2019年4月1日から全てのご家庭でご利用可能となった、キッズラインの家事代行。その魅力を伝えるべく撮影した動画に、注目の若手起業家、荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」を展開、ecbo株式会社・工藤慎一さんがコメントをくださったのが「始まり」でした。

image
早速、家事代行を利用してくださった工藤さんを直撃!依頼後の率直なご感想を伺いました。

image

ベビーシッターで築き上げてきた信頼が家事代行にも活かされている安心感


ー今回、依頼された家事代行の内容について教えてください

1週間分の作り置き料理をお願いしました。今身体を鍛えているのですが、筋トレに適したメニューも考えてもらいました。

image
(実際にサポートで調理したメニュー。交通費を含め、3時間で8000円程度!)

キッズラインの家事サポーターは一人一人プロフィールページがあって、得意分野がわかるのがいいですね。良いレビューが何百とついたサポーターがたくさんいて迷いましたが、経験豊富で料理の写真でピンときた方に依頼しました。レビューがあることで、サポート内容がイメージしやすくお願いしやすいです。

image

ーもともとキッズラインはご存知でしたか?

はい、知っていました。社長の経沢さんが知人ということもありますが、最近キッズラインはいろんなメディアに取り上げられているし、すごく勢いがありますよね!

僕にはまだ子供がいませんが、子供がいる複数の友人から「キッズラインいいよね」と聞くことがあり、口コミで広まっている印象です。ベビーシッターで築き上げてきた信頼と安心感があるので、家事代行が始まると知ったときはぜひ利用したいと思いました。
image

「こんなに安くて大丈夫?!」と心配になりました(笑)


ー実際に家事代行を利用してみて、率直な感想をお聞かせください!

家事代行を利用したい、とは以前から思っており、他社を検討したこともあったのですが、誰が来るのかわからないことに少し不安を感じていました。その点、キッズラインはサポーターの顔が見える、というのがいいですよね。安心して使えます。

以前、中国に住んでいたときには家政婦さんがいたので、他人を家に入れることへの抵抗はありませんでした。プライベートで、ちょうど引っ越しをしたタイミングだったことや、食事についてもっと気を使ってフィジカル面を整えたいと意識したことも利用の追い風でした。
image
しかし、ちょっと心配なのが料金面です。・・・安すぎやしませんか?(笑)今回支払った金額が3時間で8000円ちょっとで、請求された金額を見てびっくりしました。クオリティから考えたら、2時間で8000円でもいいくらいだな、と。一食分に換算すると外食よりもかなり抑えられて嬉しい誤算でしたね。

image

ただ、3時間で1万円を超えてしまうと、頼みづらくなってしまうので、そう考えるといい線ついてるな〜と感心しています(笑)後で知ったのですが、ecboの社員も既にキッズラインに登録していて、水回りの掃除を頼んだそうです。やはりジワジワと広まっているんだな、と思います。

経済合理性から考えても、家事代行の方が外食よりもリーズナブル

ー嬉しいお言葉ありがとうございます!キッズラインはリーズナブルな価格が魅力なので、少しでも多くの方に広げていきたいです。

家事代行に対するハードルを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、経済合理性から見てもお願いした方がいいと僕は思います。外食は確かに楽ですが、結構お金がかかりますよね。

一人暮らしだと、自分のためにご飯を作って、というモチベーションを毎日保つのも正直厳しいし、結局はコンビニや外食などに頼ってしまいがち。しかし、家事代行でつくり置き料理を依頼すると一見まとまったお金が出ていくように感じますが、お弁当に詰めたり、晩御飯にしたりすることで結果的に一食分ごとの費用は安く抑えられると思います。

image

共働きでも、家事や育児は女性の負担がまだまだ大きい。だからこそ、家事代行に意義を感じる


現在の日本では、 たとえ共働きでも、家事のメインは女性というという文化がまだまだある気がします。家事も子育ても、どちらかに負担がかかっている文化はあまり良くないと思います。

自分の姉も、週末に子どもの世話をしたり、水回りの掃除など慣れない家事をしていますが、 せっかくの週末の貴重な時間。自分のプチ贅沢的な使い方で、家事代行やベビーシッターをお願いした方がいいんじゃないか 、と横で見ていて感じます。
image

まだ家事代行を体験していない方にこそ体験してほしい

子育てや家事が夫婦のどちらかに負担がかかるとストレスにつながりますが、かといって分担しようとしても難しい場合もあるかもしれません。ならば、 家庭の幸せのために、月に2回でも家事代行を依頼する方がいいですよね。月額15000円程度で実現できる、合理的な方法だと思います。

家事代行を頼んでいる友人は、「家に帰ってきたらホテルに戻ってきた感じ」って言うんですよね。自分の家があたかもホテルのよう、ってすごいことですよ。生活の質も上がるし、ストレスも軽減できる。まだ家事代行を体験していない方は一回試しにやってみて、と言いたいです。

ー子育て世代に対しての力強いエールありがとうございます!最後に、ecboの目指す世界観や実現したいことを教えてください!
image
私たちecboは「モノの所有を、自由に。」をミッションに、荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク )」を運営しています。

「ecbo cloak」は「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービス です。スマホ予約でお店や施設の空きスペースに荷物を預けることができます。現在、東京を中心に全国の主要な都市で展開中。旅行やイベント、お買い物など様々なシーンでご利用いただけます。コインロッカーに入らない大型荷物の預かりも可能です。

例えば、お子様とお出かけするママさんは、ベビーカーが必要なくなる時、荷物が多すぎて子供を抱っこできないということがあります。コインロッカーに預けたいけど空いていない、そもそも大きすぎて入らないといった際に、街中のecbo cloak加盟店に預けられます。

しかし、「モノの所有を、自由に。」というミッションを実現するためには、荷物を預けたい時に、すぐ近くに店舗があることが当たり前になる必要があります。そのため、まずは東京をはじめとする主要都市に、十分な数のecbo cloak加盟店を増やすことに注力しています。そして、東京での成功事例を同じ課題を抱える世界中の都市に横展開し、世界中で「モノの所有を、自由に。」を体現していきます。
image
ecbo cloak HP:https://cloak.ecbo.io/
ecbo cloak アプリ:https://bit.ly/2UzxtSn

誰でも使える1時間1000円〜の家事代行


工藤さんはキッズラインの家事代行をご友人にも勧めていただいているとのこと!リーズナブルな価格と質を両立させるキッズラインの家事代行を、ぜひみなさまにご体験いただければ嬉しいです。

1時間1000円〜のキッズラインの家事代行の詳細はこちら!


料理が好きなあなたには家事サポーターとして活躍の道も!

image
資格がなくてもOK!キッズラインの家事サポーターは家事が好きな方、得意な方が輝けるお仕事です。「時給」や「働く時間」も自分で決められるのが魅力。未経験でも安心のフォロー体制で、無理なくお仕事を始められます。

興味のある方は、ぜひ家事サポーター登録説明会に来てみてくださいね!登録説明会は東京・六本木本社およびオンラインでの開催も行っています。