※この記事は有料note2016年6月~8月に掲載されたものです。

「多くの人が婚活をしてるけど、結婚をゴールにしてる人は結婚できません」

そんなコメントを、ネット婚活会社の社長さんがされていた。

よく言われる言葉だとは思うけど、おっしゃる通りだと改めて痛感した。
それは、「結婚、結婚」と焦って婚活している人からは、相手は狂気のようなものや、もはや「狙われている」的な恐ろしさを感じるからかもしれないし、

なによりも「ゴール」っていう意味は「最終的な目標値点」という意味だから、結婚は、二人を含めた関係者の人生のスタートなので、そもそも違う。

じゃあ、どうゴール設定したり、どう考えればうまくいくだろうか。

どんな夫婦になりたいか、そして、どんな人生を送りたいか、つまり「お互いの人生ビジョン」を一致させ、そのために互いにどんな貢献が出来るのか、日々楽しく話し合えれば良いのかもしれない。子供が生まれれば新しい家族の形になるし、子供が成人してからはまた二人が向き合う事になる。永遠に互いが支え合い愛し合うような夫婦。二人がどんな人生を送りたいか一致する事が大切なのだと思う。

かくいう私はそれが出来ていなかったと思う。長年つき合った相手に結婚しようと言われたら、断るのは女としてどうかという気持ちもあった。じゃあ、おつき合いしている時に、人生ビジョンを語り合えたかというと、恥ずかしくて出来なかった。もしかしたら「俺は違うかもな」と言われるのが怖くて言えなかったのかもしれない。平和が長く続けば良いと思っていたから。

でも、それは逃げだったし、私の弱さだったと今ならわかる。というか、間違っていたと結果から学んだ。

会社だってそうだ、「上場しよう」「一緒に成功しよう」一見美味しいゴールをちらつかせて入ってきた人は、上場すれば必ず辞めてしまった。それよりも「一緒に一流の会社を創ろう」「困難を乗り越えて成長していこう」と一緒に会社の礎をつくる事にコミットしたなら、その人はどんな事があっても辞めなかった。
もちろん、ビジョンを語るのは勇気がいるかもしれない。そもそもビジョンがないかもしれない。でも、人生を歩み、幸せになるという事はそれが必要だ。ゴールが明確な人は力が出るし、人を巻き込む事が出来る。

逆に、それが、なければ漂流してしまうかもしれない、船に向かう先がなければ、常に不安がつきまとい、なんとか平和であろう、なんとか逃げ切れる事ばかり考えてしまうかもしれない。

だから、その先を考えよう。そうすれば何を自分は大切にしているかがわかり、同じ価値観を大切にしている人と力をあわせる事が出来るだろう。

最近テレビで、都知事候補に挙がった桜井氏が、「息子がこれから30年40年とテレビの世界で生きていく事を考えたら、家族に迷惑をかけるので立候補できない」と言っていた言葉が印象的だった。

目先のゴールではなく、長い視点で幸せを考える時、選ぶべき相手、とるべき判断が明確になるのだろう。


image

image