INDEX


小学校に入学しても「親が共働きで送迎ができないから平日の習い事は難しい」と思い、習い事を諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実は小1からの習い事は「送迎いらず」で始めることも可能です。 そこで今回は小学生の習い事事情やおすすめの習い事について解説するとともに、小1からの習い事を「送迎いらず」で始める方法についてご紹介していきます。


「小学生の習い事」事情とは?

はじめに、小学生の習い事事情からみていきましょう。


2021年10月にキッズラインが458名の会員に対して行ったインターネット調査では、習い事をしている小学生の割合が、95.2%という結果が出ています。


習い事グラフ


その中で、小学生にオススメの人気習い事ランキング10位は以下の通りです。



第1位 学習教室(受験塾を除く)
第2位 スイミング
第3位 音楽系(ピアノ、バイオリンなど)
第4位 英会話
第5位 体操
第6位 サッカー
第7位 ダンス
第8位 そろばん
第9位 プログラミング・武道(空手・合気道)  
第10位 絵画教室



※キッズライン会員458名インターネット調査/2021年10月調べ
https://kidsline.me/magazine/kyouiku/656



小学生に人気のある習い事ランキングでは、受験塾をのぞく学習教室。「家で勉強をみてあげられない」「勉強の習慣を身に付けさせたい」といった教育面の理由から、学習教室へ通わせるご家庭が多いようです。また、英会話やピアノ教室などは定番の習い事のひとつになるほど、現在も人気の習い事です。



さらに最近はゲームやYouTubeなどの普及で体を動かす機会が減ってきた背景も相まって、スイミングやサッカーなど体を動かす「運動系の習い事」も根強い人気です。また、時代の流れとともに、動画制作やダンス、プログラミング、ロボット教室、絵画教室、実験教室といった習い事も流行しており、習い事も多様化しているようです。




【習い事を始めるメリット】

・家庭学習などで一人で机に向かう集中力が身につく

・友人たちと切磋琢磨することで、コミュニケーション能力が伸びる

・様々な課題にチャレンジすることで自分に自信が持てるようになる

・コンクールに出品する、大会へ出場するといった経験を通じて目標に向かって活動する習慣が身につく

・(運動系の習い事をすることで)体力や運動能力の向上が期待できる




このように、家庭や学校の授業だけでは得難い経験ができるのも大きな魅力です。



小1から始められるオススメの習い事

小学生に人気の習い事の中でも、小1から始めるもので特にオススメの習い事は以下になります。


・水泳
・サッカー
・プログラミング
・演劇
・ダンス
・英語



ここで「水泳」や「サッカー」が好まれる要因としては、小学1年生の時期に運動を通して様々な動きを経験し、さほど先入観なく遊び感覚で取り組むことでスポーツの楽しさを知ることが挙げられます。加えて、仲間や指導者と接することから「やり抜く力」や「折衝力」がつくのもスポーツの魅力と言えるでしょう。



また、小学校入学によって心や体が大きく成長するタイミングであるほか、好奇心・想像力・発見力など多くの力が育まれていく大切な期間。そのため、プログラミング・演劇・ダンスなど、コミュニケーション能力や論理的思考能力、プレゼンテーション能力が磨かれる習い事にチャレンジするのもオススメです。



英語に関しては、2020年より小学校の授業内で英語教育が必修化されたことで関心を持っているママパパも多いことでしょう。グローバル化が進む昨今において、英語力は世界中の人々とコミュニケーションを図るうえで最も重要なツールの一つ。


ネイティブの発音を聞き、英語のまま理解する「英語耳」や「英語脳」を鍛えるためには、早期英語教育が効果的とも言われており、小学1年生になったタイミングで始める子どもも多いようです。



小1から始める習い事の落とし穴


習い事1

「うちの子にも早く習い事をさせないといけない」「あれも、これも習わせないと...」と複数の習い事を検討して焦ってしまうママパパもいらっしゃるのではないでしょうか。



しかし小学1年生は、保育園や幼稚園から小学校に入学し、今までの生活スタイルが大きく変わることで、精神的にも肉体的にも負担を感じる時期です。そのため、さまざまな習い事に手を出してスケジュールを詰めすぎてしまうと、子どもが疲れてしまったり、ストレスを抱えてしまったりすることもあります。


そのようなことから複数の習い事を掛け持ちすることで、やる気がなくなる、生活リズムが崩れるといった心配も考えられるでしょう。



いろいろなことを子どもに学ばせたい、という親心はよくわかりますが、焦りは禁物。習い事を検討する際には、決して無理をさせず、子どもの意見をよく聞くことを念頭に、ペースを見極めてあげることを大切にしましょう。


また、習い事を増やすことによって「時間的・金銭的な負担が増える」という点も忘れてはなりません。習い事を増やしたけれど「送迎が大変で辞めてしまった」「日々のスケジュールに追われ、親子共々疲れてしまった」といったケースは往々にしてあります。複数の習い事に通わせる場合には、子どもの意志の他に、ママパパがサポートできるかどうかという点も見極めてから始めるようにしましょう。



小1で始めたばかりの習い事を辞めたいと言ったら?


もし、子どもが始めたばかりの習い事を辞めたいと言ってきたら、親子でしっかりと話し合いの場を持ちたいところです。



まずは、「なぜその習い事を始めたいと思ったのか」「なぜ辞めたいと思ったのか」という理由を子どもに聞いてみるところから始めましょう。そのうえで「親がやらせたいことを子どもに無理に押し付けていないか」「習い事に通わせることによって心理的・体力的な負担はないか」「かえって学習の効率が悪くなっていないか」などを冷静に見極めていくことも大切です。



また小学1年生の場合、やりたいことに対して熱しやすく冷めやすかったり、「お友達の○○ちゃんが始めたから、自分もやりたい」といったように、周囲に流されて何となく始めてしまうことも少なくありません。そんな時には、本当にやる気が持続できそうな習い事なのかをしっかりと確認し、子どもの意思を尊重したうえで継続するかどうかを決めましょう。



小1の習い事を「送迎いらず」で始める方法


習い事2

ここまで、小学1年生の習い事事情について詳しく説明していきましたが、仕事や育児・家事などで忙しいママパパにとって、子どもの習い事の送迎は大きな負担にもなりかねません。



そんな時にはベビーシッターを活用した自宅での「保けいこ」を取り入れるのもオススメです。「保けいこ」とは、保育とお稽古(習い事)を両立できる便利なサービス。「平日は仕事があって習い事の送り迎えができない」「シッティング中に習い事も一緒にやってほしい」といったニーズに柔軟に応えてくれるとあって、忙しいママパパの間で注目が高まっています。




【保けいこ】でできること

・学習サポート
・英会話
・ピアノ
・絵画・工作
・リトミック・ダンス


※「使い方」からご希望の「保けいこ」を選択すると該当シッターを選ぶことができます。
例:保けいこ「スポーツ」を選択→ https://kidsline.me/sitter/l_3


ベビーシッターがシッティングと習い事を兼ねてくれるので、自宅という落ち着いた環境の中で、子ども自身がリラックスしながら学べるのが特徴です。子どもがベビーシッターとともに好きなことを探求できるだけでなく、ママパパもベビーシッターに「保けいこ」を任せることで安心して仕事に臨めるため、お互いにとってメリットが豊富にあります。



通うだけじゃない!小1からは家庭に合った方法で習い事にトライ!


今回は、小学生の習い事事情やおすすめの習い事について解説するとともに、小1からの習い事を「送迎いらず」で始める方法について詳しく解説しました。



塾や習い事は必ずしも送迎が必要というわけではなく、「送迎いらず」で習い事を始めることも可能です。その方法の一つとして挙げられるのが、ベビーシッターによる「保けいこ」の活用。


この方法では、ネイティブの先生による英会話レッスン、音楽の先生によるピアノレッスン、スポーツ指導経験のある体操レッスンをはじめ、子どもの個性に合わせた完全カスタマイズのレッスン(プログラミング、工作など)といった、あらゆるニーズに応えることが可能です。


「小学1年生で習い事をスタートさせたいけれど、平日の送迎時間に間に合わない」といった理由で悩んでいる場合には、「保けいこ」の活用も含め、家庭に合ったスタイルで習い事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



保けいこができるベビーシッターを依頼してみる

▼あわせて読みたい
保育園から英語教室?より費用対効果が高い学習方法とは【FP監修】
共働きで小学校受験にチャレンジできた秘訣とは?〜ユーザーインタビュー
81%が「オンラインだから気軽にできる」 「顔合わせ」みんなどうしてる?



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧



今すぐベビーシッターを頼む