学生時代に起業し、失敗も成功も経験した上、現在はそのご経験を生かして起業支援のビジネススクール「K2アカデミー」を運営する伊勢隆一郎さん。キッズラインが実施した「みんなで作ろう!#ママのノー残業デー」という子育て中の家庭を支援するクラウドファンディングに多大なる寄付をしていただいたことのお礼として対談を実施。伊勢さんの転機や支援に対しての思いを伺いました。

ー 「運」と「転機」

経沢:伊勢さんは、起業も経営も長くやってますよね?

伊勢:そうですね、経営者になって今年16年になりますね。

経沢:すごい!10年も続かない会社も多い中、どうして長続きできたのですか?

伊勢:うーん...やっぱり「」ですね。

経沢:「運」という強い2文字の言葉が出てきましたね!運気を上げるためにやっていることはなんですか?

伊勢:そうですね...

経沢:やはりクラウドファンディングに参加することでしょうか?(笑)

伊勢:そういうことにしておきましょうか。(笑)
image

ー 世の中に根付くことをやりたい

経沢:伊勢さんはすごく多くの方に支持されていますよね。私も親切にしてもらって…やはり、人のためになることをすることは大事ですね。転機はありましたか?

伊勢:学生の時に起業したのですが、思ったように上手く行かず、最初はとにかく自分が食べていくことが精一杯でした。でもその後だんだんと毎日働くうちに少し安定感が出たので、世界中を旅したいと思ってフィリピンの在住したこともありました。
世界中を旅したいと思って行ったはずなのですが…あまりにも暇で、ライブチャットで日本人の方と話しているだけの時間が続くことがありまして…(苦笑)

経沢:え!?せっかくフィリピンにいるのに日本人の方と?!

伊勢:そうなんです。(笑)その時に「自分は何しているんだろう」「自分の人生はこれでいいのだろう?」と思って、時間の使い方や生き方について真剣に考えはじめました。最初は時間の面でもお金の面でも自由になることがゴールだと思っていましたが、海外在住を機にみんなと世の中に残って根付くことをやりたいと思い始めましたね。

ー クラウドファンディングを通して、新しい選択肢を

image
経沢:今回の「ママのノー残業デー」プロジェクトにご協力いただいた理由を教えていただけますか?

伊勢:経沢さんの「社会をよくするために事業がある」という考え方が魅力的だと思い、そして僕自身はまだ経験がないのですが、仕事を育児を両立しているご家庭を応援したいと思い寄付させていただきました。

経沢:ありがとうございます。ご自身の会社にも子育て中の社員の方々がいらっしゃると思うのですが、日本でのベビーシッターの需要についてどう思いますか?

伊勢:日本で必要だと思います。世界中で視察を行なっていますが、日本の女性の社会進出率の低さは、先進国ではありえないくらい低いと思います。ある意味、誰と結婚するかで人生が決まってしまうこともあるので、日本の女性はまだまだ選択肢がないと思います。
image
そこでこのクラウドファンディングを通して、ベビーシッターという選択肢を経験するだけで、何かあったとき、困ったときに助けてもらえる場所を作ることができ、人生の選択肢が増えると思います。体験から通して変わっていくということもあると思いますので、今回のクラウドファンディングを通してより多くの過程がその選択肢を体験してくれたらと思いました。

ー 「クラウドファンディング」という新しい形で応援する

経沢:このようなクラウドファンディングは他にも参加されたことはありますか?

伊勢:そうですね、子供達に英語を教えることで自立したビジネスを実現することだったり、ガンのセンターを作りたい、というクラウドファンディングに参加したことはあります。

経沢:社会貢献のクラウドファンディングを中心に参加されているようですが、クラウドファンディングという形で支援する理由はありますか?

伊勢:社会を見ると、良い活動をしているところ全てに対して国がお金をだすということもなかなか難しくて、資金が集まらない結果本来やりたいことができないという団体も多くいると思います。
image
昔はなかったのですが、今ではこのようにインターネットを通して、直接その団体や企業に寄付することができますよね。寄付は株主と違って、リターンや利益が欲しいわけではなく、本当に応援の思いで支援することができる素晴らしい仕組みだと思います。「その人が幸せになって欲しい」と思い、その願いが叶うのが本当の報酬ですね。

ー 日本のママに伝えたいこと

経沢:日本中の子育て中のママたちに伝えたいことはありますか?

伊勢:やっぱり、キッズラインを使うことですかね。(笑)

経沢:ありがとうございます(笑)
image

経沢:日本はみんな真面目だからか、「女性はこうであるべき」というイメージが多くて、大変そうですよね。ママであり、妻であり、働いていたら社員でもあり…と、役割が多いですよね。だからこそ、1人で頑張りすぎるといつか破綻するので、選択肢としてアウトソーシングを自然に選べたらいいなと思います。

伊勢:そうですね。海外では当たり前のように使われているベビーシッターが、これから日本でもっと一般的な選択肢になることを応援してます。

image

伊勢さん、ありがとうございました!

ママのノー残業デープロジェクトについて

今回伊勢さんには20万円を寄付していただき、また皆様のご協力・ご支援のおかげで合計182万円の資金を集めることができました。集まった資金は全て日本中のご家庭に「1ヶ月分のベビーシッター代(2万円)」としてプレゼントさせていただきました。4社の社員の方々、そして70世帯の個人のご家庭にベビーシッターがある生活をプレゼントすることができました。

クラウドファンディングの公式ページはこちら
(CAMPFIRE)

image

~ キッズラインとは ~

1時間1,000円から、即日手配も可能!お子さまを預けたいママ・パパとベビーシッターをインターネット上で繋ぐマッチングサービスです。子どもの対象年齢は0歳から15歳まで。産後ケア、英語レッスンや家庭教師もご依頼頂けます。

事前に全シッターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、またFacebookで繋がる友人の利用シッターがわかるため、安心して手配する事ができます。
画像

~ キッズラインを選ぶ理由 ~

1. リーズナブル
登録料、月会費 0円!1時間1,000円からご利用いただけます。

2. 安心・安全
身元・経歴確認の後、面談と研修をクリアしたベビーシッターだけが登録されています。

3. 自分で選べる
お子様やご家庭のニーズ・スケジュールに合わせてベビーシッターをお選びいただけます。