キッズラインでは新たに「オンラインサポート」をリリースしましたが、ご活用いただけましたでしょうか?今回は、いち早くオンラインサポートを取り入れた親御様へのインタビューをお届けします!
 
「オンラインサポートでなにができるの?」
「頼みたいけど、どういうサービスなのかまだイメージできない…」

そんな方はぜひ参考にしてみてください。

キッズラインのオンラインサポートとは

image
  
外出自粛要請により、ご自宅で過ごす時間の多くなる今、なかなか外部の人への相談やサポートを依頼できないという悩みを抱えている親御様も、多くいらっしゃることかと思います。
 
キッズラインのオンラインサポートを利用すると、こんなことができます!

オンライン育児相談
外出することなく全国の育児経験豊富なシッターさんに、オンラインで育児相談をすることが可能です。キッズラインには、保育士さんのほか、看護師さんや、助産師さんなども登録していますので、親御様のご相談内容に合わせて、場所を気にすることなく最適なシッターさんへの相談が可能となりました。
 
長引く外出禁止や、孤独な育児で、「子どものストレスが溜まって不安」「いやいや期の対応に困っていて、育児経験豊富な人に体験や声がけについて教えて欲しい」など、育児の不安は、お話をすることで不安が和らぐこともあります。
 
見守りサポート
絵本の読み聞かせやおしゃべり、クイズ、お歌などを通して、画面越しにお子様と遊びながら、様子を見守ることができます。お話し相手になることで、親御様の意識を100%お子様に集中させる必要がなくなり、テレワーク中にも助かります。
 
家庭教師、家庭学習サポート
オンラインで学習サポートができます。宿題の確認や苦手分野の補修、英会話のレッスンなど、シッターさんの特技や強みを生かしてオンラインで対応いたします。「休校が延長となり、子どもの学習をどう進めていったらいいか不安」という方におすすめです。
 
オンライン事前面談
ベビーシッターを正式依頼する前の面談をオンラインで行うことが可能になりました。シッターさんの人柄や雰囲気をより知ることができますので、特に「初めての利用なので、どんな方が来るか不安…」という方は、オンライン事前面談をご検討ください。

※各サポーターによってサポート内容は異なります。予めメッセージで相談し、サポート内容の決定・依頼を行います。また通信環境の確認も合わせて実施し、当日の通信トラブルを防ぎましょう。

オンラインサポート体験談

image
 
実際に、キッズラインのオンラインサポートを利用された方にお話を伺いました!

ー本日はよろしくお願いします。まずは現在のご家庭の様子をお教えいただけますか?
 
よろしくお願いします。現在、5歳の息子の育児中です。
 
都内の企業で週3日のアルバイトをしているのですが、現在は、時短勤務のテレワークに移行しました。夫も数週間前からテレワークになっていて、3人で家の中で過ごす時間が増えています。
 
ー育児をしながらのテレワーク、やってみていかがですか?
 
正直、仕事にならないときが多々ありますね…。午前中、主人が面倒を見ている間に私が仕事時間をとり、午後から交代…と協力してやってはいるものの、思うようにいかないことも多いです。
 
普段は平日の昼間にいない夫が家にいるので、休日のような感覚で息子が遊んでほしいという気持ちが募り…ただ、お仕事をしているんだ、ということは理解しているので、我慢をさせてしまい、それがストレスの一つになっているみたいです。
  
実際、今までは15分ほどで眠りについていたのが、幼稚園に通えなくなりおうちで過ごすようになってから、布団に入って寝るまで1時間ほどかかるようになってしまいました。
 
ー息子さんも頑張っているんですね…。そんな中、オンラインサポートを利用したのはどうしてですか?
 
ちょっとしたことで、息子が大泣きしてしまったことがありました。いつもより激しく泣いていて、家族以外とコミュニケーションができないということが相当なストレスになってしまっているなと感じ取り、オンラインでもシッターさんと交流を持てる場を作ってあげたいなと思い利用しました。
 
ちょうど、以前シッターとしてお願いしたことがあったゆうこさん、高橋さんが、オンラインサポートもできるということだったので、お願いをすることにしたんです。
 

使い方①:絵本の読み聞かせ

image
  
ー実際、オンラインサポートとしてどんな過ごし方をされたんですか?
 
ゆうこさんは、絵本の読み聞かせの活動をしている方なので、絵本を読んでもらいました。タブレットを使用しての会話、「戸惑うかな?」と不安だったのですが、一度お会いしているからすぐに楽しくおしゃべりするようになりました。また、普段は大人が使うタブレットを独り占めできることが嬉しいようでした(笑)
 
image
 
こちらが特に指定することなく、絵本も事前に用意してくだっていました。30分、おしゃべりや読み聞かせの後、息子が飽きてきたらどうぶつクイズに切り替えて…オンラインでもしっかりコミュニケーションがとれるように工夫してくださっていて、さすがシッターさんだなと感心しました。
 
また、育児に関する講演活動なども行われている方なので、ゆうこさんと雑談するなかで、私自身もこの環境のストレスを感じていたことに気付けました。元気に過ごしていますが、変化に疲れていたんでしょうね…言葉にして気持ちを表わすことで楽になった感覚があります。
 
ーオンラインサポートは育児相談としても有効なんですね。

使い方②:英会話レッスン

 
現役大学生シッターである高橋さんは、英語教育に関わる活動をしているので、英会話レッスンをお願いしました。事前のメッセージで、丁寧にヒアリングや提案をしてくださったのでありがたかったです。
 
image
 
子どもなので、なかなか集中力を持続させることは正直難しいです。英会話レッスンも、30分ほどで飽きてしまったようで…ただ、シッターさんとお話することは1時間ずっと楽しめたようで、自分から本を持ち出し、熱心に大好きな電車の話を高橋さんにしていました。
 
image

ーその間、親御様はどう過ごされていたんですか?

 
何かあったらすぐに対応できるようにと同じ空間で仕事をしていました。ただ、1時間、私の出番はなかったため、料理に時間を使うことができました。たまに様子を確認しましたが、シッターさんが見守ってくださっているので安心でしたね。
 
ー今後、はじめてオンラインサポートを利用する方は、どのような用意があればいいでしょうか?
 
やることは事前のメッセージで決めておいた方がいいかな、と思います!もちろん、子どもの気分もあるので、それ通りにならないかもしれませんが、オンラインでもできる読み聞かせ、クイズ、体操、お歌など、アイディアを出しておくと時間が有効に使えますね。
 
image
 
また、子どもの興味関心についても共有しておきたいですね。ずっと集中してひとつのことを…というのは苦手な子が多いと思うので、画面から意識がそれてきたときに好きなもので気を引くと時間いっぱい楽しんでくれると思います。

 
また、小学校にあがるまえの子どもだと、椅子に長時間座っておくことに慣れていないので、動きたがります。できればタブレットや、軽いノートPCがいいですね。息子も持ち運び、場所を変えていました。
  
ーオンラインサポート後の息子さんの様子はどうでしたか?

image 

とっても楽しんでくれたようで、「つぎはどんな先生と会える?」とせがまれています(笑)やはり、家族以外の大人との交流も必要なんだなと実感しました。
 
在宅ワーク中だと、子どもに100%の意識を注ぐことって難しいですよね。そばにいても、かまってあげられないことに心を痛めている親御さんも多いのではないでしょうか。そういう状態って、子どもは敏感に察していると思うんです。
 
シッターさんは、100%の意識を注いで子どもを見てくれます。「この人はぼくの話をしっかり聞いてくれる、見守ってくれている」というその状態が、子どもの安心感を育んでくれます。
 
ーそのほか、オンラインサポートを使用してみてのメリットはありますか?
 
image
  
私の住まいは東京なのですが、福岡で活動するベビーシッターさんからメッセージをいただきました!オンラインであれば場所にとらわれずに、素敵なシッターさんにお願いしたり、育児相談が出来たりするのは魅力ですね。

 
また、通常のベビーシッターだと、部屋をある程度片づけたり、お茶を用意したり、服装に気を使ったり…と事前の受け入れ準備が必要になります。オンラインサポートはそれがいらないので、親の負担がさらに軽減されていますね。
 
ー本日はありがとうございました!

今回のオンラインサポートは、外出自粛の中で少しでも育児のサポートになりたいという思いで開始しました。おうちで過ごす時間が多くなる今、オンラインでもシッターさんとお子様が触れ合えたり、親御様も保育のプロに相談やお話ができることで、少しでも前向きな気持ちでこの時期を過ごしていただけたらと願っています。

使い方3つのステップ

ステップ1:オンライン対応可能シッターの探し方
「条件を絞る」ボタンを押して進み、スクロールして一番下に進むと「キーワードで絞る」という欄があります。キーワードで絞るという欄に「オンライン」と入力すると対応シッターが表示されます。

image

▼こちらからも対応シッターを探すことができます
https://kidsline.me/short/Vea2hP80

ステップ2:オンラインサポートの頼み方
プロフィールページのキャンペーン欄に「オンライン面談受付中」「オンライン育児相談受付中」「オンライン学習サポート受付中」等と、書いているサポーターにまずはメッセージで問い合わせをしてみましょう。

メッセージのやりとりを行い、サポートが可能な場合は日程調整に進んでください。

image

■オンライン面談依頼テンプレート
ーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!3歳の娘がいる〇〇と申します。
今後ベビーシッターさんに娘の保育園の送迎をお願いしたいと考えており、ぜひオンラインで事前面談をさせていただければと思います。

■希望日時
第一希望:5月2日(土)12:00〜13:00
第二希望:5月4日(月)11:00〜12:00

■お仕事開始時期
5月下旬頃

恥ずかしがり屋ですが、元気いっぱいな優しい娘です。ぜひ、よろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

■オンライン育児相談依頼テンプレート
ーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!生後6ヶ月の息子がいる△△と申します。
オンラインで育児相談をさせていただきたいと思い、メッセージいたしました。

■希望日時
第一希望:5月3日(日)11:00〜12:00
第二希望:5月6日(水)11:00〜12:00

■相談したいこと
離乳食初期の進め方について

初めての育児で色々迷ってしまうことも多いので、子育てのプロであるシッターさんに相談させていただけると嬉しいです。ぜひ、よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

■オンライン家庭教師依頼テンプレート
ーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!小学5年生の娘がいる□□と申します。
小学校の休校が延長され、娘の学習の遅れが心配なので、オンラインでサポートいただければと思いメッセージいたしました。
娘との相性もあると思うので、まず一度母親の私も同席させていただいて、学習の進め方などを相談させてください。

■希望日時
第一希望:5月7日(木)12:00〜13:00
第二希望:5月11日(月)9:00〜10:00

■学習内容
1回あたり2時間で下記2つをお願いいたします。
・学校から出ている補修プリントを計画的に進めていただきたいです(1時間)
・英会話レッスン(1時間)

私も自宅で仕事をしながら娘の勉強をみるのが難しいので、優しいお姉さん、お兄さんにお勉強をみてもらえると助かります。ぜひ、よろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ステップ3:必要なもの・事前確認
・パソコン(Windows/Mac)またはスマートフォン(iPhone/Android)、タブレット(iPadなど)

・テレビ会議システム「ZOOM」のアカウント
※ZOOMのご利用が初めての方は必ず使い方ガイドの内容をご確認ください。
image

こちらの体験記事を読んで、オンラインサポートを試してみたいという方は、こちらから詳しい使い方をご確認ください。
https://kidsline.me/information/onlineinterview_usersguide

※福利厚生・各種補助について
オンラインサポートでは、内閣府補助券、幼保無償化、リロクラブ、すくすくえいど、リソルライフサポート、WELBOX等の福利厚生サポートの申請は「対象外」となります。えらべる倶楽部については、オンライン「面談」の場合のみ育児補助券の対象となります。オンライン家庭教師やオンライン育児相談などは対象外となりますので予めご注意ください。(2020年5月14日追記)