「初めての出産、いったい何を準備すればいいの?」「予防接種、あと何が残っているんだったっけ・・・」そんな子育て真っただ中の新米ママをしっかりサポートしてくれるスマホ向けの無料アプリをママライターのさやこが厳選してご紹介。

育児日記、写真の整理、ベビーシッターを呼べるアプリまで!パパとも共有できたり、プレママ期から使えるものもあります。今回は3歳と1歳の子供がいるママライターの私が実際に使ってみて心からおすすめできる育児アプリ5選をお届けします。すべてiPhone、Androidどちらからでもインストールできます!

1.母子健康手帳アプリ

画像

「体重は順調に増えているかな?」「離乳食っていつ頃から始めたらいいんだっけ・・・」「もうそろそろハイハイするかな?」子育てしていると、気になることがたくさん出てきますよね。

そんなママを全面的にサポートしてくれるアプリ、「母子健康手帳アプリ」。まさに、母子手帳をもっとパワーアップさせたような充実の内容です。

例えば、健診の内容はアプリでデータ保存、子どもの成長を一貫して確認、パパとも共有できます。個人的には、子供の体重を記録しておくと自動的に成長曲線のどの位置にいるかが一目でわかるので重宝しました。

また、住んでいる自治体やかかりつけの病院を登録しておくと、健診のお知らせなど自分に合った情報が自治体から届く優れものです!その時期の子供の発達に合わせた「子育てQ&A」もあり、お医者様など専門家が監修しているので安心。

まさに痒い所に手が届く、ママの知りたい情報にすぐアクセスできるのがいいですね。

私の場合、第一子の時は時はどう子どもが成長していくのか全くわからなかったので、専門家にしっかり見てもらいながら育児できているようで心強かったです。子どもの成長記録を残して、情報を漏らさず育児したい!というママにおすすめ。

ちなみに、今はダウンロードしたらオリジナルの出生届が手に入る「ママパパ応援!夏のウキウキ☆プレゼントキャンペーン」を実施中のようです!※ダウンロード:2018年6月27日(水)~2018年9月12日(水)、応募期間:2018年6月28日(木)~2018年9月14日(金)17時

iPhoneアプリのダウンロードはこちらから!
Androidアプリのダウンロードはこちらから!

2.予防接種

画像

もうひとつ、育児系でおすすめしたいのがこちらの「予防接種スケジューラー」。まさに、予防接種の予定を管理できるアプリです。

生後2ヶ月から予防接種が始まりますが、1歳のお誕生日を迎えるまでに打たなければならないワクチンがたくさん!初めて接種ワクチンの一覧を見たときは頭がクラクラしそうでした(笑)自分では管理しきれない・・・と思ったので、早速アプリをインストール。どの予防接種を受けたか、どれが未接種なのかをアプリ上で簡単に把握することができます。

私の場合は、正直なところ子どもが1歳を超えると使わなくなってしまったのですが、1歳までは毎月チェックしていたため、ワクチンの接種漏れがなく、最短スケジュールですべてのワクチンを打ち終えました。

一つ目にご紹介した「母子健康手帳」アプリと併用するのがおすすめです!

iPhoneアプリのダウンロードはこちらから!
Androidアプリのダウンロードはこちらから!

3.家族アルバム みてね

画像

言わずと知れた人気アプリ「みてね」!利用者数が多く、満足度も高い家族アルバムアプリであり、子どもの写真、動画を共有・整理できます。家族間での共有がしやすく、祖父母への写真共有はもっぱら「みてね」。

子供が生まれてから数年間ずっとお世話になっています。「家族みんなに共有」「夫婦のみ」というように写真や動画の公開範囲が決められるのもいいですね。

インスタグラムのように、写真だけがたくさん並ぶので見やすく、また月ごとにページがわかれているため月齢ごとの成長がわかるのがいいところ。動画を投稿して一定数たまると「1秒動画」としていい感じにまとめてくれるので、過去の子どもたちの様子を見てウルッとくることも・・・。

写真共有アプリをこれまでいくつか試してみたのですが、見た目のデザインがわかりやすく操作もサクサク進むので一番良かったです。容量無制限なので、アップロード数を気にしないでいいのもおすすめポイントです!動画に関しては、1本3分までアップロードできますよ。

iPhoneアプリのダウンロードはこちらから!
Androidアプリのダウンロードはこちらから!

4.ママリ

画像

プレママ期から利用していて、ママになってもずっと使っているという方も多いのではないでしょうか?言わずと知れた育児系王道のアプリ、「ママリ」ママが抱える子育ての疑問を匿名で相談できる女性限定のアプリです。

双子ママ、年子ママなど自分と似た境遇の全国のママとママリを通じて繋がれることもあり、「ちょっと聞いてほしい」というときに気軽に投稿できるのが魅力ですね。質問かぶりもOK!とうたっていることもあり、コミュニティの温かさが感じられるのも「ママリ」ならでは

私はプレママ期に友達から教えてもらい、出産準備品や産後の生活のイメージをつかむのによく利用していました。リアルなママの声を知ることできるアプリとしては最強といっても過言ではありません。

また、ママ向けの記事も頻繁に更新されているので、ちょっとした隙間時間を生かして育児情報にアクセスできるのもおすすめポイントです。

iPhoneアプリのダウンロードはこちらから!
Androidアプリのダウンロードはこちらから!

5.キッズライン

画像

最後にご紹介するのは、スマホでベビーシッターを呼べるサービスを展開する「キッズライン」

登録も簡単でスピーディー、私も前日の夕方に登録をしたら、翌日には審査完了してベビーシッターの予約ができるようになりました。サポート代金も登録済みのクレジットカードからの引き落としなど、何よりも手軽なのが一番の魅力です。

1時間1000円~シッターさんをお願いでき、利用者からのレビューも公開されているので、初めて頼むときにも安心して頼める工夫がされているように感じます。

病児・病後児対応シッターを探せるのも本当にありがたい!実は、私も初めてキッズラインを利用したのが病児のサポートでした。自治体の一時保育はすぐには使えないし、夫のヘルプも頼めない!というときのライフラインとして登録したのですが、頼れる先が一つでも多くある、というだけでも気持ちが楽になりますよね。

iPhoneアプリのダウンロードはこちらから!

Androidアプリのダウンロードはこちらから!

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したアプリは、すべてダウンロード無料です。少しでも気になるものがあれば、ぜひダウンロードしてみてくださいね。子育てに寄り添うアプリを使って、皆さんの子育て生活がもっと楽しく、安心できるものになりますように!


プール遊びや工作レッスンなど、夏休みだからこそお子様を楽しませたい!と思うサポーターさんがたくさんいます。まずはご自宅近くのサポーターさんを検索してみてくださいね。