幼稚園や学校に通うお子さんの弁当作りや家族のお弁当づくりは大事な家事のひとつです。毎日作るとなるとメニューや献立を考えたり早起きして作ったりなど朝の負担が大きいですよね。そんな方は家事代行サービスでお弁当作りを手伝ってもらうことを検討してみるのはいかがでしょうか。キッズラインの家事代行なら料理が得意なサポーターさんも多数在籍しているため食事の内容に不安がある方でも安心して使うことができます。お弁当代行を利用して、お弁当づくりの負担がどのくらい軽くなるか試してみませんか。

「お弁当作りが苦痛!」な方の悩みを解決する家事代行

image
お弁当を作る機会が多い人にとって苦痛なのが、「今日は、なんのおかずを入れよう?」とレシピを考えることです。


お弁当箱って、意外とスペースを埋めるのが難しいですよね。自炊している方であれば前日の夕飯のおかずをつめればいいのですが、毎日食べるものが同じだと飽きてしまうため、節約のためと割り切ってもだんだん続かなくなってしまうことも……。

お子さんがいる方は、「なるべく毎日、違うおかずを入れてあげたい」と思うものの、出勤前の早朝から栄養面にも配慮したお弁当のレシピにこだわるのは、負担が大きいでしょう。

家事代行サービスを利用すれば、お弁当のレシピを考えるストレスから解放され、貴重な朝の時間も有効活用することができます。
image

キッズラインの家事代行、特徴はリーズナブルさ

image
家事代行業界の相場は1時間あたり2000円~3500円程度となりますが、キッズラインでは1時間1000円(手数料別)〜依頼が可能です。キッズラインは家事サポーター自らが時給やオプションの価格を決め、親御様・家事サポーター双方から、ご利用料金から手数料(単発予約の場合22%(税込)、定期予約の場合11%(税込))をいただいております。そのため、一般的な家事代行相場と比較いただくとご利用しやすい価格設定となっています。

低価格を実現できる理由や料金形態について

お弁当に冷凍食品ばかりはイヤ! という健康派にオススメの家事代行の内容は?

image
すべて手作りにすると種類が多くて手間がかかる、お弁当のおかず作り。かといって、冷凍食品に頼ったお弁当は、添加物が気になって自分で食べる場合もお子さんに持たせる場合でも、気が引ける方も多いです。

家事代行のサポーターさんにお願いすると、塩分量の調整をしてもらえたり、栄養バランスを考えてもらえたりするため、野菜たっぷりのカラダにやさしいお弁当にできます。また、おかずの彩りといった見た目への配慮や、お弁当箱に合わせたサイズでおかずを作ってもらえることも、毎日お弁当を持っていく際にはうれしいポイント。

お子さんのお弁当の場合は、苦手な食材があると作れるメニューに限りが出てきて、さらに献立を考えるのが難航しますよね。
作り方を少し工夫すると、子どもの好き嫌いは克服できたりします。家事代行のメリットは、自分では思いつかないおかずを作ってもらえること。お子さんも、いつもと違うおかずだと、苦手な野菜も食べられるようになるかもしれません。

毎朝5分つめるだけ! 家事代行なら忙しい朝のお弁当作りもラクラク続けられる

image
お弁当作りのポイントは、「簡単に毎日続けられる」ことです。週1回2時間の家事代行サービスを依頼すると、5〜7品のおかずを作ってもらえます。

レシピのオーダーをする際は、お弁当用サイズの小分けにしてもらい、「あとは焼くだけ」のものと「冷凍できるおかず」も含めてもらうのがコツです。調理済みのおかずだけですと、2〜3日で使い切る必要があるので、保存の効くものがオススメです。
image
たとえば、冷凍したグラタンをシリコンカップに入れてもらえば、そのままお弁当箱に入れられて、保冷剤代わりになります。また、ラタトゥイユやハンバーグなどはお弁当の定番メニューな上に、アレンジも効くので使い回しも。

そのほか、ブロッコリーやアスパラなどの彩り系野菜は、下ゆでして冷凍保存してもらうと便利です。温めてつめるだけなら、最短で5分ほどで完成できるので、朝食の準備や出勤の支度など忙しい朝でも無理なく続けられそうですよね。

お弁当だけでなく、夕食のおかずに回せるのでコスパがいい

image
節約しようと思って、お弁当を作るのに家事代行を頼んだら逆にお金がかかってしまうんじゃないか?と費用面を気にされる方もいると思います。

実際に利用された方の費用内訳を見ると、次のようになります。

(家事代行サービス時間)2時間
(家事代行サービス料)約4,800円
(依頼した品数)5〜7品
(食材費)約2000円
(まかなえる日数)週2回のお弁当+平日5日分の夕食
(一食分の費用)約1,000円


コスト面だけに注目すると、ランチ代と家事代行を利用した際の一食分のお弁当の金額は、1000円前後なので外食やコンビニ弁当などとそこまで差がつかないかもしれません。ですが、家事代行の大きなメリットとしては、お弁当のおかずを作り置きすることで、夕食もカバーできることです。また、市販よりも自分の好みに合わせた調理や食材でカスタマイズできるため、健康的でおかずのバリエーションもあります。
image
市販のお弁当や、冷凍食品のおかずは、揚げ物類が多いです。とはいえ、デパ地下のお弁当のように、野菜たっぷりで低カロリーなど凝ったおかずやお弁当を選ぶと、1000円以上する場合が多いので、毎日食べるには予算オーバーでしょう。

「節約のために」とお弁当だけ自炊するには、一人暮らしの方だと食材を余らせたり、作る手間がかかりすぎたりと、ハードルが高いです。また、持って帰ってきたお弁当箱を洗う手間もあるので、作るところからぜんぶ自分でやると、労力のわりに節約につながりにくいと感じる方もいらっしゃいます。

手間や食材、いろいろな面で天秤にかけたとき、家事代行サービスの作り置きお弁当は、コストパフォーマンスが高いと判断されるユーザーさんは多いようです。そのため、健康に気をつかっている方やお子さんのお弁当を作る頻度が高い方は、家事代行サービスでお弁当と夕食のおかずとして利用されています。
image

実際に使ってみた人の声

image

小学校6年間のお弁当生活を考えゾッとしたけど、家事代行が強い味方に!

利用者の声:“子どもが小学校にあがり、今春から毎日お弁当生活に突入。これが6年続くと思い、ゾッとしていたが家事代行で依頼する、という選択肢があると知り、頼んでみたらラクちんすぎた!”


1〜2回の行事に合わせたお弁当作りなら、気合いを入れて臨めますが、毎日でしかも6年間となると想像するだけでぐったり。__ 日々の夕食作りだけでも大変なので、お弁当は家事代行でサポートしてもらって、乗り切りたい__ですね。

食中毒にも配慮した小分けおかずで朝はラクちん

利用者の声:“食中毒や健康面も考えて、レシピを考案してもらった。おかずもアルミカップに小分けにしてもらい、朝は詰めるだけの状態に。”


夏場はとくに、食材が傷みやすいので食中毒が気になりますよね。小分けにしてもらえる点も、手間が省けてお弁当も負担にならずに済みそうです。おかずの調理法もリクエストできるので、塩分や糖分を控えるなど健康にも気をつかえて安心です。

image

毎回マンネリのお弁当おかずにさよなら!

利用者の声:“お弁当ならではの、たくさんの種類を作るのが大変。毎回ありきたりのおかずになってマンネリ化するのが気になっていたけど、家事サポーターに頼むとバリエーションが増えてよかった。”


お弁当は、おかずの種類が多く、1品の量は少ないので手間がかかります。お弁当に向かないおかずもあるため、レシピを考えてもらえるのは助かりますね。憂うつなお弁当作りも、家事代行を利用することで新しいメニューとの出会いになって楽しみになりますよね。

お弁当作りの時間を子どもとの朝食タイムに

利用者の声:“お弁当作りにあてていた時間を、ゆっくり子どもと朝食をとる時間にかえられた。気持ちにも余裕ができ、お弁当作りのストレスから解放された!”


共働きのご家庭は、お子さんと過ごせる時間が短くなってしまうので、少しの時間でもいっしょに居られる時間は貴重ですよね。ゆっくり朝食をとれるだけで、出勤前に気持ちのゆとりをもてて、いい1日をスタートできますね。

お弁当の家事代行で準備しておくものはなに?

image
作ってもらいたいおかずに合わせて、お鍋やフライパン、調味料といった普段お使いになっている調理道具類をはじめ、メニューに必要な食材をご用意ください。作って欲しい分量に合わせてご用意いただければ、サポーターさんが臨機応変に対応してくれます。

お弁当のレシピは、「冷凍できるもの」や「最後に焼くだけ」など、ご希望をお伝えいただければ、お弁当に入れて傷みにくいなど配慮して、サポーターさんがメニューを考えて提案してくれますよ。

食材のアレルギーや苦手なもの、味付けの濃さなども事前にお伝えいただくと満足度が高くなりますよ。
image

あわせて読みたい

家事代行の料金・安い値段でキッズラインが提供できる理由
掃除を家事代行で頼む場合
お風呂掃除を家事代行で頼む場合
水回りの掃除を家事代行で頼む場合
キッチンの掃除を家事代行で頼む場合
洗濯物たたみ、アイロンがけを家事代行で頼む場合
引っ越し準備を家事代行で頼む場合

「好き」「得意」を生かして働く

家事代行のお仕事に興味がある方へ