ー今回は福利厚生にベビーシッター制度を導入された株式会社SYLAの代表取締役社長湯藤善行さんに女性活躍の課題についてお話を伺いました。

女性にとって相対的な幸せって?

経沢:クラウドファンディングでキッズラインを応援してくださり、ベビーシッター制度も導入していただいてありがとうございました。

湯藤:こちらこそ、女性活躍に課題を感じていたこともあり、施策の一つとしてベビーシッターを導入させていただきました。

経沢:御社は女性の営業の方は多いんですか?

湯藤:多いですね。しかも女性の営業の方がよく売れるんです。ただ、どうしても不動産の営業って大変そうなイメージが強いみたいで。

経沢:先が見えにくいのでしょうか。ロールモデルが少ないのかもしれませんね。このまま営業をやっていて、私の女性としての人生はどうなるんだろうと不安になりやすい側面もあるのかもしれません。

湯藤:おっしゃる通りです。それを考えて、最近はジョブローテーションするなど、営業だけでなく様々な形で活躍ができる環境を整えようと取り組んでいます。でも女性の相対的な幸せって何なんでしょうね。

経沢:何が幸せかは、一人一人違うので、女性の場合は複雑ですよね。男性の場合はほとんどが昇進昇格など社会的成功で、そこを目指せば良い。でも女性の場合は様々なパターンがあるから、本人に選ばせて、優先順位を整理整頓する必要があるかもしれませんね。お給料だけでなく、この仲間が好きだから、とかいろんなポイントがありますよね。

画像

働きやすい会社にするため、できることは全部やってみたい

湯藤:昨年は1年で4回社員旅行へ行きました(笑)ベビーシッター補助も始めましたし、他には例えば生理休暇を取得できるようにするなど、女性が少しでも働きやすくなるように、とにかくできることは全部やってみたいと考えています。経沢さんは、女性がずっと働ける会社にするには、何が必要だと思いますか。

経沢:まず同一労働同一賃金は絶対ですね。同じ仕事をしていても男性より女性の方が年収が低いというのはやる気を削いでしまうので、実力主義の徹底がまず一つ大事です。

湯藤:なるほど。

経沢:育児を理由に早く帰るのは良いのですが、それが理由で仕事の成果が出にくくなる、というのは別問題ですよね。時短でもやりがいのある仕事をやってもらうことが大事だと思います。サポートという点では、両立の大変さを理解することはもちろん、男性も女性も協力すること。そうすれば皆で乗り越えられると思います。女性に対して、仕事もしろ、育児もしろ、管理職になれ、など今の社会は要望が多い。それだと続きませんよね。まずは気持ちを汲み取り、手伝えることは皆でサポートする姿勢が大切です。

画像

東京の地価上昇はオリンピックまで?

経沢:シーラさんの販売されているマンションはどういった物件が多いんですか?

湯藤:都心のワンルームマンションがメインです。今後ますます東京に人が集中すると予想されるので、単身者用の賃貸需要はさらに増えていく見込みです。

経沢:すると若い方が多いのでしょうか。

湯藤:いいえ、ワンルームの単身者といっても、若い人だけでなく今は高齢者も多いんです。子どもや孫の近くに住みたいから、今まで住んでいた田舎ではなく都心へ出てくる。家が広いと掃除も大変だからワンルームでいいんじゃない、と。他には規制緩和で海外の企業も増えるため、外国人も着実に増えています。
経沢:
そうすると、東京の地価はまだ上がり続けるんですか?

湯藤:そうですね。多くの方が、オリンピックまでではないかと言うのですが、僕は全然そう思いません。ちょっと専門的な話をしてもよろしいですか?

経沢:もちろん!そういう話大好きです。

画像

実際の不動産の価値は上がり続ける一方

湯藤:不動産の価格には、マーケット価格と不動産の実際の価値の2種類があり、マーケット価格はオリンピックの前後で動きます。でも実際の不動産の価値は、使い勝手・利便性・デザインで決まるんですね。そして使い勝手と利便性は上がる一方なんです。

経沢:例えばどういうことでしょう?

湯藤:東京はどんどん開発が進み、渋滞緩和のために道路を繋げたり、リニアが開通することにより国内の移動がもっと早く便利になる。大阪まで1時間20分で行けるようになるんです。そうすると国内の飛行機での移動が減るため、減った分、海外への空の便をもっと増やすことができる。東京はどんどん便利になり、さらに人が集まります。したがって、マーケットは変動がありますが、実際の不動産の価値は上がる一方なんです。

経沢:なるほど!使い勝手という点でも、コンシェルジュなどマンションのサービスクオリティはどんどん向上していますしね。私は将来、ベビーシッター付マンションをつくることが夢です(笑)

湯藤:いいですね!弊社もやってみたいです。

不動産投資は勇気ある女性にフィットする選択肢

経沢:御社のお客様は、どういう方が多いのでしょうか?

湯藤:外資系企業の金融マン、証券マン、コンサルタントなど、圧倒的に男性が多いです。

経沢:私も以前女性向けにマンション投資のセミナーをやったことがあるのですが、女性は究極的には、自立して経済的にも自由であった方が、いろんな人生の波を乗り越えやすいと思うんです。これからの時代は特にそうですよね。その時、資産活用としての不動産投資は、勇気のある女性にとっては、すごくフィットする選択肢だと思います。管理も全部やってくれるし、ローンが組めれば面倒なことは一切なく、ある程度の一定収入も望めます。

湯藤:経沢さんもされていらっしゃるんですよね。

経沢:はい。女性は投資に対して恐怖心を持ちがちですが、手続きだけの問題で、何も怖いことはないです。むしろ、たまに持っていることすら忘れちゃって、気付いたら毎月振り込まれているぐらいです(笑)

画像

子どもの将来を考えての不動産投資需要も。

湯藤:弊社では最近、女性営業だからこそ女性のお客様の気持ちを汲んで、販売できるのではないかと考え、そういう取り組みも始めています。女性のお客様が、どういう目的で投資用の不動産を買ってくださるのか模索しています。

経沢:なるほど。子どものため、という場合もありますよね。将来、子どもが大学生になったときに住ませることもできますし。

湯藤:そうなんですよ!男性女性問わず、そう言って買ってくださるお客様は結構いらっしゃって。「自分は給料が高くないし、これからもそんなに上がらないけど、そんな自分が3人も子どもを授かった。だからその責任を果たすために、子どもたちへ一人一つは絶対不動産を準備して残してあげたいんだ。」って。そういう方には、最大限努力して、絶対良いものを提供したい!って僕たちは思います。

経沢:素敵ですね。それ、私にも紹介してください(笑)

湯藤:ぜひ!あと、うちの社内でも、子どものいる社員向けにベビーシッターの説明会を是非やって欲しいですし。

経沢:もちろん、お伺いします!これからも宜しくお願いします。