お知らせ2019年11月21日(木)

24時間スマホで面接可能に、保育士シッターの登録強化。キッズライン

プレスリリース

報道関係者各位

Detail 98ecb922 b03d 4195 9101 7f24230ea633

全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、24時間ベビーシッター登録の面接を受けることが可能になる「24時間スマホ動画面接」をリリースしたことをお知らせいたします。

■ ベビーシッター公的補助が拡大!新たな働く母親の味方に

2019年10月幼保無償化および内閣府ベビーシッター割引制度でベビーシッターへの公的補助が拡大され、これまで主流であった「集団保育(保育園等)」に続いて「個別保育」としてのベビーシッターが認められるに至りました。
東京都では既に、待機児童になった場合には月額42万円程度まで補助が出るベビーシッター制度がある等、国や自治体によるシッター補助制度が拡大しております。

昨今の育児の担い手不足等の流れを受け、従来富裕層が利用するイメージが強かったベビーシッターサービスが、共働き世帯を中心に浸透しはじめており、キッズラインでも、累計依頼件数が80万件を突破するなど、ニーズが年々増加しております。

■ 稼げる副業としても「保育士シッター」が人気

現在、キッズラインには全国4,000名を超えるベビーシッターが在籍しております。その中でも専門的な保育知識を持ち、低年齢に対応できる「保育士シッター」が人気を集めています。

保育士資格を持っている場合、特別な研修を受けずに幼保無償化や内閣府ベビーシッター割引制度の対象シッターとなることができるため、保育士シッターのニーズはベビーシッター補助拡大に伴い、今後さらに増加すると予測されます。

また、保育士資格保有者からの応募は前年比1.5倍に増加しており、保育園などフルタイムで働くことが難しくてもスキマ時間で保育の仕事をしたいという、日本に70万人以上(※1)いると言われている潜在保育士からデビューする方、保育園で働きながら副業でシッターをする方も増えています。

キッズラインの保育士シッターは、ニーズの増加に伴い、2019年10月の実績より1回のお仕事の平均売上は6,230円(※2)、デビュー1年以内で年商400万円を超える方が登場する等、保育士資格を持つ方が安定的に収入を得られるプラットフォームとなっています。

(※1) 厚生労働省より
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000106237.html

(※2) 1回の平均シッティング時間は3時間

■ 安全基準を保ちながら スマホで24時間面接可能に

登録エントリーが増加する中で、

「忙しい時間の合間を縫ってシッター登録をしたい」
「日中に実施される説明会への参加が難しいけれどシッター登録をしたい」

などのお声をかねてからいただいておりました。これまでは、日中の東京での説明会や、オンライン説明会を主にしておりましたが、より多くの方がご自身の好きな時間で面接を受けていただけるよう、この度24時間好きなタイミングでシッター登録を可能にする新面接フロー「24時間スマホ動画面接」をリリースいたしました。

「お子様を預かる」「ご自宅に伺う」という仕事内容の特性上、24時間スマホ動画面接の開始後も、これまでと変わらず、面接や選考には厳しい基準を設けております。さらに、サポーターとしての登録後も新人フォロー研修や普通救命救急講座、乳児講座をはじめ、様々な講座を用意しており、教育・研修制度面でもサポーターの皆さんの質向上に取り組んでおります。

今後も、安全と安心を重要視しながら、様々な環境の方がキッズラインサポーターとして活躍いただけるよう、登録説明会の改善に邁進してまいります。

<ベビーシッター登録をご希望の方>

↓以下をクリックし、ページ下記「24時間スマホ動画面接」をご選択ください↓
https://kidsline.me/sitters/welcome?source=release1121_24h

■ 報道関係者の皆様へ、取材のお願い

キッズラインでは、幼保無償化および内閣府ベビーシッター割引制度でベビーシッターへの公的補助が拡大され、ベビーシッターのニーズが増加しております。
特に資格を持っているという安心感や、低月齢の赤ちゃんを預けたい親御様から、保育士シッターのニーズが増加しております。

保育の担い手となるすべての人が「社会から評価されている」と感じることができる環境にすることで、保育の担い手が増え未来の子どもたちの保育体制が充実するよう、ぜひ保育士シッターの活躍についてご取材いただけますと幸いです。

■ キッズラインとは

image
「キッズライン」はスマホから即日手配が可能なオンラインベビーシッターおよび家事代行マッチングサービス(iOS版Android版アプリも利用可能)です。

全国47都道府県で展開、現在4,000名以上の保育士や幼稚園教諭、子育て経験のあるママなど弊社で面接および研修に合格したベビーシッターや家事スタッフが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価を見ることができ、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加。

最近では10以上の自治体(千代田区・渋谷区・品川区など)や430社以上の法人にも導入。2019年1月には、東京都が推進する東京都ベビーシッター利用支援事業の事業者に認定されるなど、利用の裾野を広げています。

▶︎当記事に関するお問い合わせ先

メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム

■ 会社概要

株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/

本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。