離乳食を始めると気になる赤ちゃんの食物アレルギー。重症な場合は呼吸が苦しくなったり、意識を失ったりすることもあります。離乳食を進める時は食物アレルギーに注意しながら食材の幅を拡げていくことが必要です。しかし、赤ちゃんの食物アレルギーの多くは小学生になる前に治ることが多いと言われています。そこで今回は、赤ちゃんの食物アレルギーと注意点について医師が詳しく解説します。

どうして食物アレルギーを発症するの?



食物アレルギーは免疫反応が過剰に働いてしまうことによって引き起こされる病気です。具体的にどのようなメカニズムで発症しているのか詳しくみていきましょう。


アレルゲンへの反応
人の身体には、体内に侵入した病原体などの「異物」を攻撃して身体を守る働きがあります。このような働きを「免疫」と呼びます。通常は害を与えるものを異物とみなして攻撃が始まりますが、アレルギーは本来害にならないようなものに免疫が反応してしまう病気です。免疫が過剰に働くことで、皮膚のかゆみ、じんましん、くしゃみ、鼻水など様々な症状が引き起こされます。


このようなアレルギーを引き起こす原因となる物質を「アレルゲン」と呼びますが、食物アレルギーは特定の食品がアレルゲンとなることで発症します。


即時型アレルギーと遅発型アレルギーとは?
食物アレルギーの症状の現れ方には2つのタイプがあります。赤ちゃんの食物アレルギーの多くは「即時型アレルギー」と呼ばれるもので、アレルゲンの元となる食品を口にすると数分以内に症状が現れるのが特徴です。このタイプのアレルギーは身体の中にアレルゲンを認識する抗体があり、体内にアレルゲンが入ると抗体が反応してアレルギーを引き起こす物質が生まれることで発症します。


一方、食物アレルギーには「遅発型アレルギー」と呼ばれるタイプもあります。発症メカニズムは明確に解明されていません。しかし、リンパ球という血液中の細胞が働くことで発症するとの説が有力です。アレルゲンを摂取してから数時間後にかゆみや湿疹などの皮膚症状が出るのが特徴です。

どんな食品がアレルゲンになる?

食物アレルギーはさまざまな食品によって引き起こされますが。赤ちゃんの食物アレルギーの原因になりやすいのはどのような食品なのでしょうか?離乳食を進める上での注意点も合わせてご紹介します。


アレルゲンは年齢によって変わる?
赤ちゃんの食物アレルギーを起こしやすい食品は、卵、牛乳、小麦、大豆などが挙げられます。しかし、近年では魚やピーナッツ類がアレルゲンになるケースが増えているとの報告もあり、色々な食材に注意が必要です。


一方、アレルゲンになる食品は年齢によって変化することが分かっています。成長すると共に卵や牛乳のアレルギーは減っていき、エビやカニなどの甲殻類、チョコレートなど赤ちゃんの頃には摂取しなかった食材でアレルギーを発症することもあります。


離乳食を進める時はどんなことに注意すべき?
生後5ヶ月を過ぎると少しずつ離乳食を始めるご家庭も多いでしょう。まずは10分粥や野菜ペーストなどアレルギーが起こりにくい食材から始め、徐々にパンやうどんなど小麦を含んだ食品や乳製品を試していくのがスタンダードな進め方です。


しかし、上述した通り赤ちゃんの食物アレルギーはどのような食品で発生するか事前に予測するのは難しいのが現状です。初めて与える食材はほんの少量ずつから試し、口にしてから何らかの症状が出た場合は、すぐにかかりつけ医に相談するようにしましょう。そのため、初めての食材は、病院が開いている時間帯に試すのがオススメです。

赤ちゃんのアレルギーは自然に治るの?

食物アレルギーと診断された場合は、原因となる食品を避けることが大切です。万が一口にしてしまうとアナフィラキシーという重度なアレルギー症状を引き起こすこともあるため注意しましょう。しかし、赤ちゃんの食物アレルギーは小学校入学前までに90%の子どもが自然に治ることが分かっています。大豆、小麦、牛乳、卵の順にアレルギーが起こらなくなっていくことが多いとも言われています。


また、小学校入学後もアレルギーが出る食材として、ほとんどが牛乳と卵によるものとされています。「我が子が食物アレルギーによる食事制限で辛い思いをしている」というご家庭も多いと思います。しかし、多くの子どもは自然に治っていきますので、かかりつけ医と相談しながら焦らずに経過を見ていきましょう。

病児・病後児の保育も依頼可能

感染症に関わらず、子どもの急な発熱などで仕事を休まなくてはならない。そんな時に限って大事な会議やキャンセルできない用事がある場合に、病児や病後児の預け先としてベビーシッターという選択肢があります。

キッズラインでは小児病棟で働いた経験がある看護士の方など、看護師資格を保有しているサポーターも在籍しております。病児または病後児、感染症の保育を対応しているかどうかはサポータープロフィールからご覧になれます。

また急な預け先として必要になった場合に、スムーズに依頼できるよう、依頼したいサポーターを数名候補にあげておく、事前面談を済ませておくことをオススメします。

まとめ

赤ちゃんの食物アレルギーは牛乳、卵、小麦などによって発症することが多いとされています。しかし、どの食材がアレルゲンになるか予測するのは困難です。離乳食で新しい食材を試すときは、少量ずつを心がけ、なにか異変があるときはかかりつけ医に相談しましょう。アレルゲンとなる食品は避ける必要がありますが、赤ちゃんのアレルギーは小学校入学までに自然に治ることが多いとされています。食物アレルギーが出た場合はかかりつけ医と相談しながら正しい治療を行っていきましょう。




■監修ライター:成田亜希子
2011年医師免許取得。一般内科医として幅広い疾患の患者様の診療を行う。行政機関に勤務経験もあり母子保健分野も担当。育児に悩むママたちに医師という立場から様々なアドバイスを助言。プライベートでは二児の母。自身の悩みからも育児の情報発信している。