◾️総合案内◾️内閣府ベビーシッター派遣事業割引券のご利用について

【令和2年度の内閣府ベビーシッター割引券のご利用について】

事業主の承認や割引券の発行に時間を要するため、割引券を使用せずにベビーシッターサービスを利用した場合においても、キッズラインのシステム設定を行って頂いた上で、割引券交付後にご提出頂きますと、2020年4月1日以降のサポート分を遡って割引額を請求することが可能です(遡及期限については未定)。

割引の対象はご利用条件を満たしている場合に限られますので、ご利用にあたっては必ずこちらでご確認ください。

<事業主の割引券のお申込みについて>
企業のお申込はこちら
個人事業主・フリーランスの方のお申込みはこちら 

<割引券承認事業主一覧>
http://www.acsa.jp/htm/babysitter/approvai_proprietor_list.htm
※ご勤務先が上記リンク内に掲載されていれば、内閣府ベビーシッター割引券のご利用が可能です(一覧は2020年5月20日時点)。

<内閣府補助対象のシッター>
内閣府ベビーシッター割引券のご利用には、内閣府が定めるベビーシッターに依頼していただく必要があります。対象でないベビーシッターに依頼した場合は補助の対象外となりますのでご注意ください。
■対象サポーターの探し方
サポーター検索画面の絞り込み機能で「内閣府補助券対象シッター」を指定してください。

【重要】割引券のご利用枚数について
キッズラインの場合、「基本料金+オプション料金(保育に関連するオプションに限る)+手数料」が割引対象となります(交通費は対象外)。
割引券は、各サポートについて、上記の割引対象の合計額の範囲内でのみご利用頂けます。

例:基本料金、保育に関連するオプション料金、手数料の合計額が4,000円の場合(交通費別)
ご利用頂ける割引券は2枚(4,400円分)ではなく1枚(2,200円分)で、残りの1,800円(交通費別)は自己負担となります。
※尚、同日に複数回ご利用された場合、合算して割引券のご利用枚数を計算することはできかねますのでご注意ください

令和2年度の特例措置について

対象となる利用

休校・休園または登校・登園の自粛要請の影響を受けてのベビーシッター利用
(短時間あるいは分散型の登校・登園であれば、それ以降の時間でベビーシッターを利用する場合には特例措置の対象となります)

対象期間

2020年4月1日以降のご利用(終了時期未定)

1日にご利用頂ける枚数

特例措置の対象児童1人につき1日5枚まで
※ご兄弟でご利用頂く際のご利用可能枚数はこちらをご覧ください

1か月にご利用頂ける枚数

お子様の人数に関係なく1家庭あたり120枚

利用対象となる方

厚生年金を納める企業に勤める従業員
厚生年金を納める企業に勤め、厚生年金の被保険者である経営者・従業員
個人事業主・フリーランスなど個人で就業されている方※特例措置適用の場合のみ対象。詳しくはこちら

注意:割引の適用を受けるためには、事業主から割引券の交付を受けることが必要です
 

利用方法

本ページは企業にお勤めの方の利用方法になります。
個人事業主・フリーランスの方はこちらをご覧ください。

(1)キッズライン上で承認事業者情報を入力

・ウェブ
「プロフィール編集」→「福利厚生」→「内閣府」を「変更する」→「使用する」に変更→「Aで始まり6ケタの数字で構成される承認番号」と「承認事業者名」を正確に入力
image
※Androidアプリご利用の方はウェブよりお手続きください。(iOSアプリは対応しております)
※承認番号は、お手元のベビーシッター割引券上の記載内容をご確認いただくか、ご勤務先ご担当者様にご確認ください。
※【重要】まだ事業主が承認を受けていない場合は、事業者登録番号については「未定」などと仮登録し、承認番号が分かり次第、正しく入力してください。

(2)キャッシュバック金額を受け取る口座を設定する(アプリ非対応)

Web版のメニュー「設定」→「受取設定」よりご利用月の末日までに設定をお願いします。
image
※ 「キッズラインの登録名」(ペアレント名)と、受取口座の名義人が異なる場合でも登録可能です。
※ 設定がない場合は、キャッシュバックをお振込することができません。
※ 受取口座が間違っている場合は、所定の組戻手数料(660円)が発生します。

(3)サポート実施後、決済時に福利厚生利用の有無を選択

サポート完了後、サポーターから完了報告が届きます。
内閣府の割引券をご利用頂く際は、承認決済画面の「内閣府補助券」欄で「このサポートで利用する」をご選択ください。(決済時には割引は適用されません)

※ 決済が完了した後でも、当月中であれば予約詳細画面から「利用有無」の内容を変更することが可能です。
※ 家事代行サービスは、内閣府ベビーシッター割引券のご利用対象外となっております。

(4)ご勤務先から内閣府ベビーシッター割引券を取得してください。

内閣府ベビーシッター割引券は、「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」の承認事業主のみがご購入頂けます。
お勤め先名がこちらに記載があることをご確認ください。
必ず割引券に企業の捺印があることをご確認ください。

<ご勤務先からベビーシッター請負契約書の提出を求められた場合>

キッズラインは「マッチングサービス」のため、ペアレントと弊社間での請負契約はございません。請負契約書ではなく、キッズラインのご利用者様でいらっしゃることを証明する書類として、以下のいずれかをご勤務先にご提出ください。

・キッズラインが発行する「月別領収書」「個別領収書」
・キッズラインから届く自動通知メールのプリントアウト
(会員登録完了時に届く通知メール、予約確定をお知らせする通知メールなど)

※上記内容は「内閣府(全国保育サービス協会)」からの通達事項となります。ご不明点がある場合は、ご勤務先のご担当者様より内閣府までお問い合わせいただけますようお願いいたします。

(5)補助券に記入する

【企業にお勤めの方】
<オモテ面> 皆さま必ずご記入ください
image
<ウラ面> 特例措置で利用した場合は、以下の例の通り、休校等になった日時及び学校等の名称を必ずご記入ください。
○月○日 ○○小学校が休校のため
○月○日 ○○保育園より登園自粛要請が出されたため
image

上記赤枠で囲われた<オモテ面>①、②、特例措置の場合はさらに<ウラ面>2か所もご利用者様ご自身でご記入ください。
<ウラ面>の記入がない割引券は、特例措置としてご利用頂けませんのでご注意ください。
企業にお勤めの方の場合、<ウラ面>の記入のない割引券は特例措置ではなく通常利用となり、お子様お1人につき1日1枚のみのご請求となります。請求対象外となった残りの割引券は、返送させて頂きますのでご了承ください。

【個人事業主・フリーランスの方】
<オモテ面>皆さま必ずご記入ください
image
<ウラ面>以下の例の通り、休校等になった日時及び学校等の名称を必ずご記入ください。
○月○日 ○○小学校が休校のため
○月○日 ○○保育園より登園自粛要請が出されたため
image

上記赤枠で囲われた<オモテ面>①~⑤、<ウラ面>2か所もご利用者様ご自身でご記入ください。
個人事業主・フリーランスの方は特例措置の場合のみご利用頂けるため、<ウラ面>の記入は必ず必要となります。<ウラ面>の記入のない割引券は請求対象外として返送させて頂きますのでご了承ください。

※ 割引券の返却には450円(郵送料250円+事務手数料200円)を頂戴しております。郵送は、割引券が金券と同様の扱いになることから追跡可能なゆうパケットにて発送致します。予めご了承くださいませ。
※「利用日(予約日)」は「サポート実施日」です。予約作成日・支払日ではありません。
※ 本券右下の受領印はサポーターではなく、キッズラインにて捺印します。
※ 割引券記載の__ 「有効期限」内__のご予約日で申請してください。
※ キッズラインご利用時に入力したお子様のお名前と補助券上のお子様のお名前が同一であることをご確認ください。別のお子様のお名前が記載されている割引券は、申請却下となります。
※ 1枚の割引券に記載頂くお子様のお名前は1人です。対象児童2人で2枚ご利用の場合には、お子様のお名前は1枚ずつご記入ください。

・保育サポートであることが前提ですが、事前面談や宿題指導などを一部含むシッティングも利用可能です。

<以下はご利用対象外です>
・支払い料金(交通費を除いた金額)が2200円を下回る場合
 ※内閣府補助券のご利用範囲は「基本料金、オプション料金、キッズライン手数料」です
 ※割引対象となるオプション料金は、対象のお子様の保育に関連するオプションに限られます。それ以外のオプション(家族分のお料理作りや自宅の掃除など保育に関連しないオプション)は割引対象外となりますのでご了承ください。
・支払い料金から、キャンペーンで取得したポイント、イーウェル「ウェルボックス」ポイント、ベネフィット・ステーション(ベネポ)、法人から分配された法人ポイント、ギフトポイントでお支払いいただいた金額を差し引くと2200円を下回る場合
・割引券の利用が月24枚を上回る場合(特例措置については120枚)
・家事代行サービス
・オンラインサポート(オンラインによる事前面談、育児相談、家庭教師、見守りサポート等)(2020年5月14日追記)
・キャンセル料金
・内閣府補助対象外サポーターを利用した場合
・お子さんの年齢が対象外の場合(乳幼児〜小学校3年生、もしくは障害などによりお世話や介護が必要な場合は小学校6年生まで対象)
・習い事への送迎サポート
・割引券の承認事業主名欄に社印の押印がない場合

<割引券ご利用における禁止行為>
・予約が実施されていないにも関わらず実施したことにして、割引適用の申請をすること
・交通費をオプション費用に入れてその額も含めて割引適用の申請をされること
・家事代行のみのサポートを、シッティングでご予約されお子様の保育として申請をされること

弊社ではこのような事象が発生した場合には、割引券の申請取下げをするだけでなく、キャッシュバックした金額の返金請求、また予告なく親御様のご利用停止、サポーター様の活動停止を判断させていただく場合がございますので、ご注意ください。

(6)「割引券の半券(左側部分)」を切り取り、ご勤務先へ提出する。

ご提出方法につきましては、ご勤務先のご担当者様にお問い合わせください。

(7)「ベビーシッター割引本券(右側部分)」をキッズラインへ郵送する。

※割引券がまだ発行されていない場合は、ご勤務先から交付を受けた月の翌月5日まで(4,5,6月ご利用分は7月5日まで)にまとめてお送りください。
※ 内閣府ベビーシッター割引券以外の福利厚生サービスを併用している場合、郵送用封筒を分ける必要はありません。同じ封筒に入れて封筒の宛名を「内閣府ベビーシッター割引券担当、XXXXX担当宛」などと併記してください。

(8)割引の適用

上記ご提出期限までにお送り頂いた割引券をキッズラインにて確認し、割引額の総額をその月の末日(例えば6月5日までに送って頂いた場合は6月30日)にお振込させていただきます。
※振込手数料はご利用者様のご負担となります。
※受取口座が間違っている場合は、組戻し手数料(660円)が発生します。

<振込手数料一覧> 画面下側をご確認ください
https://kidsline.me/users/account_receive

本券の郵送先

半券(左側部分)は切り離してご勤務先に提出してください。割引券本券(右側部分)はキッズライン本社までお送りください。

送付先

〒106-0032
東京都港区六本木5-2-3マガジンハウス六本木ビル7F
キッズライン 内閣府ベビーシッター割引券担当宛

郵送前にご確認ください

※ご利用時間分の割引券のみご郵送ください。
※割引券は金券扱いとなります。利用実績より多く申請された割引券有効期間外の割引券、企業に提出すべき半券(左側部分)があった場合など、請求対象外となった割引券を返送させていただきます。
※返却には450円(郵送料250円+事務手数料200円)を頂戴しております。郵送は、割引券が金券と同様の扱いになることから追跡可能なゆうパケットにて発送致します。予めご了承くださいませ。

<ご注意ください>
※いかなる場合も、割引券を弊社でお預かりすることはできません。

注意事項

※ キャンセル料、及び完了報告にて表示されていない時間帯のサポートは申請対象外となります。
※ 家事代行サービスは、内閣府ベビーシッター割引券のご利用対象外となっております。
「内閣府補助対象」ではないサポーターへのご予約の場合、本制度の割引をご利用になれませんので予めご注意ください。対象外の割引券本券は有料にて返送となります。
※企業に提出する半券(左側)を誤ってキッズラインにお送りいただいた場合は、有料にて返送となります。

福利厚生サービスとの併用について

  1. 内閣府補助券と幼保無償化は併用できます(内閣府補助券での「割引後の金額」が、幼保無償化の対象となります)。
  2. それ以外の自治体支援事業との併用についてはこちらをご参照ください。
  3. 弊社が取り扱う民間の福利厚生サービス(すくすくえいど、リロクラブ、えらべる倶楽部、WELBOXベビーシッタークーポン、リソルライフサポート)は、全て内閣府補助券との併用が可能です。
但し、交通費は補助の対象外となりますので、交通費を除くお支払い金額が2200円を下回る場合は、申請が認められません。

割引券を利用した場合の所得税の取扱について

対象者が割引券を使用した場合、その割引料は税務上その対象者の所得となり、所得税法上、「雑所得」に区分されます。なお、企業勤めの方(給与所得者)は年間合わせて20万円までの雑所得は、確定申告は不要です。
(2020年4月24日追記)
特例措置として割引券を利用した場合、割引を受けた額については、所得税法上、非課税所得となることが内閣府より発表されました。

お問い合わせ先

補助の適用について

ご勤務先の福利厚生ご担当者様までお問い合わせください。

本制度の導入に関するお問い合わせ・ご相談

法人のお客様向けページ下部にあるフォームから、「内閣府のベビーシッター割引券のお問い合わせ」を選択の上、お気軽にご相談ください。

送付について

キッズラインサポートデスクまでお問い合わせください。