サポーター特集
病児保育は自宅訪問型が人気

自宅訪問型の病児保育はベビーシッターがおすすめ

「子どもが病気になり病児保育をお願いしたいが自宅に来て対応してもらえると安心」「症状は落ち着いていて病後児ではあるが保育園に登園できないので自宅で面倒を見てほしい」など、訪問型の病児保育を希望されるなら、ベビーシッターの利用を検討されてはいかがでしょうか。キッズラインなら病児・病後児の受け入れ可能なシッターも多数在籍。お子様にとっても安心できる、ご自宅での病児保育は親にとってもメリットは大きいもの。お住まいの近くのベビーシッターを探せます。

この特集でおすすめのサポーター

自宅訪問型の病児保育はココがいい!

病児保育には、大きく分けて「施設託児型」と「自宅訪問型」の2種類がありますが、パパママやお子さんの負担が少ないのはどちらでしょうか。

ちょっと想像してみてください。朝の忙しい出勤前に、パパママが病院や病児保育施設に連れて行くのは、相当な労力を要します。また雨などの悪天候やお子様の機嫌の悪さが重なれば、その大変さは倍増。自宅で待つだけの「自宅訪問型」なら、一気にその負担が解消します。

また病児保育施設と自宅保育、どちらがお子様は安心して過ごせるでしょうか。きっと慣れた自宅という環境の中であれば、リラックスして静養できることは容易に想像がつくでしょう。

でも「施設託児型」に比べて「自宅訪問型」は高いイメージがあったり、依頼したいときにすぐに予約できるか不安、という方もいると思います。

キッズラインの病児・病後児サポート 3つのメリット

(1) 値段が安い

キッズラインは1時間1,000円からのベビーシッターマッチングサービスです。また入会金や年会費・月会費も無料。かかる費用は実際に使った分だけです。病児のお預かりの場合、オプション料金が発生するシッターもいますので、各シッターのプロフィールをご確認ください。

またベネフィット・ワン、リロクラブ、えらべる倶楽部などの福利厚生サービスをはじめ、自治体の助成で割引が受けられる場合もありますので、合わせてご確認ください。福利厚生や利用できる自治体の助成についてはこちら。 

(2) 病児・病後児シッター300人から選べる

画像

現在約1000名の保育士や幼稚園教諭、大学生などのベビーシッターが登録中。子供の体調が悪くなって、仕事は休めない状況やとても一人ではお世話ができない、そんなピンチに駆けつけてくれる「病児・病後児シッター」が全国に約300人います。(2017年6月現在)病気の子どもを受け入れる施設が少ない中、自宅で看病をしてくれるのは心強い育児のパートナーとなるでしょう。

(3) 自宅の近くのシッターを見つけられる

キッズラインのシッター検索はとても便利。「自宅の近く」のシッターも検索することができるので、病児で困ったときもすぐに駆けつけてくれるシッターを探すことができます。他にも、「保育士資格の有無」「時給」「定期利用可能」「お泊まり保育」など、さまざまな希望の条件で検索することができます。他にも、クチコミの数、時給などで並び替えることも可能です。

いざというときに備えて、キッズラインに登録して、近くで頼りになるシッターさんを探しておくことをオススメします。

当日の準備について

いざ子供が発熱した!そんなときはシッターさんへ予約を取ると共に、当日慌てずに引き継ぎが行えるように少しだけ準備が必要です。
病児保育の1日の流れはどんな感じで進むのか?当日シッター受け入れのために何を準備しておけばいいのか? そんな疑問を解消します。
ココを押さえておけば当日も安心です!

病児・病後児の準備について

病児対応地域

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 栃木県
愛知県 長野県 静岡県 大阪府 京都府 奈良県 福岡県