日本全国に151店舗、海外11か国・地域205店舗(2020.10現在)を展開するグローバルアイウェアブランド「OWNDAYS」の経営者であり、2018年9月には同社の再生記を描いた「破天荒フェニックス」、2020年4月にはビジネス本「大きな嘘の木の下で」を出版し、プライベートでは3児のパパでもある田中修治社長。今回キッズライン代表経沢がいい夫婦の日を前に、田中社長に夫婦の良い関係を保つ秘訣を伺いました。田中さんが実践されている、良い夫婦関係を築くために大切にされていることとは?

モットーは「明るく・楽しく」。そのためにみんなの力をかりる

image

経沢:今日はよろしくお願いいたします。キッズラインではベビーシッターサービスをスタートして5年以上、家事代行サービスは2年以上経ちました。たくさんの方に使っていただいてありがたいと感じていますが、家族以外に家庭運営を助けてもらうことに多少なりの罪悪感や抵抗感を覚えている方もいると聞きます。実際に、キッズラインを以前からご利用いただいている田中さんのご家庭はどのような感想を持たれていますか?

田中:うちは、僕が仕事で、奥さんが家事や育児という大きな役割分担がありますが、シッターさんに来てもらいたいときは頼んだらいいよと伝えています。理由は、家庭では、明るく楽しく過ごしたいので、生活していく上でお互いストレスを抱えすぎないことが大事だと感じているため、シッターさんには非常に助けられています。

経沢:「お互いのストレスが少ない」を目指すというのは素敵ですね。

image

田中:そうですね。仕事は仕事でいろんなことがありますので、家に帰ったら穏やかな雰囲気で過ごしたいです。妻にも、たまにはシッターさんにお願いして、女性として自分を磨く時間を作ってくれた方が嬉しいです。

うちの奥さんは料理や家事が好きで、家を綺麗にするのは自分でやりたいといつも言ってます。大げさに言えば、家政婦さんがくると先に掃除しちゃうタイプ。むしろ、子供をシッターさんにみててもらって、その間に掃除する時間を確保したいくらいの勢いですね。

経沢:そうなんですね!家事や掃除を手伝ってもらって時間や心の余裕を作って、お子さんはご自身でみられる方も多いです。お客様の声からは、様々な利用ニーズがあるのだなと毎回感じています。

平和な家庭を維持するために重要なのは「やりたいこと」をやる


経沢:11月22日は「いい夫婦の日」なのでぜひお聞きしたいのですが、ご夫婦で、長く良い関係を築いていかれるために大切にしている考え方などあれば教えてください。

image

田中:自分の仕事や人生のやりたいことを犠牲にしてまで無理に結婚したり、夫婦になるのはよくないと思ってました。

だからガムシャラに働いたというのもあるかもしれません。「平和で温和な家庭」を目指していて、それを維持するために何かを犠牲にする意識は持たない、ということを大切にしています。それは奥さんにも同じように思って欲しいと伝え、よく話し合っています。それが自分の思う「いい夫婦関係」を築くコツかもしれません。

例えば、奥さんが専業主婦の方は、子供を保育園に入園させたくてもなかなか預かってもらえないのが現状ですよね。

経沢:そうですね、鶏が先か、卵が先かの関係になってしまってますね。

image

田中:そうそう。そう言う意味では、就職活動をするにしても、やりたいことをするにも、子供を産んだ後は誰かが育児をサポートしてくれないと何も始まらない。

事情によっては、物理的な距離や心理的な側面で、両親にも頼めない場合もある。

人によって家庭の事情は様々だから、そういうことを考えると、今まではベビーシッターはお金持ちしか頼めないというイメージだったし、キッズラインがきっかけで頼みやすくなったとしたらすごく意義があることだと思います。

例えば、自分は今「子供の虐待の撲滅」についてもライフワークで取り組み始めました。色々調べてみると、生活に余裕がない、お金がないという理由で子供に当たっちゃう人もいるようです。

出産を機に一度仕事をやめてしまうと、また働きたくなったときに働く場所を見つけるのが難しい問題は割とあると感じています。仕事に就きたくても就けないとしたら、経済的にも社会の居場所としても問題はなかなか解決に向かいません。だからこそ、ベビーシッターの存在がこの問題を是正する「きっかけ」になるということもあると思ってます。

経沢:本当にそうですね。ありがとうございます。

いい夫婦関係を保つコツは「週1回のデート」

image

田中:ベビーシッターは色んな頼み方があると思うんです。仕事が忙しくて育児を手伝って欲しい人もいるだろうし、専業主婦でずっと子供といたら疲れてしまうけど、たまにシッターさんに育児を手伝ってもらうとする。その時だけは「母」という部分から、ちょっと「自分」の素でいられるホッとできる時間があることは、妻も嬉しいだろうし、実は自分も嬉しいんです。

だから、我が家は、毎週二人だけの時間を作るためにシッターさんに来てもらうこともあります。

経沢:素敵ですね。行く場所や過ごし方はどうやって決めるんですか?

田中:毎回、行きたい場所を奥さんが探してくれるので、そこに行くようにしています。

経沢:素敵ですね。毎週のデートが夫婦円満の秘訣なんですね。

田中:夫婦関係がうまくいくコツとしては、「奥さんと仲の良い行動をとる」ということだと思います。仲の良くない行動をとるとそうなっちゃうけど、仲の良い行動をとるとだいたいうまくいきますね。

だから自分は奥さんに対して、意識してそのように接しています。例えば、どこに行っても「俺は奥さんが一番だ」と宣言していて、社員にも「俺は奥さん一筋だから」とか言い続けます(笑)。

経沢:もし、自分も奥さんなら旦那さんがそう公言してくれるのは、何よりも嬉しいですね。今日は素敵なお話を聞かせていただいて、ありがとうございました!

image

編集後記

家族として、夫婦として良いご関係を築いていくために、お互いを大切にされ合う素敵な夫婦関係を伺うことができました。また、奥さんの行きたい場所への週1デートや妻第一宣言の素敵なエピソードをお聞きして、とても羨ましい気持ちになりました。これからも田中さんのご家庭が温かくて穏やかであるよう、私たちもより良いサービスになるべく、精進したいと思います。この度は貴重なお話をありがとうございました。

11/22はいい夫婦の日!初回3000円分ポイントプレゼント中

image

素敵なご夫婦のエピソードをお読みいただいて、夫婦水いらずの時間を過ごしたいとお考えの方へ。ベビーシッターさんに依頼して夫婦デートの時間を作ってみませんか?キッズラインの初回利用3,000円分のポイントをご利用いただき、おでかけの前にお子様と相性の良いシッターさんを見つけていただけますと幸いです。

詳細はこちら
https://kidsline.me/information/iifufu2020