【目次】
1. 入園後、93%の高確率で訪れる「お迎えコール」
2. 妻からのヘルプ、「俺ムリ型」の夫は約3割
3. 「俺ムリ型」夫、”お迎えは妻の仕事だと思っている”は39%、次いで"ママがなんとかしてくれる"が26%
4. どうすればもっと夫も協力できる?社風?長時間労働?夫の意識?


【調査概要】
<対象者>キッズラインユーザー439名(すべて女性)
<期間>2017年2月13日〜2月15日
<年代>29歳以下:5.5%、30〜34歳:25.7%、35歳〜39歳:39.4%、40歳以上:29.4%
<就労状況>共働き:84.3%、片親のみ就労:6.8%、ひとり親:8.9%
<子どもの状況>保育園児:82.7%、幼稚園児:10.5%、保育ママなど小規模保育利用:2.1%、ベビーシッターやファミリーサポート利用:9.8%、小学生以上:14.6%、その他:4.3%
※<子どもの状況>は複数回答のため合計値が100%を超えています

入園後、93%の高確率で訪れる「お迎えコール」


今回の調査から、急なお迎えコールの経験が「ある」と答えた母親は93%にも上ることがわかりました。呼び出しの理由は主に「急な発熱」「嘔吐・下痢」「怪我や骨折」が中心ですが、中には子ども同士のトラブルが理由になることもあります。長期化すれば仕事の調整は免れず、共働き夫婦、ひとり親家庭にとって「お迎えコール」の対処は死活問題です。

画像

妻からのヘルプ、「俺ムリ型」の夫は約3割


共働き夫婦の場合、「お迎えコール」の対処は妻の仕事なのでしょうか。妻が夫にお迎えをお願いしたことがあると答えた人のうち、”●時間後だったら行ける”と答えた「提案型」が最多の4割。残念ながら、妻に寄り添う姿勢や提案もなく”行けない・ムリ”などと断る「俺ムリ型」は3割も。その他、”連絡が取れなかった”などもあり、結局、妻のヘルプに答えて”すぐにお迎えに行ってくれた”「直行型」はわずか2割という結果に。

画像


「俺ムリ型」夫、”お迎えは妻の仕事だと思っている”は39%、次いで"ママがなんとかしてくれる"が26%


上記で「行けない・ムリ」と答えた妻98人に夫の本心に一番近いと思うものを聞いてみると、「急なお迎えの調整はママの仕事だと思っている」が最も多く39.4%、次いで「仕事の都合がつけば自分が迎えに行きたい」と「ノーと言っても妻がなんとかしてくれるという甘えの気持ち」が同率の26.6%という結果に。「提案型」や、「俺ムリ型」の中には、必ずしも妻任せにしているわけではなく、できることなら育児に協力したいという夫の気持ちも伺えます。

画像


どうすればもっと夫も協力できる?社風?長時間労働?夫の意識?


妻に負担が寄っている現状ですが、どうすれば急な「お迎えコール」に夫も対応できるようになるのでしょうか?アンケートからはたくさんの声を寄せていただきました。妻が考えるベスト3についてそれぞれ見て行きましょう。

画像

【1位】会社の上司や同僚の目などの社風(36.7%)

娘の体調不良で夫が仕事を休んだ時、上司から「なんでお前が?」と言われたことがあり、以来休みづらいと言っていたから。(40歳以上、共働き、5歳のママ)


まだまだ50代以上は専業主婦が当たり前の考え方を持つ男性が多い。(30代後半、共働き、0歳・3歳のママ)


いくら国や自治体で、対策を出しても、まず『会社』が許可を出さない限り、お迎えに行くことは出来ないので、まず、会社がその雰囲気を作るのが大切だと思います(30代、ひとり親、3歳のママ)

【2位】膨大な仕事量や融通が利かない職種、長時間労働(23.7%)

男性の長時間労働が改善されない限り、育児参画の機会が減ると思う。その結果母親にしわ寄せが行くことになると思います。(30代前半、共働き、2歳・4歳のママ)


変形労働制で夜勤もあるので、急な早退は代わりの人を配置しないといけない職場です。夜勤明けから次の日に日勤を続ける場合がほとんどで、残業も100時間近くになります。一人への負担が大きい職場です。(30代後半、共働き、1歳のママ)


設問の選択肢すべてが繋がっており、今の風土を形成していると思う。個々人の意識を変えるボトムアップも必要だが、トップダウンで社会の仕組みを無理矢理にでも変えないと、恐らく改善しないと思う。(30代後半、共働き、2歳・4歳のママ)

【3位】夫自身の育児参加への気持ちや仕事を調整しようとする意識(21%)

まずはご本人の自覚とやる気がないことには、調整余地ありの仕事も調整しない。(30代後半、共働き、2歳・6歳以上のママ)


夫(パパ)を変えようとするのは困難なので、ベビーシッターなど別の方法を考える方が得策。(30歳前半、共働き、0歳・3歳のママ)


夫(パパ)自身の意識が一人一人変わることで会社も変わって社会も変わると思うから(20代後半、共働き、1歳のママ)


土日に遊んでくれるのはいいが、子供の体調に無関心なため、寒波が来ているのに手袋も無しで午後7時帰宅。案の定、月曜に熱を出し園から呼び出し。自分が休まなきゃならなかったら、こう無頓着でいられないと思う。(40歳以上、共働き、6歳以上のママ)

いかがでしたでしょうか?

「ワンオペ育児」や「ブラック夫」と言われますが、夫婦感だけでは解決しきれない問題もあると感じています。いよいよ復帰間近のご家庭も、復帰社員を迎える職場の方も、急な「お迎えコール」の大ピンチを助け合えることがないか、ぜひ一度話し合える機会を作ってみてください!

《調査結果全データはこちら》
https://kidsline.me/curations/research_result_pickup

《データ引用時のお願い》
※なお、本リリースの調査結果データを一部引用・二次利用等される場合は、当ページへのリンクまたは"1時間1,000円からのベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」"の表記へのご協力をお願いいたします。その他ご不明点は、下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。
https://kidsline.me/corp/contact