キッズラインの利用には、『自治体の助成金』が使えるケースがあることをご存じでしょうか?
2017年12月現在で対応しているのは、調布市渋谷区品川区千代田区福岡市の5カ所。自治体によって金額は異なりますが、年間数万円から10万円ほどもお得になります。必要な書類などをあらかじめチェックしておけば、申請もとても簡単です。

今回は、補助を活用してキッズラインを使っているユーザーさんの声をまじえながら、調布市のルールを紹介します。

◼︎ 小学校3年生までの「ベビーシッター利用料」を補助してくれる

保護者が一時的に子どもを養育できないとき、自宅に呼んだベビーシッター費用の一部を、市が助成してくれる制度です。
体調不良で保育園や学校を休んでいる、病児や病後児のシッターにも適用されます。ただし、産前・産後ヘルパー事業(ベイビーすこやか)やファミリー・サポートの利用料は対象外。詳細リンクはこちらから。

対象となるのは、市内に在住している小学校3年生までの子どもです。

最大28,000円、3人以上の子どもがいる家庭では最大48,000円までお得になる!

助成金額はずばり、利用料金の1/2
ただし、入会金や年会費、登録料などは助成の対象外。キッズラインは入会金・年会費・登録料が無料なので、助成金をそのまま利用費に充てることができ、とってもリーズナブルです。

1世帯あたり1児童の上限額は、一日につき4,000円。年度の上限は28,000円です。
ただし、対象年齢の子どもが3人以上もしくは多胎児がいる家庭は、年度で最大48,000円まで補助してもらえます。

たとえばキッズラインにて、
時給1,500円のサポーターさんを5時間利用した場合……

支払った利用料金は (時給1,500円×5時間)+交通費+手数料=7,500円+α
給付される助成金は 交通費や手数料を除いた半額=3,750円

病児や病後児だと、一度の発病で数日寝込むことも考えられます。そんなときも半額でシッターを活用できるなら、気兼ねなく頼めそうです。利用時間が長くなってしまったときも、一日につき4,000円受け取れるのは、なかなか大きいですよね。

◼︎ 3種類の書類をそろえて、さっそく申請してみよう!

申請の流れは3ステップ。申請書類は、自宅ですべてそろえられるので簡単です。たったこれだけ提出すれば、助成金をゲットできます! 実際に流れを追ってみましょう。

【1】3つの書類をそろえる

ベビーシッターを利用したら、下記の書類をそろえます。申請書は区のWebサイトからダウンロードできるので、とっても手軽! 捺印は認印で大丈夫ですが、水性簡易印鑑は不可だそう。
画像


(1)子育て家庭ベビーシッター利用料助成申請書
こちらからダウンロードできます。

(2)ベビーシッター利用の領収書・利用明細書
利用日や利用時間が記載されているものを用意します。キッズラインの場合は、Webからダウンロードできる領収書をプリントアウトすればOKです。

(3)委任状
こちらからダウンロード可能。
保護者名義の金融機関振込口座を記入して、年度につき1通提出すればOK。年度内2回目以降の申請で、住所や振込口座に変更がない場合は、提出する必要はありません。

【2】申請書類を提出する

上記の書類をそろえ、記入が終わったら、調布市役所子ども政策課に提出します。郵送でも受けつけていますが、切手代は各自負担です。

提出期限は、ベビーシッターを利用した日から3ヶ月以内。利用が数日にわたる場合も、利用初日から3ヶ月以内に申請を済ませなければ、助成の対象から外れてしまいます。郵送で申請する場合、市役所到着日が申請受付日になるので、ご注意を!

【3】助成金が交付される

書類に不備がなく、問題なく審査を通過したら、郵送で交付決定の通知が届きます。
その後、指定した口座に助成金が振り込まれ、手続きは完了です! 申請から助成金の交付までには、基本的に約2ヶ月~2ヶ月半ほどかかります。

◼︎内容の変わらない記入欄はコピーして、手軽に28,000円をゲット!

調布市にお住まいの塩谷さん(仮名)は、新生児訪問でベビーシッターの利用料補助があることを知り、対応事業者のキッズラインに登録。現在は0歳児と3歳児を育てながら、ばりばりとお仕事をされています。平日は毎日、18~20時までベビーシッターを活用。

「助成金の申請を忘れないよう、1ヶ月単位で書類を提出するルールにしています。Webフォームやメールの添付ファイルで申請ができるようになったら、もっとうれしいんですが……。でも、補助してもらえるのはとてもありがたいです」

こつこつと申請をして、毎年度、上限の28,000円まで助成金を受けているそう。

「申請書は記入欄が多いので、コピーが便利。申請者の住所や名前など、毎回変わらない情報は一度書いたものをコピーして取っておけば、利用日などを記入するだけで済みます。もちろん、提出書類としても問題ありません」

◼︎ みなさまの働きかけが、力になります!

シッターを依頼する際に割引や補助金があると、気軽に頼めて嬉しいですよね。現在キッズラインでは5つの自治体(渋谷区・品川区・千代田区・調布市・福岡市)の助成金を利用することが可能ですが、地区によってはキッズラインのご利用者様が、直接区役所などの自治体に働きかけていただいたことがきっかけで、補助金の対象事業者に認定された地域もあります。みなさんの区でも、保育や育児にまつわる助成金でキッズラインを対象にしてほしいというご意見を持っていただけましたら、ぜひ自治体に直接お問い合わせいただけますと幸いです。ご要望に応じてキッズラインがサービスのご説明に上がらせていただきます!ぜひみんなで、新しい子育てムーブメントを起こしていきましょう。

他の自治体でもキッズラインが保育にまつわる助成対象事業者として続々認定いただいています。

【渋谷区】 最大10万円まで補助!「病児・病後児保育」助成の申請方法
【千代田区】最大4万円まで補助!「病児・病後児保育」助成の申請方法
【品川区】 産後の家事育児サポートを20時間依頼できる!助成の申請方法
【福岡市】2時間わずか2,100円で産後の家事育児の依頼可能!助成制度の利用方法

◼︎ キッズラインのベビーシッターは簡単&便利!

ベビーシッターを必要とするタイミングは、突然やってきます。子どもが体調不良で保育園などに行けないときはもちろん、自分に緊急の用事ができるかもしれません。いざというときはすぐにベビーシッターを呼べるよう、あらかじめ市の助成に対応する事業者を選んで、登録しておくのがベストです。

キッズラインなら、病児や病後児保育にも対応するサポーターがすばやく探せます。専用アプリから検索ができ、予約や問い合わせは24時間OK。ぜひ自治体の補助を活用して、キッズラインをお得に使ってみてください。

・登録はこちらから。
・調布市エリアに近いサポーターの検索はこちらから。

画像

実際に調布市のベビーシッターを利用したユーザーの声

「この度は、大変お世話になりました。ありがとうございました。たくさんぐずってしまったようで、ご苦労をおかけしました。時間中の過ごし方を詳細に報告して下さり、とても様子がよく伝わってきました。たくさんお歌を歌って下さり、息子も楽しかったと思います!また機会がございましたら、どうぞ宜しくお願い致します。この度は誠にありがとうございました。」

「本日はありがとうございました‼
迅速かつ丁寧な対応をしていただき、安心しておまかせすることができました。
子どもも、シッターさんの優しく穏やかな雰囲気がとても心地よかったのだと感じました。
レポート内容も大変明確でどのような様子だったのかわかりやすかったです。
もし、よろしければまたお願いいたします。」

いざというとき焦らずに済むよう、キッズラインの登録と助成金の確認をしておきましょう♪