INDEX


少子化が進む中で、子育てしやすい社会の実現は急務となっています。そのため、国や各地方自治体では、様々な子育て支援策を行っています。その中で今回は、【福岡県】の子育て支援サービスについてご紹介します。


基本的な子育て支援制度やサービスとは?


親子

「子どもを社会で育てる」という支援体制は、福岡県に限ったものではありません。内閣府は2015年、充実した子育て社会を作るため「子ども・子育て支援新制度」をスタートさせました。


その内容は、主に次の3点です。



①教育や保育環境の充実
②子ども・子育て支援新制度に関する認定制度
③幼児教育・保育の無償化


子ども・子育て支援制度は、単純に教育や保育の場を整備するだけでなく、様々な家族のカタチ、悩みに寄り添い、ニーズに合った子育て環境を選べる・支える体制で取り組んでいるのです。


子育て支援制度について詳しくは、「ママパパの味方!【子ども・子育て支援新制度】の基本<2022年版>」をご参照ください。



自治体主導の子育て支援サービスにも注目


子育て支援の動きは、前述の内閣府が主導するものだけではありません。各地方自治体が主体となって、地域の子育て家庭を支えています。


そこで【福岡県】ではどのような子育て支援の施策が考えられているのか、確認していきましょう。



【福岡県】子育て応援の施策は?


福岡県

福岡県では、安心して子育てできる環境を整えるため、「ふくおか子ども・子育て応援総合プラン」に基づいた子育て支援施策を行っています。「ふくおか子ども・子育て応援総合プラン」は、平成27年3月から開始され、現在は、第2期目(令和2年度~令和6年度)に入っています。支援体制は、次の3つの基本方針から成り立っています。



第2期「ふくおか子ども・子育て応援総合プラン」|福岡県
以下、福岡県公式サイトより引用

【福岡市の子育て支援 基本方針】
●若者が結婚や子育てに夢や希望を持つ社会づくり
●子どもを安心して生み育てることができる社会づくり
●子どもの健やかな育ちと自立を応援する社会づくり


福岡県が掲げるこの基本方針を受けて、福岡県内の市区町村が具体的にどのような取り組みを行っているのか、紹介していきましょう。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

【福岡市】子育て支援サービス


親子公園

子育て支援サービスは、同じ県内でも市区町村によって体制やサービスが異なります。まずは、県庁所在地である「福岡市」の子育て支援状況から確認していきます。

福岡市の子育て支援

子育てをしていると、保護者の急用や病気で、家族以外の「大人の手」を必要とする機会もあることでしょう。そんな時に備えて福岡市では、地域社会で子どもを育てる、見守る仕組みを充実させています。

「産後ヘルパー派遣事業」では、キッズラインも対象事業者となっています。リーズナブルに産後の忙しい子育てを支援してもらえる事業なので、ぜひ活用を検討してみてください。

※利用方法について詳しくは、福岡市が発行する「福岡市産後ヘルパー派遣事業のご案内」をご確認ください。


▼あわせて読みたい
1回2時間2100円で育児が依頼できる!福岡市の補助金でキッズラインを使ってみた

今すぐベビーシッターを依頼してみる

【福岡市以外】注目の子育て支援を行っている市町村を紹介!


福岡市以外の市町村でも、子育てに関する支援事業に力を入れているところがあります。特に注目したい子育て支援事業を行っている【北九州市】【久留米市】【春日市】をご紹介します。



【北九州市】の子育て支援


県内で2位の人口を誇る北九州市では、子育てを手厚く支える事業を行っています。そのなかでも特に注目したいのが次の2つの事業です。


日中だけでなく、夜間帯の子育ても支援してくれる制度の他、夏休み期間中のお出かけ、体験の機会を支えてくれる支援など、幅広い子育て支援制度があるようです。

北九州市の子育て支援

【久留米市】の子育て支援


久留米市では、子育てに悩む家庭を支える支援体制が充実しています。子育て中は、親もわからないことや不安がたくさんあります。こういった事業を上手に活用して、育児のストレスをうまく解消したいですね。

久留米市の子育て支援

※1 久留米市子ども支援ガイドブック

【春日市】の子育て支援


福岡県で最も小さいながらも、人口が県内6位にある春日市。地域で学校運営に携わる「コミュニティー・スクール」を採用している他、地域で子育てを行う環境づくりとして、「赤ちゃんの駅」を設けています。


「赤ちゃんの駅」とは、乳幼児と保護者が安心して出かけられるよう、市内の施設のうち、授乳やミルク用のお湯の提供、おむつ替えができる施設。さまざまな施設が登録しています。



赤ちゃんの駅|春日市

今すぐベビーシッターを依頼してみる

【福岡県】ひとり親家庭(シングルマザー・ファザー)を支える施策


ひとり親

保護者が1人で子育てをしているひとり親(シングルマザー・シングルファザー)は、支援を必要とする家庭も多くあります。福岡県内の各市町村では、ひとり親家庭に対しても、様々な取り組みを行っています。



【福岡市】福岡市立ひとり親家庭支援センター


「福岡市立ひとり親家庭支援センター」は、シングルマザーやシングルファザーが抱える子育てや仕事の悩みに寄り添う福祉施設です。子育て家庭が経済的にも社会的にも自立できるよう、相談はもちろん、講習会なども行われています。


また福岡市南区社会保障推進協議会が主体となって運営されている、有志サポーターや団体がシングルマザーの子育て相談を受ける支援サービス「シンママ福岡応援団」も、心強い味方です。



シンママ福岡応援団 | シングルマザーと子どもの支援

【北九州市】面会交流支援事業


離婚をして、シングルマザーやシングルファザーになったものの、別れたパートナーと子どもの親子関係には変わりありません。だからこそ離婚後には、離れ離れで暮らす親と子どもが定期的に面会を行う「面会交流」が約束されることもあります。ただし、様々な事情で元妻や元夫と顔を合わせたくない人もいることでしょう。


そこで北九州市では、面会時の付き添いや受渡しなどを支援する「面会交流支援事業」が設けられています。離婚しても親子のきずなを大事にしたい家庭にとって、大変心強い事業と言えるのではないでしょうか。



【北九州市 面会交流支援事業の概要】
・利用料:無料
・利用頻度:月1回・最長1年間の支援可能
・申込方法:北九州市立母子・父子福祉センターへ問い合わせる
面会交流支援事業|北九州市


今すぐベビーシッターを依頼してみる

まとめ|子育ては助けを借りて支えあおう


ベビーシッター

今回ご紹介した通り、福岡県の各自治体では充実した子育て支援体制が整っています。地域の助けを借りて、親子ともに健やかな成長をしていきたいですね。


また最近は、地域の助けだけでなく、民間のサービスも充実しています。福岡市の産後ヘルパー派遣事業の対象事業者でもあるキッズラインは、マッチング型のベビーシッターサービスも行なっています。登録料や会員費はかからず、スマホからベビーシッターを依頼できます。


「少しだけ子育てを休みたい」「親だけで出かけなければいけない」など、助けが必要だと感じたら、まずは無料の会員登録をしてみるのがオススメです。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

▼あわせて読みたい
ママパパの味方!【子ども・子育て支援新制度】の基本<2022年版>
二人目の出産時、上の子の預け先はどうする?
「産後の過ごし方」最新事情を徹底解説!実家に頼らない方法とは



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧



今すぐベビーシッターを頼む