①先輩ワーキングマザーを囲んでのママ座談会

復職への不安や疑問を話し合う座談会からスタート。
ゲストとして参加したのは、2名のワーキングマザー。
岩橋ひかりさん ー キャリアカウンセラー、6歳と1歳の2児の母
渡瀬梢さん ー 人事責任者、1歳の娘と現在妊娠9ヶ月(2度目の産休中)
「復職前に準備しておくべきことは?」「復職してから起こった想定外のことって?」「周りが仕事も育児も完璧にこなしているように見えてしまうけど、実際のところどうなの?」というワーママにダイレクトに質問できる良い機会になったようです。「先輩ママの悩みが聞けてよかった」などこれから直面する多くの壁について事前に知ることが出来たという声も。これらの質問にワーキングマザーのお二人がお答えしてくれるのが…次のセッション、②現役ママキャリアカウンセラーの講演です。
画像

②ゲストスピーカーによるトークセッション

引き続き先輩ワーキングマザー2名のトークセッションを行いました。

岩橋さんのお話のテーマは「ライフステージの変化をチャンスに変えて、理想のキャリアを叶える方法」まさに復職前の皆さんが一番知りたいことではないでしょうか?出産でライフスタイルが大きく変わる時に一体どうすれば理想のキャリアを叶えられるのでしょう?参加した方はそのヒントを得ていたようです。
画像


岩橋さんからは「育休中・復職前に理想の姿を決め、それに向けて走り出していこう」というメッセージをもらいました。


渡瀬さんからは去年の10月からシッターを利用された経験談と、仕事と家事・育児の両立方法についてお話していただきました。
画像

近頃キッズラインでよく耳にするのは、「シッターを頼んでみたいけど夫や両親に反対されている」というお悩み相談。実は渡瀬さんのご家庭も実家のお母様から反対されたそう。しかし、母親とは異なる特技やバックグラウンドを持つシッターさんに来てもらうことで、子供が新しい価値観に触れることができるとわかり、ご家族も納得してくださったそうです!まずは思い切ってご自身や反対されているご家族が在宅の時に数回シッターを頼んでみるのも良いかもしれませんね。


渡瀬さんは「保育園に入園する前」に是非シッターを活用してみることをお勧めしていました。



③サプライズトークセッション



お二人の講演が終わり休憩が挟まるかと思ったその矢先、キッズライン代表の経沢香保子が登場!事前告知なしのサプライズトークに会場は騒然。「ぜひ皆様にお伝えしたいことがある」ということで特別トークが開催されました。



画像
キッズライン事業にかける強い想いと、『仕事と育児の両立には信頼できる育児パートナーが5人必要』と語った経沢。
「経営者として会社を成長させながら子どもを育てるには、ベビーシッターの助けが不可欠でした。しかし当時信頼できるシッターを手軽に探す術がなく、そして料金も高く、非常に苦労しました。そんな中、素晴らしい育児パートナーの方々と出会えたからこそ、事業を大きく成長させることができ、そして二人目、三人目の子どもを産みたいと心から思うことができたのです。そんな私自身の実体験から、『もっと気軽に、もっと安心して利用できるリーズナブルなベビーシッターサービスを作ることで、女性たちが育児をしながら夢を追い続けられる社会を作りたい』という想いが募り、この事業に乗り出しました」(経沢)



「経沢さんの熱い想いに圧倒された」「勇気をもらった」など大盛況となりました。

④キッズラインの概要・上手な使い方



休憩を挟んでいよいよ最後はキッズラインの活用レクチャーです。
「復職後、突発的な仕事が発生したらどうしよう」「子どもの急な体調不良時の対応は?」など、復職後は予期せぬ事態でいっぱいいっぱいだと思います。そんな時に使って欲しいのがキッズライン!シッター予約を24時間受付けていますし、突然の残業のときも、子どもの急病のときにもスマホから簡単に、当日来られるシッターを呼ぶ事ができます。このセクションでは、困った時にすぐ助けを呼べるように、アプリのダウンロード、無料会員登録といった初期手続きを実際にしていただきました。
画像

いざというピンチの場面でスムーズにシッターへ依頼できるよう育休期間中にやっておくべきことは、【シッターとの事前面談】と【慣らし保育】の2つです。
復職後忙しくなる前に、シッターさんと顔を合わせておくことが大切です。育休中に自宅にいながらシッターを頼んでみるのもいいですね。いざというときのために、今のうちにお気に入りシッターさんを見つけ、コミュニケーションを取っておくと安心です。
そしてキッズラインがオススメしているのは、週に数回、決まったシッターさんに固定で依頼する「定期利用」。1週間の中で「シッターの日」をあらかじめ決めておくことで、復職後も自分時間をしっかり確保し余裕を持って日々を過ごすことが可能になるのです。復職前の今だからこそ、しっかりシミュレーションをしておくことが大切ですね。

終わりに

座談会・ゲスト2人の講演、シッター活用術を通して「仕事と育児の両立のノウハウを具体的に聞け、何を準備すべきか明確になった」などの前向きなコメントを寄せてくださる方多数でした。仕事の時だけでなく、「美容院に行きたいから、数時間だけ」「旦那さんとの月1回のデート」など自分や夫婦の時間確保やリフレッシュのためにベビーシッターを利用する人もいますよ。たまにはワーキングマザーであることをお休みして自分を労わることも大切ですね。


ベビーシッターをうまく活用することで、復職後も理想の生き方ができるようになる、そんなポジティブな気持ちで復職準備カフェは幕を閉じました。


復職準備カフェ終了後のアンケートでは、たくさんの「満足」の声をいただきました。ご興味を持ってくださった方、どうぞお子様と一緒にお気軽にご参加ください!
画像


復職準備カフェはママたちのネットワーキングの場にもなっています。
お気軽にいらしてください。
画像
キッズライン復職準備カフェ申込ページ