時間お預け / 交通費(往復)800円 / 月額10,000ポイントを付与した場合

・会社が利用料の一部、又は全額を補助することを前提にご利用いただけます。
・1ポイント=1円のポイントを付与(有効期限は、付与された日から一年間で自然失効)
・付与の段階では費用は発生せず、社員の方が実際に利用した分を月末集計し、翌月初請求させて頂きます。

出張サービス

会社のイベント時に家事サポーターを手配する場合のご利用例

8時〜10時までの依頼/家事サポーター 1名/交通費1,000円 の場合

法人アカウント登録のクレジットカードでお支払い
・実際には1時間あたりのサポーター料金は異なります。上記のお見積もりを参考にしてください。
・諸条件により見積が異なるため、ご予約前のお見積りの提示はできかねますのでご了承下さい。

よくあるご質問

導入企業

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ内容
お問い合わせ内容

※2021年11月20日以降にキッズラインへの新規アカウント登録された方につきましては、当面の間、新規での内閣府ベビーシッター割引券のご利用を停止しております。

内閣府割引券を初めてご利用になる方の受付一時停止について(2021年11月8日配信)

会社名
会社名 (フリガナ)
お名前
お名前フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
想定利用社員数
コーポレートサイト(URL)
ご質問・ご要望
出張サービスのお見積りやベビーシッター・家事サポーターの確保は、ご登録後、シッター募集にて行って頂くため、事前にご提示することや、スケジュールを押さえることはできかねますので、ご了承ください。
送信する