今回は助産師の経験を活かしながら、夢だった働き方を実現した阿部直子さんへのインタビュー記事をお届けします。

自分の時間の使い方は、自分で決める

image
ー阿部さんの自己紹介をお願いします。

阿部直子です。都内を拠点として、ベビーシッターとして働いています。この仕事を始めたのは2年前で、それ以前は17年間、助産師として病院に勤めていました。

ーキッズラインに登録したきっかけを教えてください。

勤めていた病院が多忙で、やらなければいけない業務が多く、自分の時間を作れなかったことから働き方を見つめなおすようになりました。大きな組織ですから、一個人のやりたいことを優先することはできません。「自分の時間の使い方は自分で決めたいな」そんなふうに思って、病院を辞めることを決意しました。

そんなとき、同じタイミングで病院を辞める助産師の同僚がキッズラインを紹介してくれたんです。自分でスケジュールを決められる、というのはまさにわたしが望んでいた働き方。そうして、ベビーシッターとしての活動を始めることにしました。

ー知人にすすめられたことがきっかけだったんですね。

自分自身よりも、他人のほうがときにわたしのことを分かっているような気がします。特にわたしの場合、周りのすすめで始めたほうが自分にしっくりくる選択となったことのほうが多かったので、挑戦することにしたんです。

夢だった仕事が実現

image
ーベビーシッターとなると、助産師よりも相手にするお子さまの年齢が上がるかと思いますが、不安はありませんでしたか?

不安はありました。助産師として子どもたちにたくさん触れ合ってきたものの、保育となると経験がなかったので…。最初は、なるべく出産直後のお子さまからの依頼を受けられるようにプロフィールにもその希望を書いていました。それとともに、キッズライン大学などを利用し、保育のことも学びました。子どもとの接し方、遊び方など…。
image
そのかいもあってか、2年目となるいまは、定期のお客さまでスケジュールが埋まっています。シッティング回数を重ねるごとに、ご家庭や子どもたちそれぞれの特性も分かって、対応ができるようになりました。また、保育園へお迎えに行くと、マスクをしていてもわたしのことが分かって駆け寄ってきてくれるんですよね…。保育の仕事って素敵だなあ、と噛みしめています。

ーご自身の経験を活かしながら、できることを増やしていったんですね。

実は、病院を辞めた大きな理由がもうひとつありました。勤めていたのが大きな病院で患者さんがたくさんいらしたので、継続的に向き合うというよりも、たくさんの方たちを代わるがわるみていました。それがお仕事なんですが…わたしはもっと、ひとりひとりと、長く、先も見据えたお付き合いができる働き方がしたかったんです。

2年目を迎えてから有難いことに定期依頼を複数いただき、「また来週ね」と言って子どもたちとバイバイすることができています。赤ちゃんだった子たちが、言葉を覚えたり、一生懸命歩き出そうとしたり…そういった成長をお母さまと見守れる。病院を辞めると決めたときに、ぼんやりと思い描いていた夢が、いま叶っていると実感しています。

得意な人が、得意なことをすればいい

image
ーキッズラインを通して、阿部さんの理想の働き方が実現できたんですね。キッズラインを利用してのメリットは、ほかにどのような点がありますか?

得意を活かせることですね。シッターが自分自身でプロフィールを書き、やりたいことや得意なことなどをアピールし、それを見て親御さまが依頼するか決める…そのような流れなので、ニーズのマッチングがしやすいと思います。

人それぞれやりたいことも得意も当然異なります。病院に勤めていたとき、母親学級の先生も、助産師としては大事な仕事でした。しかし、助産師の中には、お母さまや赤ちゃんとは関わりたいけれど、人前に立って話をするのは苦手だ…そんな人もいます。

キッズラインのようなマッチング型のサービスであれば、自分の得意なことを仕事にできる。やはり、得意なことを得意な人が行った方が、相手にとっても良い影響を与えられます。

ー阿部さん自身も、プロフィールでベビーマッサージのレクチャーや抱っこ紐のお試しなど、できることを提案されていますね。

そのおかげで、わたしがやりたいことを必要としてくれる親御さまに出会えています。特に、いまの時期は、感染症への不安でなかなか人に会うこともはばかられますから、相談できる相手というのを必要としている人が多いのではないでしょうか。

助産師がベビーシッターとして活躍をすることへのニーズの高さを感じています。最初は時給を1600円に設定していましたが、3年目を迎えようとしているいまは2000円です。それでも継続してご依頼いただいていますので、その分の価値は提供できていると思いますし、需要もあるのでしょう。

ー阿部さんがお子さまと接するとき、大事にしていることはありますか?

もちろん、知識や経験も仕事の支えとなりますが、なによりも気持ちですね。「わたしは喜んであなたの保育をしているんだよ」という気持ちをもってシッティングしています。ちいさい子どもたちとは、うまく言葉でコミュニケーションをとることは難しい。でも、気持ちは伝わっていると思うんです。

image
双子のシッティングやイヤイヤ期のお子さまのシッティングになると、わたしも気持ちに余裕ができなくなることもあります。そんなときは、「ちょっとだけ深呼吸してもいいかな?」とお願いをして、2,3回、深い呼吸を繰り返すんです。そうやって気持ちを落ち着かせています。

ー今後もキッズラインでベビーシッターを続けられていきますか?

はい!夢だった働き方ができていて、必要としてくれるご家庭があるので、続けていきたいです。また、もっとできる範囲も広げていきたいですね。いまは産後ケア、お母さまのサポートの知識も増やしていきたいと思っています。家事代行サポーターとしての活動もしてみたいです。

image
昔のわたしのように、キッズラインに興味を持っている人にも、この働き方を伝えていきたいです。週1回からの活動でも始められるのが、キッズラインのいいところ。せっかく芽生えている関心なので、挑戦してほしいですね。

ー今後も阿部さんが様々な形でご活躍される姿がイメージできました。本日はありがとうございました!

阿部さんへのサポート依頼・プロフィール確認はこちらから

キッズラインでベビーシッターとして活動し、たくさんのお子さまの笑顔を増やしませんか?

キッズラインではすでに4,200名以上の方がベビーシッターとして活躍しています。もし「キッズラインのベビーシッターという働き方に興味がある」「少し話を聞いてみたい」という方がいらっしゃいましたら、まずは登録説明会へご参加ください。お待ちしております。
↓参加はこちらから↓
画像