前編では産後間もない赤ちゃんのいるママの悩みに対して、産前産後ケアの専門家「産後ドゥーラ」が回答してくれました。今回はパパからの悩みにお答えします。大切なママが大変そう、育児に参加する気合は十分なのに、何をしていいのか分からない。そんな新米パパは要チェックです。

ママだと一瞬で泣き止みニコニコしますが、パパが同じことをしても全然懐かないので「パパはいらないのかなぁ」と悲しい気持ちになってしまいます。(東京都30代・T.Mさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  30代・ようこさん》
赤ちゃんはひとりでは生きられないので、お世話をしてくれる人が大好きです
この時期は赤ちゃんの嗅覚が発達しています。目が見えないうちは、ママを匂いで認識していると思います。
日中にパパと過ごす時間が少ない場合は、パパの匂いがついたものを赤ちゃんのそばに置いてみてください。落ち着く匂いになれば、赤ちゃんもパパの抱っこが好きになると思いますよ。
回答してくれた ようこさんのページ

子育でいらいらしている妻にどう接していいのかが分かりません。時には家に帰りたくないなあとまで思ってしまいます。どういう気持ちで接したらよいのでしょうか。(東京都30代・T.Sさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  50代・はるみさん》
パパさんが悩んでいる事が素晴らしいことだと思います。
難しく考えずに素直にありのままを受け入れてあげてください。ママも初めてのことばかり毎日毎日、おっぱいをあげたと思ったらオムツ、次は何で泣くのかと思いきや眠くてぐずり出す。そして夜泣きで眠れず…これが24時間いつ終わりがあるかわからないのです。
そんな中でイライラは当たり前なことです。ママも心のどこかで悪いなあと思っているはずですが、そこに気づく余裕もないのです。
あたり前の事に感謝を忘れていませんか?妻は家にいるのだから子ども見るのがあたり前、ではなく「今日も大変な中○○ちゃんをみててくれてありがとう。大切な二人が元気でいてくれてありがとう。」と抱きしめてあげてください。思いは言葉に出さないと伝わりません。
または二人が出会った時のことや、妊娠した時の喜び、産まれた時の感動を思い出してみてください。そして例えば、お手紙を差し上げるのもいいと思います。ぜひ、ありがとうという言葉を沢山伝えてあげてください。幸せだから感謝するのではなく感謝するから幸せになるのだと思います。
その人を受け入れるということは、つまりほめてあげること、認めてあげることだと思います。そして、そんな自分を一番ほめてあげてくださいね。そんな繰り返しをしていると空気が変わって心が伝わります。一歩一歩必ず進んでいると確信して日々を過ごしていってくださいね。
回答してくれた はるみさんのページ

画像

産前、産後何を手伝えば妻は喜んでくれるのでしょうか?手伝いたい気持ちはあっても何をしていいか分かりません。(千葉県20代・T.Mさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  40代・まさこさん》
まずは、奥様に何をして欲しいか聞いて見てください。まずはそれをやってあげれば十分です。
あとは、「今日の体調はどう?寝不足だろうし、少し子守を交代しようか?」と奥様の体調と気持ちに寄り添ってあげて下さい。「ママ、いつもありがとう」と何度でも感謝の気持ちを伝えて下さいね
回答してくれた まさこさんのページ

画像

赤ちゃんに対する価値観がママと違っていて、戸惑ってしまいます。「体の洗い方が雑、この食べ物はあげないで!」などママからの注意をどういう心持ちで受け止めたらよいのでしょうか?

《産後ドゥーラの回答  50代・みささん》
妊娠、出産は、今まで経験したことのない奇跡に近い身体と心の変化をもたらし、命がけで出産するので、且つ初めての体験で赤ちゃんはまだ一人では生きられず、ママは今までの価値観でははかり知れず日々余裕なく必死で育ててらっしゃいます
お父様は、お仕事も忙しいとは思いますが、その状況をふまえ、「どうしてそうなのか教えて、僕にも話して教えてみて?子育て、共に学んで支えるよ!」という雰囲気をかもし出していただいて、ほんの少しの時間でもコミュニケーションを大切に、傾聴し、思いを寄せあって行かれたらと感じます。
回答してくれた みささんのページ

ミルク、おむつは出来るようになりましたが、完全に1人で何時間も任されると不安です。(東京都20代・T.Tさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  50代・きよみさん》
まずは落ち着いて、赤ちゃんが穏やかに息をしていれば焦らなくても大丈夫。
寝ていれば見守り、ミルクが欲しくて泣いているようなら飲ませてゲップ、そして30分後にオムツを交換して、しばらく抱っこ。そうしたら寝てしまうと思います。寝なければ遊んで、疲れて寝るの繰り返しです。自信を持ってお留守番の回数を重ねて下さい
回答してくれた きよみさんのページ

画像

子供からお菓子やジュースをおねだりされた時に、嫌われたくなくてあげてしまいます。ママはうまくかわしているので、ママには文句を言われてしまうのですが、ついつい甘くなってしまいます。(東京都30代・K.Mさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  40代・ともこさん》
お子さまが話を理解できるお歳であればお菓子やジュースをなぜあまり食べさせたくないかを丁寧に説明してあげるのもよいかと思います。
まだ小さい場合は身体を使った遊びなど、一緒に楽しく過ごすことで気をそらすとよいですね。
回答してくれた ともこさんのページ

画像

もうすぐ6ヶ月ですが、家の中は少し飽きてきました。外に遊びにいくのはどのようなところに行くのでしょうか。(神奈川県20代・M.Mさん・会社員)

《産後ドゥーラの回答  50代・さつきさん》
お出かけに適した気候なら、自然の多い静かな公園にヘビーカーでお散歩がよいと思います
少し大きいお子さんが遊ぶ姿を、赤ちゃんも興味深くみたりします。児童館なども赤ちゃん用のおもちゃがあったりします。そこで他の赤ちゃんと触れあったりするのも良いと思いますよ。
回答してくれた さつきさんのページ

画像

おしっこをした時のおむつの変えどきがわかりません。1時間おきに変えるのがいいのか、1回ごとに変えるのがいいのか。もっとつけていても大丈夫なのか、どうしたらよいのでしょうか?

《産後ドゥーラの回答  60代・ひさえさん》
3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの尿回数は一日15回から20回で、尿量は約250㏄くらいです。
寝ている時間と起きている時間の間隔を考えると、2時間から3時間間隔で、1日8回から10回くらいのオムツ交換が赤ちゃんの負担を考えると、よいと思います。
回答してくれた ひさえさんのページ

一度、専門家ドゥーラに相談してみたい!そんな方は

ドゥーラ一覧から、ご自宅の近くのドゥーラを予約してみましょう。
産後ドゥーラは、食事作りなどの家事、沐浴などの育児、上の子の遊び相手や、育児の相談まで幅広く対応してくれるので、時には実家のお母さんのように、時には頼もしい先生のように、あたたかく対応してくれます。

産前・産後は体調もホルモンも安定せず、産後うつのようになってしまうママもいるので、パパがドゥーラを探して依頼するというご家庭が増えています。
面談だけでも大丈夫。今、芸能人ママなど著名人の間でも口コミで広まっているドゥーラに育児の悩みを相談してみましょう。  
 
画像

産前産後ケアで、参考にしたい関連記事

産後ドゥーラのマミコさんの特集ページ
産後ドゥーラに産前産後ケアを依頼した荒木夫妻の特集ページ

前編ではママからの質問に産後ドゥーラがお答えしています。ぜひチェックしてみましょう!