サポート回数が650回を超えるベテランシッター上保さん。子育てしながら、お子さんが学校に行っている時間を上手く活用して、ベビーシッターとして活躍されています。保育士資格や英会話など、これといった特技はないという上保さんですが、連日予約は満員御礼!人気を集めるコツ、稼ぐコツは一体何なのでしょうか?

平日の日中、それも短時間の依頼がある

画像

―ベビーシッターになったきっかけを教えて下さい。

保育関連の仕事に詳しい知人からから、キッズラインの立ち上げの際に「ベビーシッターなんてどうかな?」と教えてもらい、興味半分で説明会に参加しました。
保育に関する資格は取得していませんが、今まで個人宅にお伺いするシッティングや、保育園の保育補助経験、子育て支援団体スタッフの経験があります。小学生の息子の子育て中ということもあり、「子ども好き」を生かして働けるならと思ったのがきっかけです。

―ベビーシッターになり、仕事はすぐ軌道に乗りましたか?

正直なところ「ベビーシッターの需要はそんなにないのでは?」と思って始めたのですが、意外にもすぐ予約が埋まるようになりました。

―予約が埋まるようになったきっかけは何でしょうか?

シッティングを重ね、レビューがたまったことでしょうか。丁寧なレビューを多く頂き「レビューを見て予約しました!」と言われることも多いです。あとはキッズラインのプロフィールページを見て「優しそうな雰囲気だから」と選んで下さる方も多く、嬉しい限りです。
私は保育園の勤務経験などありましたので、0ヶ月のお子さんからサポートしているのですが、0ヶ月月~6ヶ月のお子さんは預け先を見つけるのが難しいですよね。保育園も一時保育も4ヶ月以降お子さんを受け入れる園が大半かと思います。月例の小さいお子さんのシッティングができるという点も、予約を頂ける理由だと思います。

―1回あたりのシッティング時間はどれくらいですか?

2~3時間の予約が多いです。長時間のシッティングの方が需要がありそうだと思っていたのですが、お母さん自身が病院に行きたい、たまった家事を一気に片付けたいという方が結構いらっしゃるんです。短時間のシッティングにも需要を感じています。
私の場合、小学生の息子がいるため日中の活動がメインなので「昼間の時間、ましてや短時間のシッティングの需要はあまりないだろう」と思っていたので、予約が埋まっていくことに驚きました。

画像

上保さんのプロフィールページはこちら
(会員登録し、ログインすると全文お読み頂けます)

ベビーシッター1本でやって行くとは思っていなかった

―シッターデビュー時に時給設定に悩む人が多いのですが、上保さんはどのように時給を決めましたか?

当時アルバイトしていた事務の仕事に合わせて、1100円に設定しました。予約が埋まるようになるとは思っていなかったので、同じくらい稼げればいいかなと。また住まいが都内の主要駅にアクセスがいいので、交通費負担が少ない点もお客様にとってはメリットだと思います。やはり安く利用できるのは嬉しいですよね。私も移動時間が少なく済むので、近場のシッターに依頼することは双方メリットがあると思います。

ーベテランシッターで時給が安いことに驚きました。

1100円でデビューし、思っていた以上にシッターの需要があることが分かり、当時していた事務のアルバイトより高い時給で!と思い、一度だけ時給を1300円に改定し、事務の仕事を辞めました。まさかベビーシッター1本でやって行くことになるとは全く考えていなかったので、今思うと自分でも思い切りましたね。キッズラインでは時給もオプションも自分で設定できるので、稼ぎたい人は稼げる仕組みだと思います。

活躍できている理由は需要の多さ

画像

―お仕事する上で工夫していることはありますか?

お子さんを預けた際、お子さんの様子が気になりますよね。私も子育てしているので一緒にいないとき、どんな様子なのか気になります。なので完了報告をなるべく早く、そしてシッティング時の様子が分かりやすいように詳しく報告するようにしています。ありがたいことに完了報告に対して御礼のメッセージ、レビューを頂くことも多いです。

―シッティングに関して何か悩むこと、不安に思うことはありますか?

シッター仲間と「家事をどの範囲まで受けるか」について、よく意見交換をします。家事代行サービス同様、家事を頼みたい家庭もあると思いますが、私はお子さんの安全第一で無理のない範囲でお手伝いしますと事前にお伝えしています。
「シッターさんが来るから!」と家を整理整頓して下さる家庭もあります。せっかくの機会なのでお母さん達にはシッターを活用してリフレッシュしてほしいなと考えていますので、いつもの状態でシッターをお迎え頂きたいです。

―売れっ子シッターとして活躍している上保さんの強みは何だと思いますか?

特に強みを意識したことはないですが、しいて言うなら寝かし付けが得意ですね。お子さんがもう寝るだろうなと言う雰囲気を感じ取るのは得意です。
私には英語が教えられるなどの特技もなく、家事も自分の家を整えるレベルなので、活躍できている理由は需要の多さだと思ってます。また1時間の短時間サポートも受けているので、隙間時間の予約も埋まりやすいです。主婦経験しかない、日中短時間しか働けないと思う方が多いようですが、実は家事サポートの需要は多く自分では当たり前にできることがありがたく思われたりするんですよね。子育て主婦は働く時間に限りがありますが、お子さんが保育園や小学校に行っている間の数時間でも働けるのがベビーシッターです。どれくらい稼ぎたいかは人によって異なると思いますが、稼ぎたいと思えば稼げる需要のある仕事です。私のような主婦の方がもし興味を持っているなら、短時間から働いてみることをお勧めします。自分で当たり前だと思っているスキルが、人にとても感謝されるということを、仕事を通じて感じてもらいたいですね。

最後に

上保さんのインタビューで、ベビーシッターという働き方は自身のスケジュールに合わせ、短時間からでも活躍できるということが分かりました。自分では当たり前だと思っているスキルが、実はとても需要のあることかもしれません。みなさんのスキル、好きなこと、得意なことを生かして働く働き方、ベビーシッターに興味のある方、子どもが好きな方、好きな時間で働きたい方に是非お読み頂きたい、キッズライン初の電子書籍『「子ども好き」なら月30万円』Kindleにて発売中です。Amazonプライム会員の方は無料でお読み頂けます。

画像

「子ども好き」なら月30万円 出版!

初のキッズライン電子書籍の発売されました!
働く「時間」も「給料」も自分で決められるキッズライン。
そんな自由な働き方は元保育士や専業主婦の方々に大人気となり、今では活躍するシッターの中には、月収70万を超え、マスコミでも取り上げられている人も!
「子どもが好き!」からスタートしたキッズラインの「ベビーシッター」という働き方や仕事の魅力、待遇面など余すところなく書いています。
そして「月30万円」稼ぐシッターさんのモデルケースについても徹底調査しました。
電車の中でも気軽にスマホで読めますので、ぜひ読んでみてください!
購入はこちら