理想は「夫婦ふたりで食事をしたい」が8割!

「夫婦の記念日、理想の過ごし方は?」と聞いてみると、お子さんがいるご両親が調査対象ですが、「夫婦で旅行したい」(32.5%)が、「家族で過ごしたい」(31.2%)をわずかですが上回るという結果に。そして、圧倒的な希望は、「夫婦で食事に行きたい」という過ごし方で、なんと80%もの子どもを持つ親が、そう回答しました。
画像

でも現実は「夫婦のみで外食しない」がもっとも多い回答に!

記念日や特別な日だけでなく、普段から夫婦二人で外食に出かけるか聞いたところ、週1回以上と回答したのは、わずか1.3%。月に2〜3回程度は1.9%。月1回程度までを合計してもやっと14%という結果に。また、「夫婦のみで外食しない」が最も多い回答で47.1%、次いで「年数回程度」が21%と、残念ながら現実は“夫婦ふたりっきり”で食事に行く機会が非常に少ないことがわかります。
夫婦ふたりでの外出頻度

夫婦二人だけで過ごす時間は、1日30分未満が約半数

夫婦が二人だけで過ごす時間についても聞いてみたところ、なんと、最も多かったのが「1日30分以内」で46.2%。週末のみという人は全体の12.6%を占めており、子どもを持つ夫婦が、夫婦だけの時間を確保するのが難しい現実が浮かび上がりました。
夫婦だけで過ごす時間

夫婦の時間を大切にするアメリカでは「Parents Night Out」や「ベビーシッター」が人気

「Parents Night Out」という、公民館やプリスクールが主催し、夕方6時頃からお子さんをパジャマ姿で預かってくれ、ご両親が、11時頃お迎えにきたときにはもう寝ているというサービスが人気。またベビーシッターに気軽に預けられる社会となっている。アメリカの夫婦はこれらのサービスを利用して、ふたりっきりで食事をしたりデートを楽しむことが日常に行われているようです。

そ・こ・で いい夫婦の日キャンペーン!!

Twitter・Facebook・InstagramなどSNSでこちらの記事を拡散してくださった方、先着1000組さまにベビーシッター体験をプレゼントします。
詳細・応募はこちらから。

<「夫婦の時間の過ごし方」実態調査レポート>
本キャンペーンに伴う実態調査レポートはこちらからご覧ください。

<キッズラインははじめての方へ>
▼ベビーシッターはじめて利用される方へ
ベビーシッター利用デビュー 外せない3ステップと確認すべき4項目

画像

▼小池百合子政経塾「希望の塾」の保育スペース運営
【第1回小池塾レポート】応募4000人超!目玉の託児所運営はキッズライン』

画像