2022年10月より、「産後パパ育休制度」がスタートすることをご存じですか?子育て中のパパやママでも「そんな制度、知らなかった!」という方は案外多いかもしれません。そこで今回は、「産後パパ育休制度」の内容について詳しく解説するとともに、育休中にパパがやるべきことを10項目ご紹介していきます。



産後パパ育休制度が10月からスタート!どんな制度?


新米パパ
仕事と育児の両立を図るために制定された「育児休業制度」の拡充に伴い、2022年10月に新たに創設されることになった「産後パパ育休制度」。現在の育児休業制度では、父親が子どもの出生後8週間以内に育児休業を取得した場合に、子どもの1歳の誕生日を迎えるまでにさらに1回の育児休業を取得することができると定められています。
しかし今回の改正によって、育児休業とは別に「子どもの出生後8週間以内に最大4週間の休業」を取得できるようになりました。
「産後パパ育休」は最初にまとめて申し出ることによって、2回まで分割して取得できるのも特徴です。申出期限は、原則休業の2週間前までとなっており、休業中の就業も労使協定を締結している場合に限って認められています。
ただし、就業中の就業日数や就業時間数には上限があるため、就業を予定している場合にはしっかり確認しておきましょう。

育児・介護休業法 改正ポイントのご案内|厚生労働省

そもそも今回「産後パパ育休制度」が創設された背景にあるのは、男性の育児休業取得率が女性に比べて圧倒的に低い水準となっていることが挙げられます。また、育児休業を取得した男性でも、その平均日数は5日未満が約3割(※1)を占めており、男性の育児参加率が依然として低いという問題があるようです。

(※1)イクメンプロジェクト|各種データ

「産後パパ育休」が取れる産後8週の間に、パパがいる必要性


では、「産後パパ育休」が取れる産後8週にパパがいる必要性にはどのようなものがあるのでしょうか。

ママにとって出産は、全治2ヶ月のけがを負ったのと同様のダメージがあるとも言われ、そこから産後8週は妊娠中と同様にとてもデリケートな時期です。
この期間は「産後の肥立ち」とも言われ、身体が急激に元の状態に戻ろうとしてホルモンバランスが変わったり、さまざまな痛みが出たりすることもあります。しかし、生まれたばかりの子どものお世話や家事もあり、ママがゆっくり休める時間はそれほど多くありません。そのため、身体はもちろん精神的にも不安定になりがちです。

そうした時に、パパが自宅にいてくれることは、ママにとって大きな心の支えとなります。積極的に家事を分担してくれたり、育児を手伝ってくれたりすれば、家族のパートナーシップも高まるに違いありません。

産後パパ育休中に、パパがするべきこととは?


産後パパ育休1
ではパパは「産後パパ育休」中に、具体的に何をすればよいのでしょうか?「ママと赤ちゃんを守る!」と威勢よく構えていても、具体的にやることが分かっていなければ、すぐには動けません。そこで、10の「やっておくべきこと」をまとめてみました。

「産後パパ育休中」にパパがすること①:家事を全面的に担う


ママの身体の回復を第一に考えて、この時期はパパが家事を全面的に担いましょう。献立を考えて買い物に行き食事の用意をする、食後の食器洗いやごみの片づけをする、赤ちゃんとママの衣服の洗濯をする、風呂やトイレの掃除をするなど、主体的に家事を行います。それまで何もしていないと、急にはできないため、ママの妊娠中から家事を積極的に担って、産後に備えておきたいですね。

「産後パパ育休中」にパパがすること②:赤ちゃんと二人で過ごせるようになる


ママがいなくても、パパが子どものお世話を一通りできるようになることは、今後のためにも重要です。たとえば、ミルクを作れるようになる、オムツを交換できる、着替えをスムーズにできるようになる、といった基本的なお世話の方法はこの時期に身に付けておきたいもの。パパと子どもだけで過ごせるようになれば、ママが安心して一人で買い物に行ったり、出かけたりすることもできます。

「産後パパ育休中」にパパがすること③:ママを十分に休ませる


夜中の授乳や産後のホルモンバランスなどで、ママの身体は想像以上に疲れています。ママが睡眠不足だと感じたら「子どもを見ているから、少し休んだら」と声をかけてあげると良いでしょう。数時間眠るだけでも、その後の心身の状態が大きく変わります。

「産後パパ育休中」にパパがすること④:上の子の面倒を見る


上の子がいる場合には、パパが面倒を見ることによって、ママが下の子のお世話に集中することができます。普段は忙しくて子どもとゆっくり遊べないでいるパパでも、産後パパ育休を取得することで、存分に子どもと触れ合える良い機会になることでしょう。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑤:赤ちゃんのお風呂係になる


新生児の沐浴は、「コツを掴むまで難しい」と感じる方が少なくありません。一人で全てをこなそうとすると大変なので、最初は沐浴をパパが、洗った後の受け取り・グルーミングをママが、といったように作業を分担するのがおすすめです。パパがこの時期から赤ちゃんのお風呂の主担当となることで、子どものお風呂タイムがパパとのコミュニケーションの時間になります。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑥:保険や家計の見直しをする


せっかくの育休中ですから、普段なかなか時間が無くて取り組めないことにじっくり取り組むのもおすすめです。そのひとつが、保険や家計の見直し。子どもが生まれると家計が大きく変わりますし、場合によっては新しく保険に入ることもあるでしょう。仕事に復帰してしまうと、つい後回しになりがちなので、この時期に夫婦でしっかり見直しをしておきたいところです。最近はオンラインの家計診断などもあるので、赤ちゃんがお昼寝しているときを見計らって、専門家のアドバイスを受けるのもよいでしょう。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑦:保育園関連の準備をする


保育園の情報を集めたり、保育園の書類を用意したりするのは、思っている以上に時間がかかります。また待機児童が多い地域では、「すぐに入所できるのか」「どの園なら入れるのか」といったリサーチも必要です。ママが赤ちゃんを抱えて役所に訪問するのは大変ですから、資料を取りに行く、話を聞きに行くといった作業を、パパがやってくれると非常に助かるでしょう。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑧:仕事復帰後の生活をシミュレーションする


夫婦二人の生活と、赤ちゃんを迎えた時の生活では、タイムスケジュールが大きく変わります。そのため、仕事復帰後の家庭の状況をシミュレーションして、「保育園のお迎えは誰が行くのか」「子どもの熱が出た時にはどうするのか」といったことを夫婦で話し合っておきましょう。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑨:メリハリをつけて息抜きをする


子どもが生まれたばかりの時は、パパも初めての育児で戸惑ったり、疲れたりすることもあるでしょう。疲れが溜まると、些細なことでママと喧嘩になってしまったり、ストレスが溜まったりすることもあります。一番大変なのはママですが、パパも時には息抜きをすることも必要です。「一人で家事をこなすのに疲れた……」というパパは、家事代行サービスを導入してみるのもオススメです。

「産後パパ育休中」にパパがすること⑩:ベビーシッターサービスに登録する


これから夫婦で子育てをしていくにあたり、ときには子どもを預けなければいけない場面も出てきます。そういった場合を想定して、この時期に子どもの預け先を探しておくことも大切です。0ヶ月の新生児から預かってくれるベビーシッターもいるので、まずはお試しで依頼をしてみるのがよいでしょう。ママは自身の体や赤ちゃんのお世話で精いっぱいの時期なので、パパが主体となって子どもを預かってもらえるセーフティーネット作りをしておきましょう。

今すぐベビーシッターを依頼してみる

産後パパ育休の制度を活用して、夫婦で育児をスタートさせて


今回の記事では、産後パパ育休制度の概要と、育休中にパパがやっておくべきことについて、詳しく解説しました。
「産後パパ育休」は、産後のママを助け、ママパパが力を合わせて育児をスタートするための新しい制度です。パパはのんびり子どもと過ごすのではなく、ママと赤ちゃんのためにしっかり役割を果たしましょう!
とはいえ、ママパパの育休が終わると、仕事・家事・育児を両立しなければならない日々がやってきます。そうした時に備えて、育休中からベビーシッターサービスを探したり、お試しで利用したりしておくと、いざというときに安心して依頼ができます。夫婦二人だけで頑張ると意気込まず、第三者のサポートも活用しながら、多くの力を借りて育児を行う体制を整えましょう。

「キッズライン」なら、スマホでベビーシッターを見つけられる


ベビーシッターのマッチングプラットフォームである「キッズライン」なら、パソコンやお手元のスマホでベビーシッターを見つけることができます。
保育園のお迎えなど通常のサポートだけでなく、夜間対応や病児・病後児を見てくれるシッターも多く在籍しているので、仕事が休めないときなど緊急時にも依頼できます。また、全国に展開しているため、出張がある際に子どもを連れて行って、現地のシッターに見てもらうということもできます。
初めて子どもを預ける前には、必ず顔合わせ(オンライン)か事前面談(対面)を行うルールとなっているため、まずは育休中に、一度お試しで依頼してみてはいかがでしょうか?

今すぐベビーシッターを依頼してみる

▼あわせて読みたい
男性の育休は取得しないと損!?メリット&デメリットを徹底検証
パタハラは違法?パタハラを解消する対処法4つ

▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧


産後のサポートを頼む