INDEX


5月5日はこどもの日、端午の節句とも呼ばれています。健やかな子どもの成長を願う日として、お祝いをするご家庭も多いのではないでしょうか?そこで今回は、端午の節句の由来や家族みんなでこどもの日を楽しむ方法などをお伝えします。離乳食後期のお子さまが食べやすいこいのぼりプレートレシピも併せて、管理栄養士が紹介します。



端午の節句の意味と飾り


鎧兜
1、端午とは?

端午の「端」の字は「はじめ」という意味を持ちます。元々「端午」は、5月の一番はじめの午(うま)の日を指すものでした。しかし、午(ご)という文字の響きが、数字の「五」と同じであることから5月5日が「端午の節句」として人々の間で定着するようになったと言われています。


日本では3月3日の桃の節句に女児の成長を祝う行事に対比して、5月5日を端午の節句として男児の成長を祝う習慣が江戸時代に根付いたといわれています。



2、兜(かぶと)を飾る意味

鎧(よろい)兜(かぶと)は、戦いのための道具と思われがちですが、身体を危険なものから守るという意味があります。大きな事故や病気などから大切な子どもを守ってくれるようにという願いが込められています。



3、こいのぼりを飾る意味

鯉はもともと沼などでも生きられるたくましい魚です。また、鯉が竜門という滝を登ると立派な竜に変身して天へと昇っていくという伝説があります。その伝説から、子どもがどんな環境にも耐えることができる立派な人になるようにと立身出世を願うため、鯉をモチーフにしたこいのぼりが飾られるようになりました。



4、菖蒲を取り入れる意味

菖蒲(しょうぶ)は邪気を避けて、厄病をはらう植物として昔から重宝されていました。端午の節句は元々「菖蒲の節句」と呼ばれており、菖蒲=勝負と同じ音であることから、男児の「勝負強さ」を願ったともいわれています。端午の節句では、菖蒲湯に入ったり、大人は菖蒲を浸した酒(菖蒲酒)を飲んだりして、男の子の健やかな成長と一家の繁栄を祈るようになりました。



端午の節句(年中行事・節句)~日本の行事・暦 (koyomigyouji.com)

端午の節句と五月人形|一般社団法人日本人形協会 (ningyo-kyokai.or.jp)

今すぐベビーシッターを依頼してみる

端午の節句にちなんだ食べ物の由来


かしわもち

日本では祝辞や行事の際に、決まって口にする食品や料理がさまざまあります。端午の節句といえば、ちまきや柏餅が有名です。それぞれ、どんな意味があるのでしょうか?



1、ちまき

ちまきは、もち米やお餅を三角形や円錐にして、笹の葉で包み、いぐさで巻いて蒸した料理です。中国の古代の詩人・屈原が亡くなった時に、お供えとして作られるようになったのがきっかけと言われています。その日はくしくも5月5日。屈原の周りの人たちが災難に遭わないよう、魔除けの意味を込めて、生命力や殺菌力の強い笹の葉を巻いたと言われています。


端午の節句に食べるちまきは、おこわでできた中華ちまきではなく、日本ならではの米粉でつくった餅を葉で包んだ円すい形の「ちまき」です。このちまきは、元々は武士が戦いに出向く際の携帯食だったといわれています。


実はちまきを食べる習慣は、西日本の地域に多いようです。東日本の地域では、柏餅がメジャーです。



2、かしわ餅

かしわ餅は、上新粉の生地を平たく丸くした餅の中に餡を挟んで、最後に柏の葉で巻いて作ります。柏の葉は、新芽が出ないうちは古い葉が落ちないという性質を持ちます。そこで、世継ぎを絶やさないための縁起物として、端午の節句で用いられるようになりました。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

「こどもの日」は男女ともお祝いするの?


現在では端午の節句は「こどもの日」になっています。こどもの日は、戦後に法律によって定められた『国民の祝日』です。「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨で制定されました。


そのため、かつては男の子のための節句でしたが、今は男女問わず子どもの成長を祝う日となっています。


男の子が生まれたご家庭では、初節句のお祝いとして、祖父母などを招いてパーティをするのもよいでしょう。


また男女問わず「こどもの日」にちなんだ子供向けのイベントなどに参加するのも、家族の思い出になってオススメです。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

端午の節句をお祝いする離乳食レシピ「こいのぼりプレート」


こいのぼりプレート

お祝いといっても、初節句のお子さんはまだ離乳食が完了していない場合もあると思います。そこで、1歳〜1歳半の離乳食後期のお子さんが食べられる、お祝いプレートをご紹介します。



●かしわ餅風おにぎり


【材料】


・ご飯 40g(2等分して使います)
・ほうれん草または小松菜の葉 1枚


【作り方】
① ご飯を20gずつに分けて丸く握って、その後平たくなるように潰す。
② ほうれん草または小松菜の葉を茹でます。茹でたら水にさらし、水気を切って2等分にする。
③ ①のおにぎりを②の葉で包んで完成。


●こいのぼりハンバーグ


【材料】


・鶏むね肉のひき肉 30g
・豆腐     30g
・米粉(または片栗粉) 6g
・にんじん 少々(きゅうりと同じ細さのものがおすすめ)
・きゅうり 少々  


【作り方】
① にんじんは薄切りして5分ほど茹でる。茹でたら半円型になるよう、半分に切っておく。
② きゅうりは薄切りし、半円型になるよう、半分に切る。
③ 鶏胸のひき肉と豆腐を混ぜ、ある程度混ざったら米粉を加えてさらに混ぜる。
④ ③を平たく潰して、フライパンで焼く。
⑤ 両面が焼けたら、こいのぼりの形になるようにカットする。
⑥ ⑤に①と②を乗せて完成。


今すぐベビーシッターを依頼してみる

まとめ|パーティの準備は家事代行サービスがオススメ


端午の節句に飾る物や食べ物には、子どもの成長を願う親の思いが詰まっていることがわかりました。今年初節句を迎えるお子様には、ぜひ「こいのぼりプレート」でお祝いしてみてはいかがでしょうか?


とはいえ、毎日忙しいママパパにとっては、ゴールデンウィークが貴重な休日という方も多いと思います。お祝いをしなくては!と無理をせず、家事代行サービスを依頼してパーティ料理を作ってもらうのもオススメです。また、連休が取れるのなら、一日くらいはベビーシッターサービスを依頼して、夫婦でお出かけするのもよいですね。無理せず、楽しい家族の時間を過ごしてくださいね。




■管理栄養士:高岡 由貴
2011年管理栄養士免許取得。大学卒業後、保育園・病院・食品メーカーに勤務し、献立作成・栄養管理・食育講師などを担当。現在はフリーランスとしてコラム執筆・食事相談・レシピ開発などをしている。プライベートでは一児の母。


▼あわせて読みたい
祝!保育園入園 お祝いの仕方と離乳食くまさんケーキレシピ
離乳食後期(かみかみ期)の進め方とオススメレシピ



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧



今すぐ家事代行を頼む

今すぐベビーシッターを頼む