大事な我が子の成長は嬉しいものの、成長に伴うステップアップには、何事も準備が必要になります。その一つが「幼稚園」への入園です。そこで今回は、幼稚園選びを失敗しないために知っておきたい情報を詳しくご紹介します!

幼稚園入園前に知っておきたい【基本情報】

一般的に、満3歳頃から入園を受け入れている幼稚園ですが、満3歳の子どもが通う施設は幼稚園だけではありません。保育園や認定こども園など、家庭のライフスタイルによって、選択肢は様々です。だからこそ入園前の準備として、まずすべきなのは「家庭に合った施設」を選択すること。では、一体どのような施設の種類があるのか、その特徴について詳しく見ていきましょう。

image
幼稚園・保育園・認定こども園の違い
満3歳の子どもを預ける施設は、大きく分けて次の3種類があげられます。

●幼稚園
幼稚園は、満3歳~小学校入園前の子どもを預かる施設です。文部科学省が定める指導要領のもと、教育を目的として子どもを預かります。入園時期は、満3歳(年少)や満4歳(年中)からと、幼稚園、または家庭の方針によって異なります。


●保育園
保育園は、保護者が働いていたり介護をしていたりと、日中の育児が難しい場合に子どもを毎日預かる施設です。健やかな育成につながるよう、厚生労働省が福祉施設として管轄しています。また通園する子どもも0歳~小学校入学前までと、幅広い年齢層が対象となっています。


●認定こども園
認定こども園は、「幼保一体型施設」のことをさします。つまり、小学校入学前の子どもに対する教育と福祉観点に基づいた保育の両方を担う施設です。そのため、内閣府の管轄のもと、文部科学省と厚生労働省の連携による取り組みが実施されています。幼稚園教諭、保育士の両方の先生が在籍し、0歳~小学校入学前の子どもが過ごしています。


※幼稚園・保育園・認定こども園の違いについて、詳しくは「幼稚園と保育園の違いとは?働きながら安心して通える園選び」でご紹介しています。

このように子ども達を預かる施設は、満3歳になる前から存在します。それぞれの目的や家庭環境に対応しながら、子ども達の保育や教育を行っているのです。


幼稚園には、それまで集団保育の場を経験したことがない子どもはもちろん、幼稚園が入園可能になる満3歳まで保育園や認定こども園に通っていたケースなど、様々なライフスタイルの背景をもった子ども達が集まります。つまり「満3歳の幼児」といっても、それまでの進路は様々です。また「幼稚園」に進む場合には、さらに私立幼稚園・公立幼稚園といった選択肢があります。そこで次は、私立幼稚園・公立幼稚園の特徴について比べてみましょう。


私立幼稚園と公立幼稚園の違い

image


※引用:文部科学省(令和元年12月18日)|平成30年度子供の学習費調査の結果について


前提として私立幼稚園と公立幼稚園は、運営機関が異なります。民間機関が運営している私立幼稚園は、文部科学省が定める指導要領の他に、英会話やモンテッソーリ、宗教観念など独自のカリキュラムを取り入れているのが特徴です。そのため、公立に比べると年間の教育費は高くなるといえるでしょう。

一方、自治体が運営する公立幼稚園は、人格形成を行う幼児期にとって必要な教育を目的としています。そして子ども達が小学校でも自主性を持ってのびのびと生活ができるよう、個性を否定しない自由な方針で運営しているのが特徴です。

また、私立に比べると公立幼稚園は費用が安くなりますが、その分経費削減として、地域と保護者が運営に携わる機会も多くなります。そのため、保護者が平日に幼稚園へ出向く機会も私立に比べると多くなるでしょう。

このように私立、公立幼稚園は、費用、教育方針といった点が異なるため、家庭の方針や子どもの性格に合った選択をしましょう。

幼稚園選びから入園までのスケジュール

子どもが楽しく、家計に無理なく幼稚園に通えるよう、失敗しない幼稚園選びをすることも入園準備の1つです。そして、準備には計画に基づいたスケジュール管理が欠かせません。そこで次は、数ある幼稚園の中からベストな施設を選び、無事に入園できるよう、幼稚園選びから入園までのスケジュールをみていきましょう。

image


このように幼稚園選びから入園までの期間は、入園に関わる重要な行事が多くあります。また「入園の前の年から探そう」と思っていても、プレ保育への参加や試験対策などが必要な場合、1年前では遅いことも考えられます。

つまり幼稚園選びを早めに意識することが、失敗しない幼稚園入園に繋がるのです。また、事前に子どもに合った環境を見極めるためにも、時間に余裕を持った方が、冷静に判断できそうですね。

入園前に準備しておくべき重要ポイント
幼稚園入園までの一年間は、毎月のようにやるべきことがありますよね。その中でも、特に重要視すべき3つのポイントをご紹介します。

●プレ保育
幼稚園入園前に、園の生活やカリキュラムを体験できる「プレ保育」。園のことを詳しく知るためにも、希望する園でプレ保育をしている場合には、ぜひ参加されることをオススメします。また、園によっては、プレ保育の参加が入園選考に関わることもあります。こういった意味でも、積極的に参加したいところですね。ただし、人気幼稚園の場合、プレ保育の応募もすぐに定員に達してしまうことがあります。園が発表する募集時期に注意して、速やかに応募しましょう。

●説明会
入園希望者に向けて幼稚園が説明会を開催することがあります。ここでは園の教育方針や教育環境についてはもちろん、入園申し込みの詳細を話すことがあるため、入園を考えている場合は必ず参加しましょう。

また園内の見学を同時に開催するケースも少なくはありません。設備や、園児の様子を自らの目で確認する貴重な機会となることでしょう。 ただしプレ保育同様、人気幼稚園では説明会の参加申し込みが激戦な場合もあります。こちらも早い段階からアンテナをたて、応募時期を見逃さないようにしましょう!


●面接&考査対策
幼稚園によっては、入園申し込みの後に、面接や考査(簡単な実技試験)の機会を設けている場合もあります。ただし、その目的が選考ではなく、子どもの発達状況や性格を確認するために行っている園もあります。この場合、特別な対策の必要性はほとんどありません。

一方、例年選考を目的に面接や考査を行っている有名私立幼稚園や国立幼稚園の場合、園の方針に合った対策が必要です。幼稚園受験に対応している幼児教室や教材を確認し、早めの段階から適切な対策と準備をしましょう。

※入園前に準備しておくべき重要ポイントについては【早めに知るべき!】幼稚園入園に関する3つの準備をご参照ください。

幼稚園入園前にやっておきたい心得とは?

image


幼稚園の入園前には、前提として大きく3つのことを家庭で決めておきましょう。

① 幼稚園を選ぶべきか、保育園や認定こども園を選ぶべきか
② 私立幼稚園なのか、公立幼稚園なのか
③ 子どもと家庭に合った幼稚園はどこなのか



これらをしっかり考えるためにも、できるだけ早くから幼稚園入園に関することを、家族で話し合っておくと良いでしょう。また実際に通いたい幼稚園が見つかった後も、入園までの道のりにはいくつかの「やるべきこと」があります。これらの日程や準備すべきことも、しっかりリサーチしておきましょう。


さらに余裕があれば、幼稚園入園後の生活についても考えておくと安心です。例えば、送迎や習い事、延長保育など。また働きながら幼稚園に通う場合には、急な残業やトラブルに備えて、送迎や降園後の保育を任せられるベビーシッターも視野に入れておくのも良いかもしれませんね。

ベビーシッターを依頼してみる

まとめ|後悔しない幼稚園選びを

我が子にとって大事なターニングポイントとなる、幼稚園への入園。1年以上も前から準備すると思うと、一見大変なように感じることでしょう。けれど、その先にあるのは子どもが笑顔で過ごせる日々です。大事な幼児期を、我が子が笑顔で楽しく過ごせるよう、後悔のない幼稚園入園の準備をしていきましょう!

ベビーシッターを依頼してみる

▼あわせて読みたい
幼稚園と保育園の違いとは?働きながら安心して通える園選び
【早めに知るべき!】幼稚園入園に関する3つの準備
幼稚園の英語教育で知っておきたいメリットデメリット



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧



今すぐベビーシッターを頼む