画像

「いつかは結婚したい。でも、子供を産んだら保育に関わる仕事を諦めないといけない?」
「いつかは好きなことを仕事にしたい」

そう思う保育士さんも多いのではないでしょうか?

今回は、そんなお悩みにおこたえして、保育園、幼稚園勤務を経て、パン教室を主宰しながらベビーシッターとして保育の現場で活躍するりえさんを紹介します。

画像

りえさんは、保育園勤務、幼稚園勤務を経て、小学校6年生と中学校2年生の2人の娘さんを子育て中。
子育と両立させながら、ベビーシッター、大好きな料理とパンの教室の主宰をされて、好きなことをどれも諦めずに、充実した生活を送られています。

保育園、幼稚園勤務を経て、ベビーシッターとして働き始めたきっかけ、
お仕事の内容などインタビューしてきました。

ーりえさんについて教えてください。

大学卒業後、保育園に3年勤めました。その後、幼稚園の先生へ転身しました。
保育園は早番、遅番と不規則な勤務体制であったため、
当時体調を崩してしまったんです。

この働き方を長く続けていくのは難しいなと感じての決断でした。
幼稚園勤務時代は育休、産休という制度がなかったので
妊娠8ヶ月まで働き退職しました。

ー近年、保育士さんの待遇面が問題になっていますが、りえさんが保育園勤務していた頃、待遇面で問題を感じたことはありますか?

当時は保育士の給料は良かったと思います。
定時で帰宅もできたので待遇面で不満を感じたことはなかったですね。

ただ早番、遅番で体力を使う仕事ですので、体調管理が難しく、結婚や
出産をしても続けられるかなという不安は感じていました。

ーその後どうして、ベビーシッターとして保育の現場に戻ってこようと思われたんですか?

共通の趣味を持つ友人から、「保育園と幼稚園で働いていた経験と子育て経験を生かして働いてみない?」
と声を掛けてもらったことがきっかけで、「好きな時間で、好きな時給で働けるなら、両立できそう」と思ってはじめました。
お仕事を始めて1年と少し経ちましたね。

ー保育士とベビーシッターの違いは何でしょうか。

保育士は毎日同じ子どもと顔を合わせますが、ベビーシッターははじめて伺うご家庭もあるので、そういう時はちょっと緊張します。
でも、久しぶりに会ったお子さんの成長した姿を見ると、とても嬉しく思います。

あとは何といっても、保育園だとどうしても子ども一人一人をじっくり見てあげるということが難しいですよね。
それがベビーシッターだと、基本的に1対1の保育になるので、
子どもの様子をみてペースを合わせてあげたり、
一つ一つの行動も細かく見てあげることができます。
そんなところがとても楽しいですね。

画像

お菓子・パンレッスンもできるりえさんのプロフィールページ

パン教室も主宰されていらっしゃるんですよね。素敵です!

はい。ベビーシッターのお仕事とあわせて、パンとお料理の教室も主宰しています。
生徒さんに教えるのはもちろん、レシピを開発するのにも時間を割いていますね。

その他に以前勤めていた子ども園で、今も継続して1学期の忙しい時期の補助、夏休みの
保育のお手伝いをしています。

自分が本当に好きなこと、やりたいことをやっていたら今の生活になっていました。

ー保育士として復職しなかったのはなぜですか?

子どもはもちろん好きですが、娘が「ただいま」と言ったときに家にいて
あげたいなと思ったんです。

私は料理が大好きなので、好きな料理を人に教えつつ、娘を迎えて
あげられるお料理教室をやりたいなと思いました。
長女が幼稚園にいた当時のママ友と、子ども達が小学生になって
手が離れてきたらこんなことをやりたいよねという話をよくしていました。

ーベビーシッターで「キッズライン」を選んだのはなぜですか?

保育士資格を生かして仕事はしたいとは思っていたんですが、
保育士のお仕事だと、シフトやペースが決められていますよね。

私が今働いているベビーシッターの「キッズライン」だと
お仕事のスケジュールは完全に自分で管理できますし、
お料理教室とプライベートのバランスも考えてできるので
そこがいいなと思って始めました。

あとお料理教室でやっていることを、スキルとしてオプション料金設定できることも魅力です。

保育士のみなさんは、保育スキルはもちろんですが、
それ以外にもいろいろと特技や好きなことがあると思うんです。
キッズラインでは、それを仕事にできるのでそこがとても魅力的だと思います。

画像

りえさんが主宰するパン・お料理教室のレッスンの様子

いかがでしたでしょうか。

いつか好きなことを仕事にしたい、働きたいけど子どもと過ごす時間も大切にしたいと
考える保育士さんも多いですよね。

りえさんのように保育資格を生かし、好きなことも仕事に、家族の時間も大切にする
ライフスタイルが参考になればと思います。
この記事をきっかけに、ぜひ新しい働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

キッズラインでベビーシッターとして活動し、たくさんのお子様の笑顔を増やしませんか?

キッズラインではすでに2000名以上の方がベビーシッターとして活躍しています。もし「キッズラインのベビーシッターという働き方に興味がある」「少し話を聞いてみたい」がいらっしゃいましたら、まずは登録会・説明会へのお越しくださいね。是非お待ちしております。

↓参加はこちらから↓
画像