<令和3年度>◾️総合案内◾️内閣府ベビーシッター派遣事業割引券のご利用について

【令和3年度の内閣府ベビーシッター割引券のご利用について】

事業主の承認や割引券の発行に時間を要するため、割引券を使用せずにベビーシッターサービスを利用した場合においても、キッズラインのシステム設定を行って頂いた上で、割引券交付後にご提出頂きますと、有効期限に関わらず令和3年4月1日〜6月30日分は遡及申請が可能です。

※7月1日以降のご予約は、割引券の「有効期限内のご予約」についてはご申請が可能です。
※7月1日以降のご予約は「有効期限内のご予約」に限り年度内の遡及申請が可能ですが、ご利用月翌月5日までにお送りいただけなかった場合は理由をお伺いさせていただく場合がございます。
※電子割引券は、ご利用月翌月5日18時までに申請を完了いただきますようお願いいたします。5日18時以降に申請いただいた場合、理由をお伺いさせていただく場合がございます。


割引の対象はご利用条件を満たしている場合に限られますので、ご利用にあたっては必ずこちらでご確認ください。
尚、10月9日に実施要綱の一部改正が発表となりました。事前面談の実施やウェブカメラの設置に関する規定が追加となりましたので、こちらをご覧ください。(2020年10月13日追記)

また令和3年度(2021年4月1日)より児童1名につき1日あたり2枚4400円まで利用可能です。ただし、1家庭当たり月に24枚(5万2800円)までの補助上限は変更ありません。

本制度は内閣府が予算を組んで行っている補助事業です。
以下、正しくご申請頂くために、割引券のご利用にあたっては必ずご一読頂きたい内容でございます。
(★のついているページは特に重要なページです)

令和3年度の特例措置について★★

https://kidsline.me/help/center_detail/cao-covid-19

割引券のご利用条件について★★

https://kidsline.me/help/center_detail/terms_of_use

企業にお勤めの方のご利用方法★

https://kidsline.me/help/center_detail/cao-how-to-use-compony

個人事業主・フリーランスの方のご利用方法★

https://kidsline.me/help/center_detail/self-employed

割引券と他の福利厚生サービスとの併用について 

https://kidsline.me/help/center_detail/naikakufu-case-9

割引券を利用した場合の所得税の取扱について★

https://kidsline.me/help/center_detail/830

電子割引券のご利用について★

https://kidsline.me/help/center_detail/cao-how-to-use-ict-ticket

割引券に関するお問い合わせ

https://kidsline.me/help/center_detail/cao-contacts