お知らせ2022年11月29日(火)

【2022年 大掃除調査】昨年と比べ大掃除を「する予定」の人が1割近く減少

プレスリリース

報道関係者各位

全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、キッズラインの利用者に「2022年 大掃除の実態」に関するアンケート調査を実施。大掃除を54.8%の人が「する」予定と回答し、昨年実施した調査結果と比較すると、大掃除をする予定の人の割合が1割近く減少していることがわかりました。

■昨年「年末の大掃除」を行った人は4割

昨年2021年11月に実施したアンケートで「今年は大掃除をする予定ですか」の質問に対して、63.8%の人が「する」と回答していましたが、2022年11月に実施したアンケートで、実際に昨年大掃除を実施した人は、42.2%に留まりました。同じ回答者ではないためあくまで参考値になりますが、結果として様々な事情で大掃除をすることなく、あるいはできずに年末を過ごす傾向があると考えられます。
image

■大掃除を「する予定」の人の割合が、昨年比 9ポイント減少

「今年大掃除をする予定ですか」という質問の回答を昨年(2021年)と今年(2022年)で比較したところ、「大掃除をする予定」と答えたのは、2021年が63.8%、2022年は、昨年よりも約9ポイント少ない、54.8%という結果となりました。
image

「する予定」と回答した主な理由としては、
・1年の締めとして、気持ちよく新年を迎えたい(25.8%)
・普段できない箇所の掃除をする良い機会だから(17.8%)
・家をきれいにしたい(11.2%)
・毎年の恒例、習慣だから(6.9%)
・不用品の整理をしたい(5.4%)
・リフレッシュ、気分転換のため(5.0%)
・その他(27.6%)

などの理由が挙げられており、

「しない予定」と回答した主な理由としては、
・忙しい、時間がない(32.6%)
・普段から掃除している(21.1%)
・妊娠、出産、子育て中のため(9.7%)
・面倒、大変(9.7%)
・その他(26.9%)

などが挙げられました。「しない予定」の回答の中には、「土日も家事育児で時間が取れないので、年末年始くらい旅行などゆっくりしたい」という意見もあり、外出やイベントなどに時間を割きたいと考える人が増えたことも考えられます。

■大掃除で注力したい掃除箇所ランキング

アンケートでは、大掃除をすると回答した人に「大掃除で注力したい掃除箇所」についても聞きました。上位5つに入ったのは、以下の箇所です。

1位.窓ガラス・サッシ・網戸
2位.お風呂
3位.換気扇
4位.キッチン
5位.不用品整理
image

大掃除ということで、普段掃除する機会の少ない「窓ガラス・サッシ・網戸」が1位にランクイン。こまめに掃除しづらい窓ガラスや日常の掃除で行き届かないサッシなどを、年末にキレイにしておきたいという需要が高いようです。続いて、2.4位には毎日使う「お風呂」「キッチン」が入りました。毎日使う場所だからこそ「いつもより念入りにお掃除したい!」という人も多いのではないでしょうか。5位にランクインしたのは「不用品整理」。こちらも「新年をスッキリとした気持ちで迎えたいからこそ整理したい!」という方も多いのではないでしょうか。

家事代行サービスを依頼できる「キッズライン」のサポーターの中には、水回りの掃除が得意な方や整理整頓や収納に関する資格などを持っている方も多くいらっしゃいます。年末に大掃除をしたいけれど、時間がなくて諦めようと思っている方には、プロの力を借りるのもおすすめです。

■今年最後のお掃除キャンペーン「あなたはどっち派?大掃除キャンペーン」開催中

image
年末までお忙しい皆さまの大掃除を応援するため、キッズラインでは「あなたはどっち派?大掃除キャンペーン」を開催中です。
キッズラインを初めてご利用する方に2,000円分のポイントをプレゼント致します。
☑時間があれば大掃除がしたいけど時間がない!子育てが忙しく手が回らない!
☑自分で大掃除をする予定だったけど、苦手な箇所だけ依頼して、少しでも楽に済ませたい!
という方は、ぜひこの機会に掃除が得意な家事サポーターにお任せください。

▼キャンペーン詳細はこちら
https://kidsline.me/housekeeping/information/2022kaji_osouji_campaign3

【アンケート調査概要】(インターネット調査)

・調査期間:2022年11月1日-11月7日
・調査対象:キッズライン会員502名(女性456名、男性43名、未回答3名)

・調査期間:2021年11月16日-11月21日
・調査対象:キッズライン会員94名(女性83名、男性9名、未回答2名)

<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>

今回のアンケート結果から、コロナ禍でのライフスタイルや価値観の変化に伴い、年末の大掃除に対する意識や実施状況においても大きく影響を受けていることがわかりました。ライフスタイルの変化に伴う慣習の変化についてご取材をいただけますと幸いです。

私たちキッズラインは、24時間スマホで家事サポーターとマッチングできる利便性の高い家事代行サービスを提供しています。ご利用いただいている方へのサービス提供を行うと共に、インタビューやアンケート調査なども行っております。

〈キッズラインとは〉

「キッズライン」はスマホから即日手配が可能なオンラインベビーシッターおよび家事代行マッチングサービス(iOS版・Android版アプリも利用可能)です。

全国47都道府県で展開。保育士など特定の資格や研修をクリアし、弊社面接および研修に合格したベビーシッターや、整理収納アドバイザー資格保有者、主婦経験豊富な方などの家事スタッフが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価を見ることができ、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加しています。

▶︎当記事に関するお問い合わせ先

メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当

取材依頼フォーム
https://kidsline.me/corp/coverage/

会社概要

株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/


本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。

本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。