もうすぐ端午の節句!今年も子どもたちが喜ぶ製作を提案したいですよね♪

「端午の節句の工作のレパートリーが少ない・・・。」
「毎年のことなのでそろそろネタ切れ。新しいアイディアがほしい!」

そんな声にお応えして、美大卒のカリスマベビーシッター海野さんが作って遊んで二度楽しい工作を紹介してくれます☆
お子さまの年齢や発達に合わせて材料を工夫することで、2歳〜5歳頃まで幅広くお楽しみいただけます。

まず材料を確認しましょう

画像

・紙コップ(色付きがオススメ)・・・2つ
・アクリル毛糸や凧糸・・・30cmくらいのものを1本
・タックシール・・・8〜10枚くらい
・お花紙(折り紙でも可)・・・5枚くらい
・マスキングテープ(好きな色・柄のもの)
・木工用ボンド
・ハサミ
・マジックペン
・スタンプ(指で模様をつける場合)

まずは下準備から始めましょう!

STEP1

うろこの模様を作る下準備からはじめます。まずはタックシールを半分に切っておきます。
画像

STEP2

お花紙を八つ折りにして真ん中をだ円形に切り抜きます。だ円形に切り抜いたものをさらに半分に切ります。
画像

画像

これで下準備が完了です☆
画像

次は糸電話本体を作ります!

STEP1

紙コップの底から人差し指一本分の位置にえんぴつなどで薄く印をつけておきます。ここが鯉のぼりの目の部分になります。
画像

STEP2

目の印をつけたところからさらに人差し指一本分の位置にも同じく鉛筆などで薄く印をつけておきます。

画像

STEP3

STEP2で印をつけた位置からタックシールでうろこ模様をつけていきます。お子さまのお気に入りのシールでうろこ模様をつけても可愛いですよ♪

画像

STEP4

もうひとつの紙コップにもSTEP1・2と同じ印をつけます。うろこ部分に木工用ボンドをつけ、下準備で作っておいた花折り紙を貼っていきます。少し重ねて貼ると色が透けてきれいですよ♪

画像

画像

STEP5

紙コップの底のふちのまわりにマスキングテープを貼ります。1周まわるように貼ったらテープの余った部分を内側に折り込みます。

画像

画像

STEP6

STEP1で印をつけた部分にタックシールで目をつけます。サインペンなどを使って手描きで描いてもOK!マスキングテープでこいのぼりに「ひげ」をつけてあげても可愛いです。

画像

STEP7

2つのこいのぼりができたら、きりやハサミで紙コップの底に糸を通すための穴を開けます。穴が大きすぎるとヒモが止まらなくなってしまうので注意しましょう。

画像

STEP8

穴に糸を通して玉結びをし、ボンドを塗って固めます。もうひとつの紙コップも同様に作業しましょう。

画像

画像

完成です!

画像

小さなお子さまの場合、下の写真のように指スタンプで模様をつけてもOK♪大人が下準備をしておき、お子さまに自由な発想で飾り付けしてもらいましょう☆

画像

画像

いかがでしたでしょうか

作って遊んで二度楽しいこいのぼり糸電話。お子さまの自由な発想でアレンジが可能なところも素敵ですね♪
音育やアートのレッスンが大好評の海野さんのプロフィールページはこちらから

画像