日本で暮らしていても、日常的に英語を耳にする現代。「英語」というスキルは、子どもの未来にとっても重要な役割をすることでしょう。小学校でも英語のカリキュラムが導入されている近年では、幼稚園でも英語教育を取り入れているところが増えています。そこで今回は、子どものより良い未来につながる、幼稚園の英語教育について詳しくご説明します。

幼稚園で学ぶ英語教育とは

image
近年では、幼稚園で英語教育を取り入れているケースも珍しくはなくなりました。その背景にあるのは、どんどん加速するグローバル化社会です。2020年から始まった小学校の教育改革でも、「英語の教科化」が新たに導入されました。このことからも、教育の現場で、グローバルな人材の育成がいかに強化されているのかがわかります。

今や、英語やその他外国語が話せることはもちろん、世界の人々と共存する力が、未来の選択肢に繋がっています。だからこそ、「より早い年齢から、グローバルな感性とスキルを身につけさせたい」。そう願う教育者、そして保護者の想いが、昨今の幼児における英語教育につながっているのではないでしょうか。

幼稚園の英語教育を取り入れるべき3大メリット

社会的にグローバル人材が求められている背景から考えても、幼稚園で英語教育を導入する需要の高さは納得できますよね。では保護者、そして子どもにとって、幼稚園の英語教育は具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。よく挙げられる3つのメリットを確認していきましょう。

幼稚園期の英語教育は、高い習得効果が期待できる
幼稚園期の英語教育は、言語習得の観点からも効果的と期待されています。その理由は、子どもの柔軟性から。子どもは、脳の刺激による効果が表れやすいといわれています。それは子どもにとってあらゆるものが新鮮で、その1つ1つを強い好奇心と感受性で柔軟に受け止めていくからです。

そのため英語教育も、その力が強い9歳までに行うことで学習効果が表れやすいと考えられています。このような点から考えても、英語教育を取り入れている幼稚園や、習い事で英語に触れるというのは、とても有意義な活動となりそうですね。

多様性なモノ・コト・人について柔軟に受け入れる人へと成長
英語には、単純に日本語に訳せるものばかりではなく、その文化の違いがゆえに成り立つ表現も実在します。例えば、ハロウィンの日に子どもたちが仮装して近隣の家を巡り、お菓子をもらう際に唱える「Trick or Treat!(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)」。近年では日本でも馴染みが深くなったハロウィンですが、子ども達がこのフレーズを唱えながら家を巡るような光景を見かけることは少ないですよね。

つまり、ハロウィン文化が盛んな欧米に比べると、このような風習は「異文化」となります。ですが、英語を学ぶ上で「Trick or Treat!」というフレーズを子ども達が知ることで、文化を受け入れるきっかけとなることでしょう。

日本語ではなく、英語で考える力が身につく
グローバル社会で生き抜くためには、英語をはじめとする世界の言語で、自分の意見を述べられることが求められます。その際、日本語で考え、英語に直すのではなく、英語とグローバルな発想で考えることが必要です。その点、脳、そして耳から得る情報を受け取りやすい幼少期に英語を学ぶことで、自らのものとして言語を使いこなせるようになります。

特に英語と日本語は、文法や表現も大きく異なります。そのため、英語教育の年齢が高くなるほど、英語を「外国語」として扱うようになってしまうのです。この点から考えても、幼い頃から英語脳を育てることは大きなメリットといえるでしょう。

幼稚園の英語教育で注意したい2つのポイント

幼稚園で英語教育を取り入れることは、子どもにとって、そして見守る保護者にとっても大きなメリットを生み出すことでしょう。しかし、メリットの反面、幼稚園期の英語教育では、注意すべきポイントもあります。

日本語と英語、どちらも中途半端になる
幼稚園期に英語教育を取り入れることは、将来につながるメリットだといえます。その一方で、幼稚園では一日中英語づけ、家では日本語といったように、極端な教育を行うことで、どちらも中途半端に習得する恐れもあります。

もちろん幼いからといって脳のメモリー機能が小さすぎるということではありません。子どもの性格によって、どちらも使いこなす子もいれば、どちらの理解も中途半端になってしまう子もいるのです。子どもの性格や習得度合いを考慮しながら、その子に合った進度で学習していくことが理想的です。

無理をして詰め込む英語は「嫌い」の原因に
理由もなく嫌いな食べ物があるように、英語や学習そのものに興味を示さないこともあります。そのような場合に、保護者や幼稚園の先生が英語学習を強制すると、子どもはかえって興味や意欲を失せることもあるでしょう。子どもが自分から英語が楽しいと思えるような取り組みこそが、英語教育を成功させる秘訣といえます。

幼稚園で学ぶ英語カリキュラムとは

image
英語教育のメリットをより実感し、子ども自らが取り組みやすいように、幼稚園では「楽しい英語教育」を取り入れているようです。その具体例について詳しくみていきましょう。

歌やダンスで英語に触れる
幼稚園では、日常的に歌やダンスのカリキュラムを取り入れています。多くの幼稚園では、通常教育の延長として、英語で歌ったりダンスをしたりして、英語に親しむ時間を設けているようです。これによって、英語を「学ぶ」という退屈なものよりも、遊びの中で「今日の歌は、たまたま英語だった」といった自然な流れで取り入れています。

コミュニケーションで英語を身近に
大人でも英会話教室などで楽しく日常会話をしているうちに、必要な英語を習得したという人も多いのではないでしょうか。こういった効果は、もちろん子どもにも有効と考えられています。そのため、幼稚園では英語をネイティブ言語とする講師を招き、子ども達と会話する機会を設けているところもあります。日常会話として英語を話すことで、子ども達が英語をより身近なものだと感じられるカリキュラムになっています。

英語の教科書を使った学習は幼児に向かない
日本語の読み書きもおぼつかない幼児にとって、机に座り、呪文のような英語が書かれた教科書を眺める教育は、興味と集中力を奪うものとなることでしょう。
そのため英語を取り入れている幼稚園では、教科書は使わずに英語教育を行っていることがほとんどだといえます。幼児の興味、理解力に合った英語教育を取り入れることが、未来の英語学習への意欲となるのです。

このように幼稚園では、子ども達が楽しく、かつ自然に英語を習得できるカリキュラムが行われています。お友達と一緒に遊びの延長で英語を学ぶことで、子ども自身も自然な流れで英語に慣れ親しむことができるからです。

幼稚園以外で学ぶ英語教育の選択肢

幼稚園期の英語教育が有効とわかっていても、次のような理由から英語を導入している幼稚園を選ばない、選べないこともあるでしょう。

・行きたい幼稚園に英語教育が導入されていない
・集団教育だと集中力が続きそうにない
・より本格的な英語教育をさせたい    など

こういった場合にも、次のような選択肢で幼児の英語教育が可能になります。

英会話教室
近年では、多くの教育企業が運営している幼児の英語教室があります。季節の行事に関する英語の歌やダンス、動物の名前など、子どもの興味や関心をくすぐるカリキュラムで、しっかりと英語を学ぶことができることでしょう。またおうち時間が多い昨今では、ネイティブ講師とオンラインで会話する学習も進んでいるようです。

通信教育
子どものペースで英語を習得させたい場合には、おうちで学べる通信教育がオススメです。英会話同様、英語の通信教育は多くの企業が運営しています。なかには人気キャラクターが、英語カリキュラムを進める教材もあるため、アニメを観るような感覚で楽しく英語を習得できます。

親子留学
子どもだけが英語を学ぶのではなく、海外で親子一緒に英語を学ぶという選択肢もあります。長期休みの期間だけ、子どもは現地のプリスクールに通い、保護者は現地の英語学校へ通うなどそれぞれが学習の場をもうけるのも良いでしょう。

また、それぞれが習得した英語を滞在先の生活の中で披露しあうのも良い刺激になるかもしれませんね!とはいえ昨今では、海外旅行も行きにくい現状です。再び自由に海外を行き来できるようになったら、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

バイリンガルシッター
親子留学同様、英語をネイティブ言語とする人と日常的に会話することは、自然と英語を習得する効果が期待できます。キッズラインでも、バイリンガル対応のシッターや英語が得意なシッターが在籍しており「保けいこ(※)」として依頼する親御様もいらっしゃいます。

※保けいことは:保育+おけいこの意味。専門知識のあるシッターに送迎や子どもの保育を任せながら、習い事としても活用すること。
英語が得意なサポーター

まとめ

加速するグローバル化社会のなかで生き残る人材を育成するためにも、脳や耳の刺激を受け入れやすい柔軟な幼稚園期の英語教育は有効といえます。ただし、好奇心旺盛な子どもだからこそ、その興味と意欲を引き出す、楽しいカリキュラムが重要になってくるのです。そのため英語教育を導入している幼稚園を選ぶ際には、園児が楽しく英語に親しんでいるかをしっかり確認しましょう。また近年では、英語カリキュラムのある幼稚園を選ばなくても、英語教育の選択肢はたくさんあります。子どもに合った英語教育に取り組んで、ぜひ英語好きになってもらいましょう!