シッティング中の胸キュン発言

こんにちは!ベビーシッターキッズライン コミュニティマネージャーの東マキです。
今回は、シッティング中にあった、乳児さんの胸キュンエピソードをご紹介。
皆さんもご経験があるのではないでしょうか?
画像

はい、どーぞ!

何度かシッティングにうかがっているKちゃん(0歳)。
家の中で遊んでいると、大のお気に入りのぬいぐるみを「はい、どーぞ」と渡してくれました。
「ありがとう」と受け取ると、次々に絵本、ボール、人形、そしてお菓子まで!
お気に入りのものをどんどん「どーぞ!」と渡してくれます。
初めは好きなものを渡したことに満足して、きゃっきゃっと嬉しそうな表情!
ところが、全部渡し終わると一変、「しゅん…」と悲しい表情に。
もらったものを返すとまたいつものニコニコ笑顔に。
くるくる変わる表情が可愛らしく、キュンとしてしまいました。

画像

個別保育ができるベビーシッターならでは

好きなものをプレゼントしてあげたい一心で渡していたものの、あとから遊びたくなってしまったのでしょうね。
乳児さんならではのストレートな可愛さは、見ているだけで癒されるもの。
愛らしい表情に1つ1つ反応できて、保護者様と喜びを共有できるのも、個別保育ができるベビーシッターならではですね。

キッズサポーター募集中!

画像

こちらの記事はほいくらいふにも掲載されています。