2人目の子どもはほしいと考えながらも、仕事をしているママパパにとって不安に感じるのが「保育園」の問題ではないでしょうか。1人目でも大変だった保活をまた繰り返すのかと思うと不安に感じてしまうのは無理もありません。そこで今回は、2人目の壁を突破するために知っておきたい、2人目の「保育園問題」の実態をご紹介します。

保育園問題」は、なぜ2人目の壁と感じてしまうの?



日本の子育て世帯を悩ます「待機児童問題」。共働き家庭において、保育園に申し込んでも入れないという待機児童の状態は、子どもを授かる上でも大きなハードルになっています。またこれは2人目育児ともなると、さらに深刻です。2人目出産・育児のために取得した育休中に、上の子どもが退園しなくてはならない自治体もあるのです。


もちろん育休中も保育園に在籍できる場合もあるため、住んでいる地域や園に十分確認することが大切です。しかし待機児童問題が解決していない現代において、こういった育休退園問題が加わることで、2人目の壁となっていることがわかります。

2人目の壁へとさらに追い込む「セカンド保活」

image


従来であれば、1人目が保育園に在籍していると2人目も入園しやすいという情報もあります。しかし近年では、育休退園問題はもちろん、たとえ育休中に1人目が保育園に在籍していても2人目の保活、つまり「セカンド保活」は容易ではない様です。では実際、どのようなセカンド保活が繰り広げられているのか詳しくみていきましょう。


時短勤務が保活の不利になる?
保育園の申し込みでは、ポイントによって入園の優先順位が左右されます。そのため、入園希望者の多い近年では「両親がフルタイム勤務であること」が入園の近道とされています。しかし1人目の保活時にはフルタイム勤務をしていた家庭でも、子育てや家庭の両立のために、時短勤務やパート勤務に切り替えることは珍しくはありません。


すると、2人目の保活の際にポイントが減ってしまい、フルタイム勤務の家庭に比べて優先度が低いと判断されてしまうことも。とはいえ、無理をしてフルタイム勤務にすることは家庭の平穏維持や健康面でも望ましいことではありませんよね。


1人目の子どもの保育園によっては、セカンド保活は2倍
育休退園となってしまった場合以外にも、1人目の子どもが保育園を退園しなければいけない状況があります。それは、0~2歳児対象の小規模保育園に在籍している場合です。0~2歳児対象の小規模保育園に在籍している場合は、子どもが3歳になると5歳まで預けられる保育園に転園する必要があります。そのタイミングと、2人目の子どもの保活が重なるとセカンド保活は2倍になってしまいます。


さらに一時退園や転園を機に上の子どもが保育園に在籍していない場合も、2人目の子どもに兄弟ポイントがつきません。

子ども2人が別の保育園!そこから生まれる2人目の壁



保育園の入所申し込みでは、「兄弟と同じ保育園に通いたいかどうか」を問われる項目があります。もちろん、ほとんどの家庭が「希望する」と答えるでしょう。しかし本来保育園の入所申し込みでは希望園を複数書くことができますが、兄弟同じ園だけにこだわると、入園できる範囲を狭めてしまうことになります。また、1人目の子どもが育休退園をしたことから、2人同時に新しく入所を申し込む場合、年齢の異なる2人分の枠が必要になるため、ハードルはさらに上がることでしょう。


つまり2人目の保育園入所申し込みでは、以下2つの選択肢を迫られることになります。


・待機児童をしてでも兄弟同じ園に入れる
・待機児童を回避するために、兄弟別の園でも良い


では、この2つの選択肢について考えるためにも、兄弟が別々の保育園に通った場合に起こる大変さをみていきましょう。


【保育園の送迎】時間と人手が足りない!
保育園の朝は、子どもと一緒に登園するだけではありません。園によっては教室まで付き添い支度を手伝ったり、先生への伝達を行ったりと、登園の際にやるべきルーティンがあります。朝の限られた時間で、家から保育園までの送迎、そして園でやるべきお支度をすることになりますが、2つの園の送迎を1人で行うのは、時間もかかり大変なものです。できれば家族の連携があると助かりますよね。


ただし、会社の通勤時間によっては、保育園の送迎をしていたら間に合わないこともあるでしょう。特に帰りのお迎えは、職場の就業時間によって間に合わないことも珍しくはありません。さらにはママパパのどちらかが出張や早朝出勤、残業などで送迎が難しい場合もあり、1人で対応しきれないといったケースも想定されます。


【保育園の行事】日程が重なったら?何度も休める?
幼稚園に比べると、働いている家庭がほとんどの保育園はママパパが参加する行事は少ないでしょう。しかしそれでも、運動会やお遊戯会、保護者会など、年間で数回は園行事に参加する機会があります。兄弟別々の保育園となると、参加する行事も2倍です。そこで考えるのが、日程が重なった時の可能性についてです。特に運動会は、限られたシーズンの土日などの限定的な日程を設ける園も多く、日程が重なる可能性も十分に考えられます。


一方、保護者会や参観日は、平日に行われる園も少なくはありません。その場合の心配事は、「仕事の休みが取れるかどうか」です。もしも短期間で、2つの園の行事に参加するための有給を2回取ったと考えると、職場への申し訳なさや休みにくさを感じてしまうこともあるかもしれません。


【保育園が休園】1人の子どもは保育園に行く状況に困惑
昨今のコロナ渦に限らず、インフルエンザのような感染症の流行により、クラス単位や園全体で休園を余儀なくされる状況は少なくありません。また土日行事の振替休日として、平日が休みになるケースも考えられるでしょう。


兄弟が別々の園に通っていると、1人目の子どもの保育園が休校になった場合に、2人目の子どもの送迎に感染症対策で休園している1人目の子ども一緒に連れて行って良いものかと悩まれることもあるでしょう。また園の方針がそれぞれ異なる場合、早退や休みの判断も異なるため、困惑することもあるようです。


さらには、2つの園の休園期間が異なることも。1人目の子どもの休園が1週間降りにあけたのに、2人目の子どもの保育園で集団感染が確認されたことで休園が延長になった、といったケースも少なくありません子どものそれぞれの都合に合わせて都度休みを取らなければならないというのは、仕事への影響も心配されるのではないでしょうか。

ベビーシッターを検討してみる

2人目の壁を突破するためにベストな「歳の差」は?

image


あらゆる観点から保育園に関する問題を確認してみると、2人目の壁は高いようにも感じるかもしれません。しかし、それらの問題を突破する方法はあります。その1つが「歳の差」。1人目の子どもと2人目の子どもの歳の差を考えると、入所や園が別々になるといった問題の多くが解決します。


では、歳の差が何歳離れていると、保育園に関する2人目の壁が突破しやすくなるのか考えてみましょう。


【1歳差】育休を連続して、同時入園
会社の環境によっては、1人目の育休期間に妊娠して、そのまま2人目の育休に入るということもできます。この場合、2つの理由から、保活がスムーズになることが考えられます。


1つ目は、0歳児と1歳児は申し込み定員が他の年齢に比べて多く設けられていることがあげられます。2つ目は、0歳児と1歳児クラスに同時入園を申請することで、加点が期待できるからです。また同時に2人の子どもが入園することで、手続きや準備も同時にできて手間も軽減できるでしょう。


ただし、保活ではメリットを感じる1歳差の兄弟ですが、乳幼児期は大変さも伴います。乳幼児期は、ミルクやおむつ替えなどのお世話も多いため、ママやパパの負担も大きくなることでしょう。この時期は1人で子育てを抱え込まず、周囲の人に子育てをサポートしてもらいながら2人育児を乗り越えていきましょう。


【3歳差】上の子どもも同時に転園
1人目の子どもが0~2歳児対象の小規模保育園に通っていたり、育休退園を余儀なくされたりした場合、継続して保育園利用をしたい場合は上の子どもの転園が必要になります。この場合、0歳児と3歳児の2人を同時に入所申請できるため、保活の手間や負担は軽減できるでしょう。


ただし、待機児童が多い地域の場合、兄弟のいずれかが入園できない可能性もあります。こういった事態に備えて、2人目の出産を機に、保育園が入りやすく子育て支援が手厚い自治体に引っ越しをするのもオススメです。


また3歳以降の場合、預け先は保育園以外にも幼稚園という選択肢もあります。最近では放課後の預かり保育サービスを取り入れている幼稚園も多いため、共働き家庭の子どもが幼稚園に通っているケースも少なくはありません。ただし、3歳差だとその後の中学高校などで受験や進学のタイミングが重なるため、経済面やサポートの面で十分な準備を整える必要がありそうです。


【5歳以上差】小学生と保育園
1人目の子どもが5歳児の場合、1年の育休を明ける頃には小学生になっています。2人目の子どもだけの保活に集中できれば、保育園問題の壁も半減することでしょう。また5歳も離れている兄弟であれば、上の子ど もが下の子どもの面倒を見てくれるケースも多いため、子育ての面でも負担が減るかもしれませんね。


ただし小学生も地域によっては、学童保育の待機児童が発生している自治体もあります。この点は十分にお住まいの地域を確認した方が良いでしょう。

まとめ

保育園のあらゆる問題をみていくと、2人目の壁を感じてしまうのも無理のないことかもしれません。しかし、今回ご紹介した歳の差作戦以外にも、保育園の倍率が低い地域に住んだり、入所申し込み時に加点されるポイントを十分に確認して対策をしたりと、できる対策から始めていきましょう。


また、保育園に通い始めてからも兄弟どちらかの病欠やトラブルなどの困難にぶつかることもあります。万が一の時に備えて、家族はもちろんベビーシッターや地域の子育てサポートを上手に活用しましょう。このように保育園問題に限らず、家事や育児の面でも不安な2人目の壁は、1人で抱えずに周りに頼って乗り越えていきましょう。


▼あわせて読みたい
2人目の壁を感じる「2人育児のお金」事情
【一人っ子の子育て】楽しい or 大変?一人っ子の特徴とは?
【子ども2人の育児は大変?】2人目の壁を乗り越える方法


image