お知らせ2021年06月01日(火)

【重要】令和3年度ベビーシッター派遣事業割引券取扱事業者再認定のお知らせ

平素よりキッズラインをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、令和3年度ベビーシッター派遣事業割引券取扱事業者として下記に記載する事項を条件に、再認定されましたことをご報告いたします。

▼再認定の条件
1.届出未確認事案に対する再発防止策を誠実に実施すること
 再発防止策の詳細
 https://kidsline.me/contents/news_detail/689
2.再発防止策に基づき、全国保育サービス協会(以下、協会)及びベビーシッター派遣事業割引等取扱事業者審査・点検委員会(以下、委員会)に対し、定期的に実施状況を報告すること。また、報告が必要となる事案が発生した場合には、速やかに協会に連絡の上、その指示に従うこと。
3.協会及び委員会は当社に対し継続的な点検を行い、必要な指摘を行う。その際、当社はそれに誠実に対応すること。
4.割引券等取扱事業者として適当でないと認められる事案や再発防止策を遵守していないと思われることが判明した場合、直ちに割引券の取扱いの一時停止を命じられることや、年度途中であっても割引券等取扱事業者の認定が取り消されることがある。

▼認定期間
・令和3年4月1日〜令和4年3月31日となります。
※再発防止策の誠実な実施をはじめとして認定に際して条件を付せられたことを真摯に受け止めており、今後とも努力を重ね取り組んでまいりますことをご利用者の皆様にもお約束いたします。よろしくお願いいたします。

■令和3年度の内閣府ベビーシッター 派遣事業について
https://kidsline.me/help/center_detail/sitter-discount-ticket
※このリンクはユーザー様向けヘルプのため、サポーターの方はログアウトいただいてご確認ください。

▼令和3年度からの変更点
以下変更点については、サポーターの皆様もご認識いただくようお願いいたします。
(1)1日に利用可能な補助券枚数が「1枚2,200円」から「2枚4,400円」へ変更になります。
通常利用については、1日に利用可能な補助券は児童1名につき1枚2,200円でしたが、令和3年度については2枚4,400円まで利用可能です。ただし、1か月の利用枚数上限については1家庭当たり24枚で変更ありませんので、ご注意ください。
(2)所得税の取扱いが「雑所得」から「非課税所得」へ変更になります。
令和2年度までは、通常利用として割引券を利用した場合、割引を受けた額は所得税法上その対象者の所得として「雑所得」となり、特例措置における割引券を利用した場合のみ非課税所得の取扱でしたが、令和3年度より、通常利用についても非課税所得の取扱へ変更となります。

なお、令和3年4月1日より6月30日までの間、割引券を使用せずにベビーシッターサービスを利用した場合においても、内閣府割引券の利用条件を満たしているご予約につきましては、割引券の交付後、適切に申請いただいた場合割引額の返還を受けることが可能です。

申請方法の詳細につきましては下記をご参照ください。

企業にお勤めの方はこちら
https://kidsline.me/help/center_detail/cao-how-to-use-compony

個人事業主・フリーランスの方はこちら
https://kidsline.me/help/center_detail/self-employed

今後もより安心安全なサービスを提供できますよう一層努力して参ります。
ご利用方法についてご不明点やお困りなことがございましたら、よくあるご質問ページやサポートデスクまでご連絡いただけますと幸いです。

よくあるご質問
https://kidsline.me/help/center

サポートデスクへのお問い合わせ
https://kidsline.me/service/inquiry

本ページ内のデータについては、特に記載のないものについては記事執筆時点で最新のものになります。