生後2ヶ月は赤ちゃんの予防接種デビューの時期です。日本では生後2ヶ月から幼児期まで多くのワクチンの定期接種が定められており、正しいスケジュール管理が必要となります。予防接種は感染症やその重症化を予防するために大切なもの。しかし、インターネットなどではいろいろなデメリットが取り上げられることも少なくありません。そこで今回は、予防接種のメリットとデメリットについて医師が詳しく解説します。

予防接種にはどんな効果があるの?

そもそも予防接種はなぜ強く推奨されているのでしょうか?予防接種の効果について詳しくみていきましょう。


感染症を予防する!
予防接種は、ワクチンを投与することで感染症を予防したり、万が一感染症にかかったとしても重症化を防ぐために行われます。ワクチンは感染症を起こすウイルスや細菌から作られる薬です。そのため、ワクチンを投与するとウイルスや細菌に対する免疫ができ、感染症にかかったり重症化したりすることを予防できるのです。


集団免疫とは?
予防接種は接種した個人だけが感染症を予防できるだけではありません。感染症は、一定の割合以上の人が免疫を持てば流行しにくくなることが分かっています。このような現象を「集団免疫」と言い、過去に流行していた「はしか」などの感染症が現在はほとんど流行しなくなったのは、集団免疫ができているからです。つまり、予防接種は個人だけでなく、社会や集団生活の場全体を守るためのものなのです。

予防接種にはどのようなリスクがあるの?

予防接種はワクチンを投与することでウイルスや細菌への免疫を作ることができます。しかし、接種した後に何らかの有害事象が生じる「副反応」が起こることもあります。そのため、小さな赤ちゃんに予防接種を受けさせるのは怖いと感じるご親御様もいらっしゃるでしょう。では、予防接種にはどのようなリスクがあるのか詳しくみていきましょう。


●軽い副反応
予防接種後の発熱、注射部位の腫れや痛み、発疹などの軽い副反応は比較的よくみられます。しかし、治療が必要になるほどの症状ではなく、数日経てば自然に改善していることがほとんどです。副反応が出た時は、接種した医療機関に相談する必要はありますが、過度な心配は不要です。


●重い副反応
予防接種は非常に重いアレルギー反応であるアナフィラキシー、脳炎、けいれん、ギランバレー症候群など命に関わったり、後遺症を残したりする副反応が起こることも報告されています。


しかし、このような副反応が起こるのはごく少数。医療機関から「重篤な副反応」として届け出が上がるのは予防接種の種類によって異なりますが、10万人の中で多くても1~3人です。また、届け出のあった副反応の中には予防接種との因果関係が不明なものも多く、実際の発症率はもっと低いと考えられています。予防接種のリスクは感染症にかかって重症化するリスクよりはるかに少ないと言えます。

産後頼れる「産後ドゥーラ」



産前産後のママが身体を休め、安心して赤ちゃんのお世話に専念できる環境をつくるお手伝いをしてくれる産後ドゥーラ。主に産褥期(出産後6週から8週)や妊娠中の家事や子育てを支援してくれます。また上の子どもがいる場合はベビーシッターとして子どものお世話を相談することができます。


●どんなことをお願いできるの?
妊娠中のつわりが辛い時期や、お腹が大きくなり身体が辛い時から、食事作りや掃除といった家事サポートをお願いすることができます。また安心して出産、育児に臨めるよう、ママと一緒に産後の生活について相談することもできます。


さらに、産後は赤ちゃんの沐浴、授乳のサポート、オムツ替え、上の子どものお世話などを依頼することができます。産後ドゥーラに赤ちゃんのお世話をお願いして睡眠を取ったり、母乳に良い食事を作り置きしてもらうのも良いですね。

まとめ

予防接種には副反応というリスクがあります。しかし、ほとんどは一時的な発熱や注射部位の痛みといった軽い症状です。そのため、過度に不安になる必要はありません。重篤な副反応が生じたケースが報道されることもありますが、そのような副反応が生じるのは本当にごくわずかなレアケース。感染症にかかって肺炎や脳炎など重篤な合併症を引き起こす方がずっと危険です。生後2か月を迎えたら、かかりつけ医と相談しながら予防接種を進めていくようにしましょう。




■監修ライター:成田亜希子
2011年医師免許取得。一般内科医として幅広い疾患の患者様の診療を行う。行政機関に勤務経験もあり母子保健分野も担当。育児に悩むママたちに医師という立場から様々なアドバイスを助言。プライベートでは二児の母。自身の悩みからも育児の情報発信している。