お知らせ2020年07月03日(金)

カメラ・ボイスレコーダーに関して、お客様緊急アンケートの結果を報告いたします

平素よりキッズラインをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、ベビーシッター・家事代行サービスの利用における安全対策の一つとして、キッズライン会員2,119名に「お客様緊急アンケート」を実施いたしました。アンケート結果につきましては、具体的な安全対策の取組みと併せて順次報告いたします。

今回は、シッティング中の見守りカメラ・ボイスレコーダーご利用経験者の所感に関する調査結果について報告いたします。

画像

「ベビーシッター利用時にカメラやレコーダーを使ったことはありますか?」という質問に対し、「はい」と回答した方は9.2%と、ベビーシッター利用時のカメラ・レコーダーの使用についてはまだ一般的でないことが分かりました。

画像
カメラ・レコーダーを使用したことがある方に「防犯上、有効だと感じられましたか?」と質問したところ、「はい」と回答した方が54.5%と、半数以上の方が有効だと感じています。

有効と感じた理由としては、

・犯罪の抑止力になる
・サポート中の様子が確認できる
・安心材料になる
・万が一の時の証拠に使える

といったご意見が多く寄せられました。

一方、有効性について「どちらともいえない」または「感じられなかった」と回答した理由としては、

・カメラを設置しても死角が生まれる
・何か起きてもその場ですぐに対応できるわけではない

といったことが挙げられました。

カメラやレコーダーがあるから絶対に安心であると感じている方はいないものの、カメラやレコーダーを設置することは一定の犯罪抑止に繋がると考えている方は多いことがわかりました。
当社としては、今回のアンケート結果を参考に、安全対策の一つとしてカメラやレコーダーの導入を進めてまいります。

■ 調査概要

・調査期間:2020年6月24日(水)〜6月28日(日)
・調査対象:キッズライン会員2,119名
・調査対象地域:全国
・調査方法:インターネット調査
※今回はキッズライン会員の中で、メールマガジンの受信設定を許可している方を対象にアンケートを実施いたしました。アンケートは継続的に実施してまいりますが、今後は広く会員の皆さまにご回答いただけるように配信して参ります。

■サポート中の録画・録音機器のモニターテストを開始いたしました

ベビーシッター・家事代行利用における安全性の向上、注意喚起の見直しとして、見守りカメラやボイスレコーダー等の録画・録音機器のモニターテストを2020年7月1日より開始いたしました。

今回は400名以上のご利用者様にモニターテストにご協力いただき、ベビーシッター・家事代行利用時に使いやすい機器の選定を行います。また、モニターテスト実施時にはカメラやレコーダーの使用感に加え、サポートに関する率直なご意見をアンケート形式でご回答いただき、サポーターの選考プロセスや研修の改善に役立ててまいります。

■カメラ・レコーダーモニターテストのスケジュール

2020/6/23 カメラ・レコーダーモニター募集開始
2020/6/28 カメラ・レコーダーモニター募集終了
2020/6/29 モニター当選のご連絡
2020/7/1 モニターテストの開始
2020/7/31 モニターテストの終了(レポート提出)

■現状の改善および安全対策の取り組み状況

現在弊社が検討している対策は以下の通りです。

【対策の概要】
・サポート中の評価制度の見直し
・選考プロセスの見直し
・研修方法の見直し
・利用における注意喚起の見直し
・トラブル発生時における利用者の方々への周知方法の見直し

また、できるだけ早い段階で、以下の対策を実施いたします。

【具体的な対策】
匿名でサポートセンターに連絡できる報告フォームの導入(2020/6/18実施)
・サポート中の監視カメラ等の録画・録音機器利用のテスト(2020/7/1開始)
・安全性向上に向けたお客様およびサポーター様へのアンケート(継続実施)
・サポーター登録時の資質などを見る診断テストの導入検証
・サポート中の定期的なモニタリング
・自治体などとの犯罪歴データベース共有に関する働きかけ

弊社では、お子様の安全を第一としたプラットフォーム運営に取り組んでまいります。

安心安全対策10箇条および最新のキッズラインの安心安全への取り組みについては、運営からのお知らせや下記ページにも追記してまいります。

■安心安全対策10箇条

https://kidsline.me/about/safety

本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。