年に1度の一大イベントである子どもの運動会。パパママに加え、おじいちゃんやおばあちゃんも集まる楽しい行事である一方、お弁当を用意するとなると、準備がとても大変ですよね。
今回はそんな運動会のお弁当を家事代行にお願いしてみたところ「なぜ今までこの使い方に気づかなかったんだろう、ってくらい良かった!」というスタッフの声を聞きつけたので、早速インタビューしてみました!
image

ー家事代行を使おうと思った背景ときっかけについて教えてください。

我が家は毎年、パパママと祖父母4人が運動会に参加するので、大人6名分+子ども1名分のお弁当を作るのに一苦労していました。
人数分の献立を考えて、買い物をして、下準備をして・・と全てをこなすには、1週間位前から本気で色々考えないといけなくて。

今、仕事を終えて家に帰宅するのが最短で20時。そこから下準備をして、当日早起きをして料理をしてお弁当を詰めて・・と考えるだけでぞっとしました(笑)
今回、「家族みんながハッピーに当日を迎えられる!」と思いつき、おもいきって家事代行をお願いすることにしました。

ー運動会のお弁当作りのサポートをお願いするにあたり、メニューや食材についてはどのように依頼しましたか?

メニューは、あらかじめこちらで作って欲しい献立を提案し、それに対してサポーターさん側から「これも追加してみてはどうですか?」とアドバイスを頂きながら進めて行きました。

献立が決まったら、必要な食材一覧を一緒に確認しました。
味付けは細かく事前にお伝えして、我が家の好みのものになるようにしてもらい、材料の買い物から下準備までを全てサポーターさんにお願いしました。

運動会当日は「詰めればOK」の状態のところまでサポートしていただいたので、とてもありがたかったです。

image
※実際のお弁当の写真です。

1.サンドイッチ(卵マヨ、ハムチーズ)
2.唐揚げ
3.野菜の肉巻き
4.卵焼き
5.炊き込みごはん 3合
6.とうもろこし
7.人参のソテー(オリーブオイル、塩)
8.種なしぶどう
9.飾り用の茹で人参(ミッキー、星)

ー「お弁当は自分で作らなきゃ」と考えるママも多いかと思いますが、実際お願いしてみていかがでしたか?

今まで、娘の行事関係は「なるべく自分で手作りしたい!」というこだわりがあったのですが、実際にそのこだわりを手放してみて、メリットだらけでした。

サポーターさんが下準備をしている間は、娘も一緒に味見をしながら「これ美味しいね!」と言っていたそうです。私が帰宅すると、「今日、お料理作ってもらったものを味見したけど、唐揚げが凄く柔らかくて一番美味しかった!ママも今食べて見て!」と嬉しそうに教えてくれました。そして、前日の余裕と当日朝のゆとりのある時間に幸せを感じました。

もちろん「手作りの良さ」があるのも前提で、選択肢の1つとして、家事代行でお願いすることも良いと感じました。

ーキッズラインの家事代行で、お願いして良かったことがあればぜひ教えてください

今回に限らずなのですが、サポート前よりサポート後の方が、キッチンが綺麗になっていたことが嬉しかったです。

また、今回お願いしたサポーターさんはベビーシッターの登録もされている方なので、子どもへの対応がお上手でした!
家事代行とベビーシッターサービスを両方提供しているキッズラインならではの良さだと感じました。
image
ー最後に、この記事を読んでくださっている方にメッセージをお願いします!

思い切って家事代行にお願いして良かった、と思いました。運動会という大事なイベントだから自分でお弁当を作らなくては・・というこだわりを持っていましたが、こだわりを捨ててもメリットしかないと感じました。

サポーターさんが私たち家族のために献立を一緒に考えてくれたり、子どもが嬉しそうに下準備を手伝ってくれたり、仕事から帰ってきたらお弁当の下準備が出来上がっていたりと、今回お願いしたことはとても感動が多かったです。

今後は運動会のみならず、お花見や大人数でのピクニックでもお願いしたいなと考えています!

いかがでしたでしょうか?
お子さんの思い出に残るイベントだからこそ、笑顔で過ごしたいと思うママは多いのではないでしょうか。
そのための方法として家事代行を依頼するという選択肢を持ってみてはいかがでしょうか。

今回お願いしたサポーターさんはこちら
image
https://kidsline.me/sitters/show/u0383958540

お弁当はキッズラインにおまかせ!料理ができるサポーターはこちらから!

image

キッズラインの会員登録はこちら

image

家事サポーターさん大募集!
image

自分の好きなことで、自由に働きたいと思った方はぜひ家事サポーター登録説明会にお越しください!登録説明会は東京・六本木本社およびオンラインで開催しています。