家事代行の良さは「時間が生み出せる」こと

ー箕輪さんはキッズラインの家事代行サービスを定期利用してくださっていますが、利用してみていかがですか?
image
僕も妻も仕事があるので、お互いの時間を生み出せるのが最大の利点ですよね。その点で家事代行やめよう、って永遠に思わないなぁと。ただ、家事代行自体に心理的ハードルがあるんじゃないかな。正直なところ、お願いするまでが面倒ですよね。

ーなるほど、依頼することへのハードル、ということでしょうか。

そうそう。一度家事代行を頼んでしまえば後は続けるだろうし、「最初のステップ」をいかに省略するかが大事だと思いますね。

ー最初のステップですね・・箕輪さんが考える心理的ハードルの下げ方はどんなイメージですか?

極端なアイディアだけど、1クリックで簡単な登録をすれば無料でお試し利用ができるとかどうかな。「来週からは利用登録が必要になりますけど継続しますか?」みたいなスタンスで手続きできるといいかな。住所と名前だけ伝えたら突然家に来て勝手に掃除しちゃう、押しかけ家事代行的な(笑)。

ーなかなか斬新なアイディアですね...!

やるとなったら色々問題あるかもしれないけどね。でも、アイディア出す時は極端なことを言った方が良いと思います。良いアイディアなんて出てこないですよ。振り切ったことやらないと。毎週来てもらえていて、その時間が仕事に充てられるから働く人にとっては絶対良いと思うんだよね。

自分の「24時間」は自分にしかできないことに充てられているか

image

ー家事代行で生み出した時間を仕事にされているとのこと、箕輪さんご自身が「家事をしたい!」と思うことはありますか?

いや、全くありません。片付けや掃除は苦手ですし、得意な人にお願いしたほうがいいと思っています。

僕は、自分の資源が「時間」だと思っています。その時間をどこに投入するかを慎重に見極めて全力を尽くしたい。もし僕が家事に自分の時間を投入したら、全員が不幸になる。儲からないし、きれいにならないし(笑)

「自分の24時間をどこに割り当てるのか」という考え方はすごく大事だと思っています。もし、好きで家事をするのであれば良いけど、苦痛に感じながら家事をするのであれば今すぐやめたほうがいい。

駆け出しのころは家事は自分でやるのが当たり前、と思ってやっていたけど、当時は成長スピードとアウトプット量が本当に少なかった。得意な誰かに任せる、アウトソーシングする、っていう力を身につけてからですよ、飛躍的に成長したのは。

飛躍的に成長するためには、圧倒的に時間が必要

image
ーなるほど...!箕輪さんはどうやって「得意な誰かに任せる」考え方に切り替えられるようになったのですか?

時間は限られているし、そこに自分のリソースを全投下したい、と思うからです。だってそれは僕にしかできないことだから。すべて自分でやっていたらうまくいかないですよ。限られた自分のリソースをどこに投じていくかについて敏感にならないといけないと思います。

例えばサッカー選手は、サッカーに集中するため、監督、コーチなど色々な人がいて成り立っていますよね。自分でボールに空気入れたり準備しながらサッカーするとしたら成長スピードが下がってしまうのは容易に想像できるはずです。

「自分しかできない」もの以外は手放して得意な人に任せるべき

image
ー自分の限られた時間を使うという考え方、とても参考になります。

「自分ですべてやらないといけない」という姿勢は一見良さそうに見えるかもしれないけど、これからの時代は「自分しかできない」というもの以外は手放すスタンスでいくべきだと思います。「いかに捨てるか」ですよね。

明日死ぬとわかっていたらどう行動するか?ということもよく意識しますね。明日死ぬとしても家事をしたい、なら家事をした方がいい。そうじゃなくて、友達と遊ぶことを選ぶなら絶対に家事はアウトソーシングしたほうがいいと思います。だって、明日死ぬと思ってもやるようなことって、なによりも楽しいことだと思うんです。だからこそ、成長するし、時間の使い方も効率的になって価値を生み出しやすくなる。

一流になれ その時間は家事代行で生み出そう

image
一流っていう言葉はあまり好きじゃないけど、自分にとって一流とは「自分にしかできないことをやっている人」なんです。代わりがいる人は価値が下がるから、どれだけ自分にしかできない仕事に集中するか、です。

多くの人はバランスよく生活していると思います。飲み会の時間、子どもとの時間、仕事の時間...そのほうが人生としては幸せかもしれないし、それを否定するわけではないけど、突き抜けることはできないんですよ。

だから、自分が成長したい時は圧倒的に努力した方がいい。そのタイミングでは一心不乱に集中しないと爆発的に成長しないから、そういう意味では、「家事をしている暇がない」よね。

むしろ、「家事したい」なら家事ですら本気を出して極めるくらいの気概がないと。お金もないし、自分でやった方が面倒臭くないし...みたいな考え方だといつまでたっても二流のままです。

自分しか出せない価値を生み出すには、自分の生活からまず手放せるものを探す。多くの人にとって、僕はそれが家事だと思っているから、家事代行でお願いした方が良いと思います。だって、一流になるためには、極端にバランスを崩すくらい、その人が突き抜けるためのフェーズが必要だから。

ー箕輪さん、今日は貴重なお話ありがとうございました!

圧倒的に突き抜ける。一つの手段として家事代行を

飛躍的な成長のためには自分のリソースを全て投下する。そんな時間を生み出す手段として家事代行は必須だと語ってくださった箕輪さん。

キッズラインではたくさんの圧倒的に突き抜けたい人の時間を生み出すべく全力でサポートさせていただきます!

キッズラインの家事代行を使ってみる





家事サポーター大募集!週末副業や「料理好き」「掃除好き」をいかそう!

image

今ならはじめてのアプリ利用で300円分のポイントプレゼント!

10/30(水)まで、アプリからの初回予約&実施で、もれなく300円分のポイントをプレゼントいたします!詳しくはこちら
image

iOSアプリダウンロードはこちら
Androidアプリダウンロードはこちら