キッズラインの利用には、『自治体の助成金』が使えるケースがあることをご存じでしょうか?
2017年12月現在で対応しているのは、福岡市品川区渋谷区千代田区調布市の5カ所。自治体によって金額は異なりますが、年間数万円から10万円ほどもお得になります。必要な書類などをあらかじめチェックしておけば、申請もとても簡単です。

今回は、補助を活用してキッズラインを使っているユーザーさんの声をまじえながら、福岡市のルールを紹介します。

◼︎ 生後6ヶ月までの子どもがいる家庭に「産後ヘルパー利用料」を補助してくれる

産後まもない母親に、市が委託する事業者から、家事・育児支援のヘルパーを派遣してくれる制度です。
詳細はこちらから。

対象となるのは、福岡市に住民票があり、生後6ヶ月未満の子どもを育てている家庭。また、日中にほかの家族などから家事や育児の支援が受けられない、というのが条件です。

◼︎ 自己負担は、一回あたりたったの2,100円+交通費だけ!

自分で産後ヘルパーに支払うのは、1回につきわずか2,100円とヘルパーさんの交通費のみ。利用料金の残り最大4万円分は、すべて助成してもらえるのです! なお、生活保護世帯・市民税非課税世帯は、2,100円の自己負担金も免除され、交通費のみで利用できます。

利用の条件はこちら。

・使えるのは1回につき連続2時間以内、1日2回まで
・上限は最大20回
・利用時間は午前8時~午後6時で、年末年始(12月29日~1月3日)は除外
・産後ヘルパーの派遣場所は、対象者の自宅のみ。保護者の留守宅での依頼もNG
・サービスの内容は日常的な家事&育児の支援が基本

たとえばキッズラインにて、
時給2,000円の産後ヘルパーを1日2時間利用した場合でも……

利用者が実際に支払う金額は、2,100円+交通費のみ

福岡市が最大4万円の補助を出してくれるので、利用者は通常の約半額以下で産後ヘルパーを活用できちゃいます。サポーターの時給に関わらず、自己負担金は2,100円から変わらないので、とってもお得です。

◼︎ 2種類の書類を提出して、さっそく利用してみよう!

ご利用の流れは4ステップ。書類はすべて、市のWebサイトからダウンロードできます。たったこれだけ提出すれば、助成金をゲット! 実際に流れを追ってみましょう。

画像

【1】キッズラインに登録する

あらかじめ、キッズラインへの登録が必要です。登録完了後にキッズラインに連絡すると、担当のサポーター(産後ヘルパー)との家庭訪問を調整します。

【2】家庭訪問を実施する

産後ヘルパーが家庭訪問で伺い、「福岡市産後ヘルパー派遣事業利用登録申込書」を一緒に記入します。福岡市への申込みは、妊娠32週目から可能。利用希望日の30日前までには、手続きを済ませておく必要がありますので、ご注意ください。
申請書は市のWebサイトからダウンロードできるので、手軽です。登録が受理されると、市から「決定通知」が届きます。

【3】サポートを受ける

実際に産後ヘルパーを依頼したい日時が決まったら、サポーターがキッズライン上の予約の手続きを行います。初回利用時には、当日来たサポーターさんに「福岡市産後ヘルパー派遣利用申込書」を渡し、子ども医療証と「決定通知」を提示しましょう。

【4】自己負担金を支払う

サポートが実施された後は、自己負担金の2,100円+交通費をキッズライン上で支払います。これで手続きは完了です!

※キッズラインでの利用方法はこちらにも記載しております

◼︎ 半額以下で頼めた産後ヘルパーが、育児のスタートに寄り添ってくれた

福岡市にお住まいの小柳さん(仮名)は、産院を退院して他社さんですが、すぐに産後ヘルパーを利用。週2回、2時間のサポートを頼み、自身が体を休める時間を作っていました。

「母親がおらず里帰りができないため、夫と2人で不安な育児のスタートでした。でも、産院の厚意ですこし長めに入院させていただいたり、ヘルパーさんをお願いしたおかげで、なんとか乗り切れたなと思います」

助成金によって半額ほどで産後のサポートを使うことができたという小柳さん。自分に届く請求書には自己負担の金額のみしか記載がないため、正確な助成額はわからないものの、お得感は充分にあったとのこと。

「産後ヘルパーの助成を使い切ったあとは、復職するまでときどきキッズラインを利用していました。サポーターさんのプロフィールを見て、自分で選べるところが気に入っています」

◼︎ みなさまの働きかけが、力になります!

シッターを依頼する際に割引や補助金があると、気軽に頼めて嬉しいですよね。現在キッズラインでは5つの自治体(渋谷区・品川区・千代田区・調布市・福岡市)の助成金を利用することが可能ですが、地区によってはキッズラインのご利用者様が、直接区役所などの自治体に働きかけていただいたことがきっかけで、補助金の対象事業者に認定された地域もあります。みなさんの区でも、保育や育児にまつわる助成金でキッズラインを対象にしてほしいというご意見を持っていただけましたら、ぜひ自治体に直接お問い合わせいただけますと幸いです。ご要望に応じてキッズラインがサービスのご説明に上がらせていただきます!ぜひみんなで、新しい子育てムーブメントを起こしていきましょう。

他の自治体でもキッズラインが保育にまつわる助成対象事業者として続々認定いただいています。

【渋谷区】 最大10万円まで補助!「病児・病後児保育」助成の申請方法
【千代田区】最大4万円まで補助!「病児・病後児保育」助成の申請方法
【調布市】小学校3年生まではベビーシッター代を半額補助!助成の申請方法
【品川区】 産後の家事育児サポートを20時間依頼できる!助成の申請方法

◼︎ キッズラインの産後ドゥーラ予約は簡単&便利!

産後は体がもとに戻らないうちから育児が始まり、心身に大きな負担がかかります。困ったことを相談したり、少しでも家事や育児を手伝ってもらえるよう、産後ドゥーラやベビーシッターを探しておきたいところ。あらかじめ市の助成に対応する事業者を選んで、登録しておくのがベストです。

キッズラインなら、産後ドゥーラの資格を持つサポーターがすばやく探せます。専用アプリから検索ができ、予約や問い合わせは24時間OK。子育ての不安が大きくなる前に、ささいなことでも相談してみましょう。

登録はこちらから。 
福岡市エリアに近い産後ドゥーラ対応のサポーター
画像

実際に産後ドゥーラを利用したユーザーの声

「産後半年間、大変お世話になりました。●●さんのおかげで、私はこんなに元気に、もとの自分を取り戻せたと思います。そして、余裕をもって、息子と家庭と向き合えていると思います。次に出産をひかえている友達に、この制度を引き続きおすすめしていくつもりです!!またきつかったときやどうにもならないときはまたご相談させてください。今後ともよろしくお願いします。」

「いつもありがとうございます。●●さんのおかげで理想の産後になってきていると実感しています。引き続きよろしくお願いします。」

「お料理もとてもおいしかったです。自分の料理が楽になるのはもちろん、うちにある食材でこんなことができるのだと勉強になります。すぐに実践できるので、真似もしやすいです!」

赤ちゃんを授かったら、キッズラインの登録と助成金の確認をしておきましょう♪