お知らせ2016年11月07日(月)

仕事も人生も驚くほど視野が広がる! “セブ島プログラミング留学”付きエンジニア大募集!

【プレスリリース】
株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長: 経沢香保子)は、1時間1,000円~即日予約可能な安全・安心のベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」のエンジニア採用において、希望する内定者には入社前研修として【セブ島プログラミング&英語留学】の機会を会社負担で提供することになりました。

画像

◼︎転職と転職の合間こそ、自分に大きなインプットを与えるチャンス!
ずっと同じ環境で働いていると、そこでの価値観や考え方が当たり前となり、その常識の中で生きてしまうもの。転職と転職の間は、これまでの会社での考え方や働き方を一度リセットして、“本当に自分がやりたい事が何なのか”、次の人生の展開をじっくりと考えられる好機です。このセブ島留学研修を、異国の環境に身をおいて自分自身と対話する機会に活かし、「社会の役に立つ」「未来をつくる」キッズラインの仕事に誇りを持って歩んで欲しいと考えています。

◼︎エンジニアとしてのキャリアアップをしてほしい
アプリ開発に携わってきた方にはRubyを、WEB開発に携わってきた方にはSwiftを、上流行程に携わっていた人は現場プレーヤーとしてのスキルを磨くなど、個々のスキルセットに応じてカスタマイズして作成する1ヶ月間のセブ島プログラミング留学研修を通じて学べるため、これまで以上にエンジニアとしてのキャリアを広げることができます。さらに、英語の学習やフィリピンの現地視察の時間も設けているため、プログラミングだけでなく英語のスキルアップにも役立ちます。

◼︎フィリピンはアジアトップの女性活躍先進国!日本に足りないものは?
世界経済フォーラム(WEF)のジェンダー・ギャップ指数はアジアトップの7位(※)と、フィリピンでは女性活躍が進んでおり、その女性たちを支えているのが、ベビーシッターや家事手伝いを担うメイドの存在と言われています。日本では考えられないほど進んだ女性の社会進出の現状、貧富の差、そして、成長しようとするエネルギーを、フィリピンでの留学生活で触れることで、日本に足りないものやこれから必要なものに気付き、「日本にベビーシッターの文化を」を掲げるキッズラインを支えるエンジニアとして、新しいサービスを創り出して欲しいと考えています。
(※)※世界経済フォーラム「ジェンダー・ギャップ2016」より

キッズライン代表の経沢も、たった1週間のフィリピン留学で人生を変えるほどの衝撃的な経験をしました。このセブ島プログラミング留学が、グローバルで戦える人材になるためのきっかけとなり、エンジニアとしてのスキルアップにつながることを期待しています。

キッズラインへの転職を通じて今までにはなかった自分に気付き、未来につながる仕事、本当にやり甲斐を感じ、社会貢献に繋がる仕事に打ち込みたいという情熱をお持ちの方のご応募をお待ちしております。

▼キッズラインメンバーについてもっと詳しく知りたい方はこちら
https://kidsline.me/corp/team-colors

▼応募ページはこちら(Wantedlyで詳しく募集内容について紹介しています)
https://www.wantedly.com/projects/73551

*こちらもご覧ください*
▼キッズラインがセブ島プログラミング留学研修を始める3つの理由
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/41428
▼キッズライン代表インタビュー「たった1週間のフィリピン留学が私の人生を変えた」
https://kidsline.me/magazine/article/54

<こんな人が合っています>
◎もっと社会に貢献できる仕事がしたい
◎キッズラインには興味あったが、未経験の言語で応募できずにいた
◎そろそろ人生の視野を広げたい。
◎新しいことにチャレンジしたい!
◎学習に飢えている
◎次に作るなら、世の中を変えるサービスを作りたい
◎社会問題の解決に技術を使いたい

<こんな方にお会いしたいです>
・技術で世の中を良くしたい
・優秀なエンジニアと一緒にもっとスキルを磨きたい
・toCのサービス開発経験がある
・自分の得意言語について語れる(言語問いません)

◼︎セブ島プログラミング留学研修とは
この研修は、「グローバルに活躍する人材を育てる」NexSeed Inc.(所在地:フィリピン・セブ島/代表:高原大輔氏)と「フィリピン留学専門エージェント」株式会社セブ社会人留学(本社:東京都世田谷/代表:若村雄介氏)の協力により実現したものです。今回は株式会社キッズライン向けに、プログラミング学習、英語学習、現地視察を含むキッズライン独自の留学コースを用意しました。

◼︎KIDSLINE(キッズライン)とは https://kidsline.me/
「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスとしてスタート。東大などの優秀な学生の登録も増え、親御さんのニーズも増えてきたため子どもの対象年齢を15歳まで引き上げ、家庭教師サービスも展開します。オンラインでのメリットを活かし、事前に全サポーターの詳細なプロフィールが見られるばかりではなく、利用者全員の口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用サポーターがわかるなど、安心して手配する事が出来るため人気。リピート率は約80%となっています。日本最大級のビジネスプランコンテストIVS LaunchPad2015の優勝でますます注目が集まり、個人のみならず法人導入も盛んで利用の裾野を広げています。
ベンチャーの登竜門「IVS LaunchPad2015」で優勝した際の動画はこちらからご覧ください

◼︎取材のお願い
私たちキッズラインは、女性が輝く社会の実現に向け「日本にベビーシッター文化」を広めるべく活動しています。待機児童問題、そして女性リーダーを増加させるという政府の目標達成に貢献すべく、日本にも安くても安全・安心に利用できるベビーシッターが必要と考えています。また、全国に70万人いると言われる潜在保育士の活躍を支援することで、日本の育児環境改善、女性の社会進出や少子化問題の解決の一助となると考えています。
育児支援やベビーシッターなどの現状に関するデータなどもございます。ぜひこの活動を広めるために、取材等ご協力いただけますようお願い申し上げます。
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

◼︎会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: https://kidsline.me/

◼︎本リリースに関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
電話番号:03-5770-8610 FAX番号:03-5770-8611
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

<キッズラインの取り組み>
▼キッズライン待機児童解消プラン
『待機児童はなくなるのか?!保育園落ちたけど日本死なずにすむ方法』

画像

▼1時間1000円〜のキッズラインだからこそ。月1万円台からのベビーシッターのご提案
『知らない人は損してる?!月1万円台から始めるベビーシッター入門』

画像

本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。