雨の日も、暑い日も寒い日も、休みのない保育園の送迎。はかどっていた仕事を泣く泣く切り上げ、電車に駆け込むなんて日常茶飯事。1日の中で体力的にも時間的にもパパママの結構な負担になりますよね。そんなパパママに送迎シッターの活用法と意外とお得な料金例をご紹介!

思い通りにはいかない通勤前・仕事後の送迎は…

画像

スーツを着て、お子さんの手を握って、荷物を担いで移動するのは大変ですよね。雨の日はさぁ大変。タクシーに乗ってしまおうと思っても、なかなかつかまらず、レインブーツにレインコートを身に付け、急いで移動!と思っても、子どもが水たまりに寄り道という小さなストレスが溜まっていくものです。

お互い遅刻しないようにヒヤヒヤしたり、時に子どもにイライラする送迎は避けたいですよね。そこでオススメしたいのが、送迎シッターです!

送迎を外注してみよう!

◼︎ 送迎もお願いできるキッズラインとは?

画像

キッズライン とは、0歳から15歳のお子さんを対象に、即日手配可能なシッターサービスです。送迎だけでなく、お泊まり保育や家庭教師の依頼にも対応しています。全シッターの詳細プロフィールが確認可能な上、利用者全員の口コミを見ることができるため、安心して利用していただけます。

◼︎ ベビーシッターの料金は?

画像

通常のベビーシッターサービスの約3分の1「1時間1,000円~」利用可能です。オンラインでシッターを検索し、予約・決済まで行うことが可能です。キッズラインではベビーシッター自ら、時給やオプションを決め、ユーザー・シッター双方から、利用料金の10%を手数料としていただき運営しています。そのため相場と比較すると、継続して利用しやすい価格設定になっています。

◼︎ 短時間の利用例と気になる料金を大公開!

画像

ベビーシッターの便利な利用方法を3つご紹介します!

その1.朝の保育園までの送迎をお願いしたい

1回あたりの利用料金相場:約1,000円〜2,500円
平均利用時間:1時間
何かとバタバタする出勤前。そんな時にシッターに子どものお世話と送迎をバトンタッチできれば、パパもママもゆとりを持って準備ができ、気持ち良く1日をスタートできると思います。

その2.保育園・習い事のダブル送迎をお願いしたい

1回あたりの利用料金相場:約3,000~6,000円
平均利用時間:3時間
保育園にお迎えして、習い事の教室まで送り届け小一時間、教室で待機、そこからまた帰宅となると待機時間がなんだかもったいない上に、お子さんを連れての移動は一苦労ですよね。シッターに頼んでみると、約3時間ほど自分の時間が確保できるので仕事や家事に専念することができます。

その3.子どものお迎えと子守りをお願いしたい

1回あたりの利用料金相場:約2,300円〜4,000円
平均利用時間:2時間
週に1度は残業デー!と決めて、保育園へのお迎えを依頼するのもお勧めです。ママパパが帰宅するまで自宅でシッターに子守りをお願いしてみましょう。金曜日にその週にたまったタスクを一気に片付け、心置きなく週末の家族時間でリフレッシュ!

参考記事:知らない人は損してる?!月1万円台から始めるベビーシッター入門

送迎予約の活用方法をご紹介

画像

便利な定期予約を利用してみよう!

その週に終わらせなくてはならない仕事を終わらせ、すっきりした気持ちで週末を迎えたいですよね。そんなパパママには金曜日など、曜日と利用時間を決めて予約する定期予約がお勧めです。
次に定期予約の3つのメリットをお伝えします!

◼︎ メリット1.予約の手間が省ける
2回分(2週間分)から定期予約が利用できます。月末の予定は分からないけれど、来週の予定は決まっているという方は、1回にまとめて予約できるので予約操作の手間が省けます。

◼︎ メリット2.事前打ち合わせ不要
シッティングは安全第一なのでお子さんのこと、ご家庭のことなど事前にヒアリングしなくてはなりません。同じシッターに依頼することで事前の打ち合わせの手間が省けます。
image
◼︎ メリット3.割引も!
定期予約の場合、普段の時給から割引するというシッターもいます。せっかくなら少しでもお得に利用したいですよね。定期予約を受け付けているシッターのプロフィールページをご確認下さい。

参考記事:家族のようにサポートをお願いできる定期利用

プラスアルファで賢く利用!オススメ利用法3選 ~上級編~

画像

◼︎ その1.バイリンガルシッターに送迎依頼 帰宅後は自宅で英語レッスン!

キッズラインでは英会話や宿題サポートなどを行うシッターが活躍しています。英会話を教えられるバイリンガルシッターに送迎から依頼することで、英会話教室に通う移動の手間が省けます。また一対一のレッスンなので、教室に通うよりも密度の高い学びの時間が得られるかもしれません。

参考記事:バイリンガルシッターを利用している大東めぐみさんのインタビュー

◼︎ その2.送迎後、ママに子どもをバトンタッチ!残った家事をシッターにお任せ!

保育園にお迎えしてもらい、お子さん達と同じ時間に帰宅。その後、料理の得意なシッターに1週間分の作り置きをお願いしたり、洗濯は週2回と決め、洗濯は全てシッターにお任せという方も。

image

◼︎ その3.送迎後、子どものお風呂はシッターにお任せ!

仕事から帰って、お子さんのお風呂が終わっていて、作り置きしたご飯で親子そろって夕食が取れたら嬉しいですよね週1回、お風呂、ご飯、寝かし付けまでお願いするという方も。お子さんの就寝後、ゆっくりバスタイムを満喫してみては?


よくあるご質問

画像

Q.送迎を依頼する際に必要なものはありますか?

園によってIDカードの作成が必要です。
送迎する人の顔写真の事前提出が必要な園、IDカードを携帯して送迎する園などセキュリティ対策をする園が大半です。事前に準備すべきものは何か通っている園へ認しましょう。

Q.家の鍵の管理はどうすればいいですか?

お子さんのカバンの中で家の鍵を保管している利用者の方が多いです。ポストが暗証番号で開閉できるお宅はポストでの受け渡しも良いかもしれませんが、何より安全第一。ご家庭に合った受け渡し方法を考えてみて下さい。

Q.1時間未満の利用は可能ですか?

利用可能です。利用料金は1時間分となります。

Q.送迎シッターの探し方を教えて下さい。

・じっくり探したいときは検索機能を活用!
キッズラインのHPやアプリからログインすると、自宅から近い順にシッターが表示されます。このとき「条件を絞り込む」から「送迎対応」を選択!「英語レッスン」など、その他の検索条件も合わせて検索することができます。

・「明日来て欲しい!」そんなときは「シッター募集」
利用したい条件が決まっている場合「シッター募集」で募集してみましょう。
シッター募集の方法はこちら。

画像

まとめ

休みのない保育園の送迎。1日の中で体力的にも時間的にも結構な負担になりますよね。近所のシッターに依頼する場合は約1,000円~利用できるので、一度試しに送迎を依頼してみて下さい。送迎をシッターにお願いすることで、自身のリフレッシュ、時間の確保に繋がると思います。また、いざとなったら送迎をお願いできるとうセーフティネットを持つことで、心の負担も軽減されるはずです。

image

~ キッズラインとは ~

1時間1,000円から、即日手配も可能!お子さまを預けたいママ・パパとベビーシッターをインターネット上で繋ぐマッチングサービスです。子どもの対象年齢は0歳から15歳まで。産後ケア、英語レッスンや家庭教師もご依頼頂けます。

事前に全シッターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、またFacebookで繋がる友人の利用シッターがわかるため、安心して手配する事ができます。
image

◼︎ 実際に使った人の感想をみる

~ キッズラインを選ぶ理由 ~

1. リーズナブル
登録料、月会費 0円!1時間1,000円からご利用いただけます。

2. 安心・安全
身元・経歴確認の後、面談と研修をクリアしたベビーシッターだけが登録されています。

3. 自分で選べる
お子様やご家庭のニーズ・スケジュールに合わせてベビーシッターをお選びいただけます。