■この記事の目次■


「小学校受験の準備を早めに始めたい」「幼児教育のプロにサポートしてもらいたい」と、2歳から幼児教育に通わせるママ・パパが増えてきています。一方で「そんなに早い時期から始めても効果はあるの?」という疑問も。そこで小学校受験の準備を始める時期や家庭教師を兼ねたシッターの情報など、知りたい情報をお届けします。


小学校受験対策は何歳からするのがベスト?


2歳の女の子

子どもが2歳を迎えると、教育について熱心なママ・パパは「小学校受験」が気になり始めるかもしれません。小学校受験の準備は、何歳から始めるのが最適かという客観的なデータはなく、子どもの特性や家庭環境・経済事情などによって異なります。


まずは一般的なスケジュールを把握しましょう。小学校受験に備えた幼児教室では「11月が新年度のスタート」となっています。多くの幼児教室では「年中の11月から1年間」で小学校受験のカリキュラムが組まれています。幼児教室に通い始めるご家庭も、この時期から増え始めます。そのため、年中から準備を始めても特別遅いわけではありません。


しかし、年中・年長さんになるまでに、「家庭でやっておいたほうが良い基本的な生活習慣」を身につけてこなかった場合、準備期間が1年間だけでは思うように進まないこともあります。


2歳は「生きる力」を身につける準備を始める大切な時期


小学校受験に向けて準備するには、ただ幼児教室に通えばよいということではありません。家庭でもやるべきことがあります。2歳児は「魔の2歳児」とも言われ、親の手がかかる時期ですが、子どもが成長するうえで自我や好奇心が芽生えるとても大切な時期でもあります。


2歳になると子どもはそれまで吸収してきた言葉を一気に話し始めます。「ブーブー、乗る」などの2語文から、「ブーブー、こっち、来た」などの3語文が話せるようになる子もいます。一般的には2歳6か月を過ぎると「語彙が爆発する」と言われています。この時期の言葉の獲得には「言語的な環境」と「親の関わり方」が深く関係しています。


好奇心もぐんぐん芽生え、「これなあに?」といった質問も増える時期です。また、筋力や体力も発達して全身運動が滑らかになり、動きがダイナミックになってくるのも2歳ごろ。走ったり、跳んだりできるようになり、ボールや遊具を用いた遊びなどにも興味が出てきます。実はこれらの力は、小学校受験で問われる力でもあります。


小学校受験で問われる力とは?


小学校受験では、子どもの可能性を判断するために、紙のテストや面接、実技などを行います。



●ペーパーテスト
「言語」「数」「形(図形)」「比較」「位置の理解」「常識」「お話の記憶」などが問われます。

●手先の動き(巧緻性)
「塗る」「折る」「切る」「ちぎる」「貼る」「結ぶ」「粘土をこねる」「通す」「つまむ」「ねじる」「雑巾を絞る」「包む」「たたむ」などができるか見られます。

●運動テスト
「スキップ」「ケンパー」「片足立ち」「線の上を歩く」「跳び箱」「縄跳び」「ボール投げ」「でんぐり返し」「模倣体操」「指の屈伸」「お手玉」「集団ゲーム」なども行われます。

●面接
「自分の名前を言えるか」「です、ますで話せるか」「ハキハキと回答できるか」などが見られます。

これらすべてにおいて、日頃の家庭のしつけやマナーがどこまで行き届いているかが重要になります。


2歳から受験対策を始めるメリット【子ども編】


早い時期から小学校受験の準備をすることには、さまざまなメリットがあります。その中で子どもにとってのメリットを見ていきましょう。


小学校受験の準備を早く始めてよかったこと


子どもにとってのメリットに気付くタイミングは、親以外との会話や友達との接し方の変化などが多いようです。経験者が感じた、早くから幼児教室に通う具体的なメリットを紹介します。



◆メリット1
「先生の話をきちんと座って聞けるようになった!」

幼児教室では、2歳児の興味を上手に引き出しながら、先生の話を聞く習慣づけを行ってくれます。これは家庭ではなかなか教えられない部分でもあります。2歳児を幼児教室に通わせる最大のメリットかもしれません。


◆メリット2
「親から離れ、自分で考えて行動できるようになった!」

幼児教室に通わせたママ・パパの感想としては、「親と離れていても、行動できるようになった」「自立心が養われてきた」などがあります。幼児教室では、親から離れることで2歳児特有の「自我や好奇心の芽生え」が後押しされるのです。幼児教室は少人数のため、子どもが何か困ったときも適切なサポートをしてくれます。手助けは決して悪いことではなく、ロシアの心理学者ヴィゴツキーが提唱した「発達の最接近領域」(※1)という学習概念によれば、子どもは誰かのサポートがあることでより難しいレベルのことが達成できるとされています。


※1 ヴィゴツキー著『「発達の最近接領域」の理論』土井捷三・神谷栄司訳、三学出版、2003年

◆メリット3
「集団行動を通して社会性・協調性が身についた!」

幼児教室に通わせたら、「イヤイヤ状態が少し落ち着いた」「ルールを守ることや友達と譲り合えるようになった」という声が聞かれます。この時期に社交性や協調性を身につけておくと、園生活やその後の学校生活、社会生活を円滑に営むための土台が築かれていきます。



◆メリット4
「ママ・パパが気づいていない能力を伸ばせた!」

幼児教室の先生たちは、幼児教育のプロです。そのため親とは違う先入観のない視点で、子どもの能力に気づき、伸ばしてくれます。「子どもの得意分野は何なのか?」「どのように教育するのがその子にとって良いのか?」を、親が幼児教室の先生から学ぶことができます。



2歳からの小学校受験対策のメリット【大人編】


学ぶ親子

親の立場としては、早い段階から子どもの小学校受験をサポートする体制が整えられるのがメリットです。夫婦で「子どもの教育方針」について話し合い、「小学校受験の目的を整理する」ことができます。


2歳児から幼児教室に通って小学校受験対策する7つのメリット


家庭の「子どもの教育方針」が決まれば、それに沿って「目的に合った学校選び」や「学校に合った塾選び」を早めに検討することができ、「親側の面接対策」や「家庭でのバックアップ体制を整える」こともできます。



【2歳から始める小学校受験対策・親の7つのメリット】

① ペーパーテストや実技、面接に向けて早めの準備ができる
② 早い段階から小学校受験の情報収集ができる
③ 家と園以外の環境に触れ、多様性が身につけられる
④ 受験を控えている上の年齢の子から刺激を受けられる
⑤ 子どもに合った志望校を早く絞れる
⑥ 小学校受験が子どもに合うか余裕をもって判断できる
⑦ 受験しなかったとしても、幼児教室で学んだことが身につく

2歳から家庭でやっておきたい基本的生活習慣


2歳から小学校受験の準備を家庭でしておけば、受験対策の幼児教室に入ったときにペーパーテストや実技、面接の練習に取り組みやすくなります。そのために、家庭ではどんなことを心がければ良いのでしょうか?


【家庭で意識的に身につけたい小学校受験対策】

・礼儀作法、あいさつをできるようにする
・早寝、早起き、食事の時間など、規則正しい生活を送る
・体をよく動かす遊びをする
・絵本の読み聞かせを行う
・季節の行事を楽しみ、四季を意識した生活をする
・子どもに家のお手伝いをさせる
・食事や衣服のたたみ方など日常の所作を身につけさせる
・日本の食卓に登場する、野菜、果物、穀物などの食材を教える
・季節の花、季節の昆虫など自然のものを観察したり世話をしてみる
・折り紙や粘土、工作などに親しむ


これらの項目を見てみるとわかるように、受験対策はテストのための勉強というよりも、子どもたちがこれからの社会を生き抜くために必要とされる大切な力を身につける過程でもあるのです。


家庭にあった受験対策を見つけよう


ベビーシッターと子ども

幼児教室に通わせるには、送迎などある程度の時間が必要です。勉強を家で見るほか、志望校を決めたり試験内容を調べたり、親がやることが目白押しです。試験までのスケジュールとカリキュラムも練らなければなりません。


家庭で子どもの小学校受験対策にじっくり取り組めればよいのですが、共働き世帯では忙しくてなかなかそうもいきません。そんなご家庭のためにオススメのサービスを紹介します。


小学校受験に特化した家庭教師や送迎サポート


共働き世帯の場合、早めに幼児教室に通ったほうが、余裕を持って対策ができます。キッズラインでは、小学校受験対策に特化したシッターも在籍しています。送迎をしてくれたり、おうちでママパパと一緒に「受験プラン作成」をしてくれたり、「学習サポート」も可能です。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

【シッターができる小学校受験のサポート例】

・小学校受験のテスト対策
・苦手な分野のサポート
・バイリンガルシッターによる自宅での英会話レッスン
・木のおもちゃを製作をしているプロと行う工作レッスン
・鉄棒、自転車、なわとび、ボール等の運動指導 
・送迎シッターが保育園→幼児教室→自宅へ……など


「ペーパーテスト」対策だけではなく、「手先の動き」や「運動テスト」にも対応したさまざまな内容に対応できる家庭教師が揃っています。入会金や年会費は不要で、利用した分だけ支払えばOKなのも嬉しいところです。1時間単位で依頼ができ、お試しとして手軽に利用できるので便利です。



まとめ|早めに準備を始めるのが、成功のカギ


共働き世帯の増加に伴って、「早めに小学校受験の準備を始めたい」「幼児教育全般に詳しい、シッターも兼ねた家庭教師をつけたい」といった需要が増えてきています。2歳児は、「生きる力」「基本的生活習慣」の土台を身につける大切な時期です。「忙しくてなかなかじっくり小学校受験の準備ができない」と悩んでいるのであれば、小学校受験の対策ができるキッズラインのシッターに依頼してみてはいかがでしょうか。



今すぐベビーシッターを依頼してみる

▼あわせて読みたい
【小学校受験】国立と私立では受験内容が違う?何を学んでおけばよい?
【英語教育】0歳から始めた家庭は24.5%!「何から学び始めた?」
習い事は何歳からがベスト?幼児にオススメの習い事とメリット



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧



今すぐベビーシッターを頼む